スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コラム】初音ミクファンとしてのコメント 

初音ミク初体験
http://joshua0.hatenablog.com/entry/2015/07/29/181904

この記事について、2007年からのミクファンとしてのコメントを。

1.ミクライブでの声援は何に向けての声援なのか?

 これはいくつか向けてる対象がいます。
1)ミクさん自身
 ただの映像じゃないか、と言われるかもしれませんが、ご覧のとおり異様な存在感があります。最近のライブでは、こちらに手を振ったり笑いかけたりして、実際に「目が合った」ように見えますし、簡単なMCもこなします。確かに声援をアーティスト自身に届けている、という実感は薄い所がありますが、人間の歌手と同じように目を合わせることも、台本が決まってはいますがコール&レスポンスも可能。歌声だって直接ではなく、マイクを通してスピーカーから聞こえてくるのです。スピーカーの音の出所がパソコンだろうがほとんど一緒です。このように、舞台上の実在感のあるミクさんは、実在のアーティストとある程度同じなのです。
 ここまで似たような経験をできると、 3次元世界に存在しているかどうかは気にならなくなります。人間のライブでやるようにライトを振り、目が合うように見えたら「目が合ったー!」と喜べます。
ファンにとっては「ミクさんは舞台に立っている」も同然なのです。

2)バンド
 普通のアーティストのライブはアーティストが主役ですが、ミクさんライブの場合、生バンドが隣で、あるいは舞台上でクロスして演奏することが、実在感に大きな役割を果たしています。
 なので事実上、バンドも主役。バンドに対しても等しく声援を送ります。最初のミクさんライブで演奏した The 39’sはその実力もあり、ミクさんライブを通して多くのファンを獲得しました。
 こうしてバンドに向けられた声援は、舞台上にいる人間であるバンドに届き、そのままバンドのノリに還元され、人間のアーティストと同じ相乗効果が得られます。

3)楽曲および作曲者
 ミクさんライブには曲を目当てに来てる人もいます。大好きな曲が生演奏と「まるでそこにミクさんがいるように見える演出」つきで大音量で聴けるなら、楽しいわけです。そうした人は楽曲にノってライトを振ります。その先には楽曲そのもの、さらには作曲者がいます。大好きなPに向けて、ライトを振っているのです。
 ライブの後にそのPさんのtwitterアカウントに「ライブで○○かかりました!サイコーでした!」とツイートすれば、場合によっては返信が来るかもしれません。その点ではアイドルよりもずっと近いですね。
 このように、ボカロ曲は歌手そのものより「作曲家と聴衆」を近づけるのが特徴です。歌ってるのは全部ミクさんなので、自然と作曲家に目が向くことになります。

4)俺ら
 同じミクさんの曲を楽しむファンが、みんなで緑のライトを振っている、という光景が楽しく、大勢と一体になって騒げる、という楽しみがあります。その緑の集団の中に混じるべく、自分もライトを手に振るわけです。

 楽しいの?と言われると、楽しいです。ボカロ曲が好きならば。これは生身のアーティストのライブと同じだと思います。楽しみ方が少し違うだけで。


2.オタは「共感しない」のではなく「共感してもらえない」

 オタは共感性が無い、なんて言われてますが、むしろ共感性がないのは「一般人」の方です。
 「一般人」は「今までに知られていて、多くの人の人気を得ているもの」については共感しますが、そうでないものについては共感しませんし、そういう趣味であっても没頭する人たちに共感しません。野球を見てるだけなら「ふーん」ですが、チームについていろいろ語ると「オタ」と言って壁を作ります。「一般人」のこの態度に疲れて、距離を置いてるだけなんです。どうせ共感してもらえないなら黙ってた方がいいですし、自分の好きなものしか共感しないような人には共感する気なくしますよね。なので、ちゃんと共感できる人たちと集まってるうち、共通の趣味をハブにしたつながりが出来ることになりました。ミクさんもそうしたハブの一つ、と言えるでしょう。

 …といっても、そもそもボカロ趣味が「オタ」かというと…。
 昔は「オタ」というのはエロ・グロ系の「あまりおおっぴらに言えない趣味」の人たちのことで、人に言えないが故に隠す必要があり、それで壁を作る必要がありました。だから共感性が無い、なんて言われてました。ですがボカロはただの音楽趣味の一つなので普通に紹介でき、音楽好きに紹介すると「意外といいじゃないか」と高い評価を受けることがあります。
 ミクさん登場から8年、登場当時小学生だった子たちが今や大学生となり、学生には「あってあたりまえ」の存在になりつつあります。なので、今後はただの音楽趣味ジャンルのひとつとなっていくのではないかと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。