スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コラム】マジカルミライにおける円陣を考える 

今回もあれこれ叩かれている円陣について考えてみよう。

主催者や関係者の意見から判断するに「一人で来て疎外感を持った人たちにノリと勢いの提供を目指す」というコンセプトであると感じた。だがこのコンセプト自体が一部古参にとって不要かつ不快である、と判断されているのではないか、と考えている。

2010年の感謝祭当時、ファン同士のコミュニティというのは「ぼっちの集まり」でしかなかった。ぼっちがライブにぼっちで訪れぼっちで帰ることに深い意味はなかったし、そうであることに何かを感じるような人もいなかった。古参のライブに対しての感覚はこの時代のものだ。
一方で回を重ねるごとに「よく見る人」が増え、知り合いになっていくと、自然とそういう人たちで塊ができるようになる。新たに入ってきた人たちは、楽しそうな古参を横目にひとりでライブを見て帰る。ライブ自体は楽しいだろうし、初期から参加しているマニアックな性格の人々にとっては大した問題ではないが、テレビなどで存在を知った「より普通の人たち」にとっては排他的に映るだろう。
そんな古参の輪に自分から入っていける人も、マニアの紹介で輪に加わる人もいるだろうが、そうでない人たちはどことない寂しさを持ったまま去ることになる。ライブでも思い切って楽しむことはできないかもしれない。
そんな人たちを積極的に取り込み、瞬間的なものでもいいから「輪」を作り、ノリと勢いをもってライブに加わっていく場を提供する、そのためにわかりやすい形としての「円陣」を組んでいる、とそう理解した。
もちろん自己満足、というかこれからのライブに向けて気持ちを高めていきたい、という気持ちが大前提としてあることは間違いない。だが、マニアな古参たちがそうした「ニューカマー」たちを全て拾い上げて来たと言えるだろうか。どこまで積極的に彼らに話しかけてきただろうか。「にわか」と叩く古参もいたではないか。
そうして取りこぼされたニューカマーたちを積極的に拾い上げる策の一つとして「円陣」を利用した、ということだろう。

さて、「円陣」そのものが与える影響を考察してみよう。
社会において行動の妥当性の判断に用いられるのが「公共の福祉」であり、人権や自由に制約を設ける各種法律の根拠となっている。しかしながら判断に用いられる「公共の福祉」が真に「公共」と言えるかどうかを検討することが必要だ。
「不快だからやめろ」と言うだけの人間は無視してかまわない。こちらも「不快感を主張する人間の存在が不快なので立ち去れ」と表明することができる。自分が受けた不快感のみで相手に意見を飲ませるなら、不快感を与えた自分も去らなければいけない。つまり相手の主張には意味がない。
「ファンの中で不快に思う人もいる」という主張もまた意味がない。これもまた「ファンの中で不快に思う人を不快に思う人がいる」で返せてしまうだけでなく、「ファンの中で愉快に思う人」の意見を否定すべき根拠がない。人数を比較したところでそういう主張をする人は「こちらの方が多数だから」か「少数派の意見も聞け」とどちらにしても自分の主張を認めさせようとするだけで、無意味である。
すなわち「円陣」が社会全体における福祉に被害を与えるものかどうか、制約を設けられる行為であるかどうかで判断する必要がある。もし被害が軽微もしくは許容される範囲であるなら、文句を言われる筋合いはない。

「円陣」の与える可能性のある影響は「往来妨害」と「騒音」である。会場内で人が集まっているところはいくらでもあるので、「人が集まっている見た目が悪い」という主張はとりあう必要がない。邪魔にならないところで、邪魔にならない音を立てるだけであれば、グループで待ち合わせをしている状況と何ら変わりはないのである。
往来妨害に関しては、主催者側が「ニューカマーが通りながらも往来を妨げない場所」を確保しているのでクリアされていることだろう。現地にはそのような場所はいくらでもある。
次に騒音である。
https://www.google.co.jp/maps/@35.6266104,139.7805081,17z
これはMIKUEXPO東京公演が行われたパレットタウン付近の地図だが、大観覧車下の公園で実行された円陣の声が、東京テレポート前までかなりの大きさで響いていたのを観測している。間近で見ていれば円陣とわかるものの、公園をはさんだ先の駐車場で不意に聞こえたものであり「何か騒ぎでも起きたかな」と思わせるものがあった。これは不特定多数の全く知らない人々の「平穏な生活を乱すもの」として通報される可能性もある、危険な状態だったと言えるだろう。この影響範囲では「公共の福祉に反している」と言われてもやむを得ない。
https://www.google.co.jp/maps/@35.6494476,140.0373836,17z
これが同縮尺の幕張メッセ周辺の地図だ。大観覧車下から東京テレポート前までがおよそ100mなので、100m半径は危険な声が届く可能性がある。ニューカマーの目につく場所となると、どうしても噴水広場になるが、マリブダイニングおよびワールドビジネスガーデンがほぼ含まれることになる。特にマリブダイニングはこの地域の住人、とりわけ公園の向こうにある幕張ベイタウン住人の台所となっている。この人々に影響を与えてしまうことは、ファン内部ではなく地域社会に影響を与えることになるので、「公共の福祉」に反すると判断される。
1-9ホール裏手に回ると「ライブ終了後の件」で考察したようにオフィスビルしかなくなるが、休日日中は休日夜間に比べて当番社員も多くなる可能性があり、ライブ終了後よりかえってリスクは高くなる。しかも裏手ではニューカマーが集まりにくいため、開催の位置としてあまり良い場所ではない。
すなわちこの地域でMIKUEXPO東京公演クラスの音量で「円陣」を組むと「地域住民の迷惑」と判断されることになる。
従って、騒音の対策をしないで行った場合、より具体的には「MIKUEXPO円陣の音量の半分以下に抑えること」ができていない限り「公共(地域社会)の福祉」に反したと判断されると思われる。(ホール壁際で50mの範囲内であればマリブダイニングまで届かない範囲になる)。
「お祭りらしい」と好意的に見るファンもいたものの、MIKUEXPO東京公演の時のように全く見えないところからでも聞かれてしまう可能性を考えると、騒音問題には何らかの対策をとる必要がある、と言えるだろう。
逆に言えば騒音の問題さえクリアしてしまえば、文句を言われる筋合いはない。

しかしながら参加人数を絞るわけにはいかないだろう。前回参加した人は次も参加したいだろうし、ニューカマーを迎え入れていくとなると、人数は増えていかざるを得ない。
一方で声を出さない、という対策も難しいだろう。ノリと勢いを得るのに思い切って声を出さない方法をとるには「円陣でない何か」の工夫が必要となる。

結論としては「声を出す円陣は公共の福祉に抵触する可能性があるため、何らかの工夫が必要である」ということになる。
しかしながら、どういう工夫をすればいいのか、までの案は見いだせていない。声を出せないのだとすると、手拍子でもするのだろうか。土俵入りの時のアレとか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/961-84771960

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。