スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日記】ミクさんバースデイウィーク1日目:夏の終わりの39祭り・赤レンガ広場 

ミクさんの誕生日を中心とした、イベント目白押しの5日間。
ジョイポリスでの「DAIBA de DIVA」やファミリーマートのコラボ、
アニメイトカフェやキャンペーンなどもあったけど、
その中心に鎮座しているのが、8月29日から9月2日までの5日間。
その初日に行われた大イベント「夏の終わりの39祭り」を、
参加者視点からレポートする。
写真はいろんな人がたくさんネットに挙げてるのでそっちを見てもらうとして…。
いや写真は撮ったんだけど、写真よりイベント楽しくてさー…。



野菜ジュースと飲み物をファミリーマートをはしごして仕入れ、
現地に着いたのが10:40頃。入場待ちは50人ぐらいか。
道行く人はぽつぽついるが、別に列に入るわけでもない。
まぁこんなもんだよねーと思って列に並んだら、
そこから後ろに列が伸びる伸びる。
開場1時間前ということで、ちょうどねらい目の時間だったようだ。

12時ちょうどに開場、同時に物販に向かう人々の群れ。
かなり前のほうに並べたが、それでもずいぶんと時間がかかる。
アニメイト物販を通ってからファミマの物販に並ぶという処理で、
アニメイトが物量多いのに3人体制で注文用紙もなく、
「あれとこれとこれください」と指差しでやるのが問題のようだ。
僕は「DIVA f」のクリエイターズインタビュー見てたら順番が来たが、
そのうち物販3時間待ちとかになり、あきらめた人も出たとか…。
うーむもったいない。コミケ出展ぐらいの体制を敷いて欲しかった。

赤レンガ倉庫の広場にあったのは、

・物販コーナー(アニメイト・ファミリーマート)
 明らかに来場者数の読み間違えをしたと思しき会場最大手。

・カキ氷屋台(飲み物にカイトメイコのコースター)
 ボカロキャラのカキ氷を求める人が殺到し、列が絶えなかった。

・粉もの屋台(飲み物にミクのコースター)
 当初は列もなかったがしばらくして列ができ始める。
 コラボたこ焼きとミクさんコースター狙い?

・焼き物、わたあめ屋台(飲み物にリン・レン・ルカのコースター)
 ミクさん袋に入ったわたあめを求める人の群れ。
 「リンちゃんレンちゃんルカちゃんのコースターつきますよー!」
 ってお店の人が声をからしてた。レンくんェ…。

・SONYミクさんウォークマン展示
 ここは結局見て回れなかった。どうだったのかな。

・寄せ書きコーナー
 ここも遠くから。常に人だかりができて、
 ファミマのトラックが寄せ書きで順調に埋まってた。

・縁日コーナー(おめん+くじ引き)
 くじ引きが一人ひとり引く式だったので時間がかかり、長蛇の列。
 13時のステージ終わってから行ったら「確実に引ける保障はありません!」
 的な声がかかってたから、盛況ではあったもよう。
 おめんのみの人は列を横目に購入コーナーへ直行。

・地元横浜の屋台3台(買うとポストカードがもらえる)
 反対側のコラボ屋台と比べて空いてたけど、
 最後に行ったらタピオカドリンク切れてたので、そこそこ売れてたのかな。
 しらす丼は腐らないようになのか、妙にしょっぱかった。
 リングポテトのチリチーズかけはかなりおいしく、
 ウォーターステージの待ち行列メンバーに買って帰ったら大好評。

・「DIVA f」体験コーナー
 こちらも長蛇の列で、同じく3時ごろに見に行ったら「150分待ち」。
 台も多くなかったし、これもまた入場者数読み違え?
 そりゃまぁ翌日発売になるんだし、お店やお台場にも置いてあるし、
 そんなに殺到するとも思わないか…。

・「DIVA f」仕様着ぐるみ「ミクナノーさん」登場
 かわいい、そしてちょっと色っぽい。
 会場をあちこち歩いてたんだが、
 脇にスタッフを引き連れて歩く姿はまさに女王の風格。
 ミクコスの子供たちを見つけて戯れる姿は至高。

・巨大絵画展示
 来場者の写真撮影のひとだかりができてた。
 そこにおとーちゃんがドールやねんどろを並べるといっせいに人が集まるw

・やぐらステージ
 さつきさんによるDJやボカロ関連アーティストの演奏など、祭を彩る中心核。
 さつきさんによる屋外DJは大いに盛り上がったし、
 アコースティックギターによる演奏も聴衆を沸かせた。
 何より感動したのは、Baguettes Ensembleによるジャズセッション。
 考えてみてくれ。
 異国情緒と伝統のある赤レンガ倉庫と現代の港を背景に、
 正統派ジャズアレンジの「ミラクルペイント」が流れるんだぜ。
 ジャズとしても最高のシチュエーションで演奏されるVOCAJAZZ。
 胸熱と言わずして何と言う!
 この時代が来たこと、そしてこの時代までの変化を見届けられたこと、
 本当にうれしいわ…。

この広場の広さの割に、来場者は多かったと思う。
スタートから1時間ぐらいは、ベンチもほどよく埋まり、列もそこそこあり、
と程よい感じだったのが、時間が経つほどに人が増え、
広場では人をぬって歩くほどの混雑ぶりに。
混雑は終了間近まで続き、スタッフが追い出しに追われる程だった。

一部手際の悪さからの問題はあったのもの、
夏祭りイベントとしては、十分に成功した、
と言えるのではないだろうか。
ファンとしても楽しめたし、ぜひ来年も、こういうのやって欲しい。
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/899-c06f84b1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。