金メダルおめでとう 

プロジェクトチームのメンバーは、見事に賭けに負けたわけだが。
日本人がオリンピックでフィギュアの金メダル取れるとは思わなかった。

鳴り物入りの安藤選手は15位だが、コメントがどうもよろしくない。
いくら「参加することに意義がある」って言ったって、
4回転はおろかその後も転倒続きの演技をしておいて、
「参加できて挑戦できたからよかった」ってのはだめでしょ。

これが役人なら袋叩きにするであろうマスコミも、
スポンサー権益かかってるから何も言えないだろうな。
この手のジャーナリズムの権益ゴマスリ、
不況になって以来一層顕著になって、本当に面白くない。

NHKが開会式前に放送してた、
荒川選手と安藤選手のドキュメンタリーはよかったな。
美しい滑りに技術を加えることを目指す荒川選手と、
持っている技術力に美しさを加えることを目指す安藤選手、
という対極のアプローチを描いた、いい作品だった。
スポンサーサイト

コメント

大本営発表

アンミキに関しては、次回に向けて経験を踏ませるということもあったのだからあれでいいんじゃないでしょうか。荒川選手の金メダルは自分が最高の演技をするために何が必要かを徹底的に追求して、自分のベストパフォーマンスをやりきった必然的な結果でしょう。あと、マスコミ(日本、海外)の注目に関して、スルツカヤとコーエンは個人に注目が集まったのに対して、日本の3選手は注目されながらも特定個人にそれが向うことがなかったので、かかるプレッシャーが前2者に比べて小さかったということもいえるのではないでしょうか。

それにしても、日本マスコミの大本営発表体質は何とかしてくれ。自国選手を過大評価し、他国選手を過小評価するから期待はずれに終わるのです。
加えて言うならば殆どの日本人は情報の持つ価値への認識が低いがゆえに、情報の収集とその分析能力が欠けているといっても過言ではないでしょう。それはスノーボード競技において典型的だったし、ほかにもライブドア問題や永田メール問題もそこから端を発している。まったく日本人の多くは敗戦(戦争のみならずビジネス、スポーツ、報道全てにいえる)から何を学んだというのだろうか。そしてなぜ学ぼうとしないのか。

金のかかった2ちゃんねる

アンミキも「この大舞台での経験をばねに頑張ります。」
とでも言えば良かったと思うんですけどね~。
お前にとって今回の15位、何も感じるところはなかったのか?
って言われてもしかたないでしょー。

まぁ口出ししてるうちらも、
マスコミの発表をフーンと聞き流してたからねぇ。
あれが全部公共電波を利用してた2ちゃんのようなもんだ、
と相手にしなければ、腹も立たないかもな。

実際金1コ、って結果聞いて、俺別に何とも思ってないからな~。
ジャンプ抜きの日本じゃそんなもんでしょ、ってあっさり思ってた。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/91-2e439ca4