Bフレッツ(マンションVDSL)から光ハイブリッドへの乗り換えについて 

久々のブログなのにボーカロイドの記事じゃなくて申し訳ないのだが、この辺のことについて書かれたサイトがロクになかったんで。

ケーブルテレビが入ってるマンションだと、ケーブルテレビ局やKDDIの下請けが、
「もうこの建物は光ハイブリッドになりましたから」
まるで切り替えるのが前提かのように言ってくきます。
ので、まずは「光ハイブリッドじゃ駄目なわけじゃないですよね?」と強く出て、切り替える必要はないことの確約を取りましょう。「必要です」なんて言うようであれば、管理会社に即連絡。光ハイブリッドでないとだめなマンションなんて、まずありませんからw

その上で、光ハイブリッドにすることについて。
結論から言うと、
以下の条件すべてに当てはまる人以外、
絶対に光ハイブリッドにしてはいけません!

1)Bフレッツマンションタイプ(VDSL)利用者である、もしくはそもそも光回線を使っていない
2)アップロードをしない人。動画の生放送をしたり、作った動画や巨大な画像をサイトに乗せたり、仕事でデータをどこかのサーバーに載せたり、ゲームサーバーを自分のPCの上に載せて他人を招き入れたりしない人。
3)計算の結果、月額費用が安くなることが明白な人。


従って、特別な契約を結んでない、ネットの上のものを観る・聴く専門の人であれば、光ハイブリッドの恩恵にあずかれる可能性がありますが、場合によっては月額費用がかえって高くついたり、データのアップロードに十倍以上の時間がかかったりします!
自分が恩恵にあずかれるか、よく考えてから光ハイブリッドにしましょう。

上に書いてあることが「ちんぷんかんぷんでわからなーい!」って人は、
光ハイブリッドには絶対にしないでくださいw
光ハイブリッドっていうのは、どういうものかを見極めて使うべきシステムなんで、「言われたから変えてみた」なんてやると、泣きを見ますよ。

KDDIの下請け営業店やケーブルテレビ局が細かい説明をせず、
「光ハイブリッドが使えるようになりましたので切り替えますね」
なんて強引な販売手法を取るのは、
詳しい説明しちゃうと、大したメリットないのがばれて売れないからですw
引っかからないように、よく注意してくださいね!

ちなみにネットゲームのプレイ自体は、ネットワークにさほど負荷はかかりません。
もちろん5体・10体のキャラを同時に動かして、
とかいうヘビーユーザーなら影響を受けますが、
同時にやるのは1アカウント1ゲーム、という普通の人なら問題はないです。

光ハイブリッドについての詳細、およびうちの環境での変更前後の状況については「続き」に記載します。


<光ハイブリッドってそもそも何?>
マンションに光回線をつなぐ場合、NTTのBフレッツの場合、以下の3通りがあります。
・マンションの各部屋に光回線を直接つなぐ(光配線)
・マンションの入り口まで光回線をつないで、そこからLAN回線を配線する(LAN配線)
・マンションの入り口まで光回線をつないで、そこから電話線を使う(VDSL)
自分のところがどうなってるかは、Bフレッツの契約書見れば書いてあります。
このうち、「LAN配線」と「VDSL」は光ケーブルにつながるところまでが他の部屋と共用になるので、その分だけ速度が落ちます。

で、光ハイブリッドというのは、
・ケーブルテレビ局からマンションの入り口まで光回線をつないで、そこから同軸ケーブルを配線する
というもので、VDSLと似たようなものですが、最高速度が120Mbpsと若干速いです。これも同じく、光ケーブルにつながるところまでは他の部屋と共用になります。

他の部屋と共用ではない光配線より格下なのは確実。LAN配線の場合配線の規格にもよりますが、おそらく光ハイブリッドよりは速いでしょう(速度を調べるサイト http://www.bspeedtest.jp/ で見て、100Mbpsからどれぐらい下がってるかを見る必要あり。)VDSLの場合、最高速が低い上に伝ってくるのが電話線で、ここで初めて光ハイブリッドと勝負になります。

ただし、勝負になるのは「ダウンロード」のみです!
アップロードは遅いです。なぜかよくわかりませんがそういうつくりになってます。
なので、アップロードする人は絶対に光ハイブリッドにしてはいけません!

うちの場合、VDSLから光ハイブリッドへの乗り換えです。


<速度について>
ダウンロードについては、品質が向上しました。
VDSL:50-60Mbps
光ハイブリッド:70-90Mbps
90Mbpsってのは偶然だとしても、2割ぐらいは速くなると思います。
実際、ニコニコやYouTubeの読み込みが若干早くなった気がします。

アップロードは悲惨です。
VDSL:50-70Mbps
光ハイブリッド:4.5-4.9Mbps
10分の1も出てません。画像上げるならともかく(ネット経由で人に見せる画像を巨大にはしませんよね。見る人を待たせるわけには行かないから。)動画の配信や、仕事でデータをアップロードしたい人にとっては存亡の危機です。SOHOやってる人は、絶対に光ハイブリッドにするべきではないです。いくらコストカットと言ってもこれじゃ仕事になりません。

まぁ僕の場合重いデータをネット経由でどこかに出すってことが滅多にないんで、大した問題はないんですがw


<費用について>
費用については、ケーブルテレビに入ってるおかげでセット割引が効くのと、キャンペーン期間で工事費がなかった分、安くなりました。
VDSL:
 ケーブルテレビ 4000円
 ひかり電話 2100円
 プロバイダ 4100円
 合計 10200円
光ハイブリッド:
 ケーブルテレビ+ケーブル電話+ケーブルネット:8480円

割引なくても9380円ぐらいで確かに1000円弱安くはなるんですが、アップロードあきらめた分ぐらいには安くなったんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/875-fa1d2d3d