スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バストゥークに亡命中 

ここ2週間ほど、ヴァナと銚子関連に亡命中。

ヴァナではLSメンのお世話になって、
AF篭手クエをクリアしたり…ありがたいことですm(_ _)m

昨日は銚子支援の突発オフ板のコテな人たちと食事会。
これまでの銚子の話とか、これから何をやっていこうとか、
コテつけてまで何かしようとしてる人ってのは、
建設的で協力的な人たちなんだなぁ、と。
どれだけ見えないところから根拠も定かでないような叩きを繰り返そうとも、
実際に活動してる人が見える活動をしていれば、そちらが信用されるだろうな。

振り返って、2chのDOLの鯖別スレなんかを見てると、
プレイヤー同士、なんでこんな罵り合いをする必要があるんだろうか、と思う。
もっとスポーツライクに楽しめばいいだろうに、
どこの陣営の誰が何をしたから、やれ宣戦布告だ、やれ報復だと騒ぎ立てて。
ワイドショー・ゴッコで遊んでるだけなのかもしれないが、
ただ相手を罵り、挑発し、叩き潰すことだけが目的のレスばっかり。
FF11でもそういう板やスレはなくはないけど、
DOLの鯖スレで流れてるような罵詈雑言は、書いたほうが白い目で見られる。
(いわゆる種族叩きとかジョブ叩きとかの類がそんな感じ。)

こんな連中が目を光らせてるんだなぁ…と思うと、
ログインしようという気持ちが今ひとつ起きなくて。
一昨日の大投資戦もメッセ経由で誘われたが、あっさり断ってヴァナ行ってた。
「ゲームをプレイしているみんなで盛り上がろう!」という気持ちは、
FF11のプレイヤーのほうが強いんだよね。
くだらない足の引っ張り合いしてるのは、
普通のプレイをしてる分には何の関係も無い、ごく一部の人たちだけでさ。

正直言って、今のDOLは雰囲気悪いんだよね。
かつての「○○できない○○はFFやめろ」が幅利かせてたヴァナみたいに、
とにかく他人のやることなすこと目くじら立てて非難してさ。
あげくそれをネタに言いがかりをつけて、悪意を持って潰そうとするでしょ。
DOLで遊んでた時は、むしろ自分も潰そうとする側に回ってたこともあったけど、
ヴァナから改めてDOLの環境見てると、それがどれだけ異常かがよくわかる。
ひどかった頃のヴァナに輪をかけて、プレイヤーがゲームを壊してる。

来週の大海戦、目標がディヴに決まりつつあるらしいけど、どうするかな~…。
別に乙鯖ポルトガルの人々が悪いと言ってるわけじゃない。
身分を隠した芸能レポーターまがいがゲーム外でゴチャゴチャわめくのと、
プロレスごっこしたいPK連のsay垂れ流しで雰囲気悪くされるのが嫌なだけ。

【大航海時代Online】アカデミー大会 

冒険で手に入るカードで遊ぶカードバトル「論戦」のイベント「発見アカデミー大会」。
今まで冒険はまるでしていないこともあって、全くチェックしていなかったのだが、
軍用ジーベックのための冒険修行ついでに、参加してみることにした。
負けると使用したカードを1枚取られる仕組みだが、
カードについては持っていること自体にそんなに興味がなかったこともあり、
カモになってもいいや、というつもりで参加してみた。

冒険依頼仲介人経由でイベントの参加申請をして、近場のクエストで暇つぶし。
誰か事前に予行演習やってる人いないかなーとマルセイユをうろついていると、
「街カードのみのデッキでの論戦募集中~」との声が。
「論戦」は「デッキ」と呼ばれるカードのセットを事前に作っておき、
その中からランダムに選ばれた6枚のうち3枚を出して点数を競うゲーム。
このカードのうち、街(港)に立ち寄ることでもらえる、
「街」のカードというものがあり、
この種類だけで組んだデッキで勝負しよう、という趣向。
始めはそれで予行演習をするのかと思ったのだが、本番をそれでやるのだという。
持っているカードのほとんどが街カードの人間としては、
むしろ願ったりかなったり、ということで、お邪魔させていただくことにした。

やってみると、これが面白い。
ボーナスポイントをもらえる「役」が作れるデッキの組み方や、
相手に前のターンに出されたカードは出せないという仕組みから、
2番目に出すカードを吟味する、といった論戦本来の面白さに加え、
街のカード限定という縛りが妙味とギャンブル性を加えている。
街のカードは最大でも1枚4ポイントで、単純積み上げでは多くて12ポイント。
しかし、地中海やイベリアの1ポイントカードでも、
3枚セットでの役を揃えれば、18ポイントのボーナスで逆転できる。
街のカードなので、プレイヤーの入港許可状況に勝敗が左右されがちだが、
18ポイントボーナスを狙って1ポイントのカードを大量に持っていると、
展開されたカードがゴミばかりになることもある。
そうして負けた結果、役の一角を担うカードを取られると一気に弱くなる。
しかしそうした中で、運を味方につけ、いかに勝ちを拾っていくか。
ワクワクドキドキの連続だった。

こんなに面白いゲーム、普段ならカードロストなしでできるのに、
何故広まってないんだろうか…。

【大航海時代Online】すてきな半裸装備 

金ロパ


腰に輝く顔がステキヽ(´▽`)ノ
鉄仮面だと意外と普通なので、ビンゴボンゴ仮面とあわせる。

シィスティナさん、ステキな装備をありがとうヽ(´▽`)ノ宝です

【大航海時代Online】さわやかな笑顔 

さわやかさん


ラテンがビンビンしてるけど気にしない。

【大航海時代Online】脱出大作戦 

前の日の戦闘で白兵の重要性をしみじみ感じたこともあり、
白兵スキルの修行をすることにした。
とは言うものの、2アカキャラがゴアに取り残されたままになってたので、
まずはこのキャラを、海賊渦巻くゴアから引き上げることが必要になった。
続きを読む

【大航海時代Online】対人戦 

ジャスミンでも運ぼうかとゴアに行くと、海賊展開中。
とりあえずゴミアイテムとこわれかけの大砲持って、沖合いでひさびさのブイ活動。
そのうちポルの軍人さんが集まり始めたので、
重ガレオンで海賊退治の艦隊に参加してみることにしたんだが…

まずとにかく硬い。海事用のノーマルカロネ52門では、クリティカルでも100前半。
800もある相手にその程度のダメージではどうしようもないわけで。
もちろんこっちがクリティカルくらうと1発で沈みます。

こうなるともう、ケアルタンクしかできることないでしょーw
ケアルケアルケアル(修理・外科)
リフレリフレリフレ(料理)
パラナパラナパラナ(統率)
敵を遠巻きにしてたら「もっと近づいて~」って言われ…
砲撃すらままならんし、白兵スキルはまるで持ち合わせてないので、
一旦タゲ取っちゃうと1回粘れるかどうかわからんすよ…。
同じケアルタンクやるなら、シーダーガレアス220人乗りのがよかったのかなぁ。

何より困ったのは、ヴェネツィアの海賊が呼んだヴェネツィア海軍NPC。
5隻まとめてどさっと出てきたんだが、オールがたくさんついてて耐久が1000もある。
倒すなら白兵なんだろうけど、人もたくさん乗ってそうだからなぁこれ…。

ガレアスより上の船はどれもガレー系で、地味な白兵には興味もないし、
と商用大型ガレオン目的で交易に走ってたんだけど、
白兵の基礎ぐらいは身に着けておかないとだめですな。
どこかで人乗ってなさそーなNPC相手に訓練しようかね。

【大航海時代Online】インパクト 

カシス変態仮面


ゲーム内のキャラに着せる服装は、インパクトが一番大事だと思う。

ステキな服を譲ってくれたスターリングさん、ありがとうヽ(´▽`)ノ

【大航海時代Online】やっぱり仮面でしょう! 

仮面ダブル


最近2アカさんにもクロスヘルム+ドーティを着せてみている。
いや、ビンゴボンゴ仮面の方がインパクトあって楽しいのはいいんだけどさ、
海風に消耗させたり海賊に取られたりするワケにはいかないじゃないですか。
スーツみたいなもんですよ、えぇ。

【大航海時代Online】ビンゴ☆ボンゴ・イベント 

シュールな仮面が手に入ると聞いては、変態仮面としてはやるしかないでしょー。
ということで、地中海と南米を、2アカさんを連れて往復。

また長距離のお遣いイベントだな~、とは思っていたものの、
タイアップの新製品ドリンクと「似たようなモノ」をゲーム内で作る、
というイベント内容は面白かった。
確かに当時あのドリンクを作ろうとしたら、こういうことになるんだろうな。
「商品化」は…原材料費高すぎて難しそうだがw

結局は宣伝広告だったことや、
それを隠しての実装だったことに腹を立てている人もいるようだが、
世界観を壊すものでもないし、新製品をNPCと一緒に作るというシナリオ、
結果として現代の飲み物のようなものを作る過程が楽しめてよかった。
このギミック実装のための費用をサントリーが出した、と考えれば、
今後もこうしたコラボレーションは続けていって欲しい。

ドリンク自身はうまそうなので、発売されたら買ってみようかと。
それなりに味がよければ、DOLユーザーの一部には定着するだろうな。

ちなみに…広告嫌いの人に残念?なお知らせをw
イベント中で入手する「ブレンバーナ谷」の天然炭酸水、
これ、現代で言うと「サンペレグリノ」のこと。
サントリーの商品情報>ミネラルウォーター>製品案内、
と開いていくと、ありますね、「サンペレグリノ」。
マルセイユの「ペリエ」にしなかったのは、ペリエ砲のせいだろうな…。

【大航海時代Online】故人のBlog 

レシピサイトを探していて見つけたblog。
最初のプレイヤーの方はだいぶ前に亡くなられていて、
そのプレイヤーを身内の方が引き継いで続けられていたものだった。
(それも最近更新がないから、引退されているようだった。)

最初の方がご存命だった頃の日記に、少しだけ、大海戦の話が。
まだその方はレベルが低くて、参加されなかったという。
ブイ部隊の存在を教えて差し上げられていたらなぁ、と思う。

最近病気から復帰してこられた方もいるし。
前向きに楽しまないとナ、前向きに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。