スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日記】大麻生(熊谷)→西武秩父 3時間 

運動を兼ねて買った自転車で、荒川を河口から源流まで、日にちを分けて走っている。
河口から数えて今回で5回目。
熊谷の大麻生からR140経由で行けるところまで行くのが今回の計画。
R140沿いには鉄道が走ってるし、車で行くと往復しなきゃならないのがだるいので、
今回は輪行に挑戦してみた。
最寄り駅で自転車を輪行袋に始めて入れてみたんだが、
ちゃんと入れ方勉強しないでやったからもう持ち歩きにくいのなんの…。
でも車体が軽いおかげで、何とか持ち運びは出来た。
家に戻ってから正しい使い方を動画で見て納得。

こうやって頑丈なシートに包まった重いものを持って電車に乗ると、
スキーにでも行くような気分になってくるなw
キャリアつけた関係で前輪しか外せない輪行袋なので、とにかく巨大。
先頭車両の一番前のところを拝借しての移動。

大麻生駅を13:30に出発。
最初は荒川側の道を進んだのだが、すぐに砂利道へと変化。
ターマック用の妙に細い&溝が少ないタイヤなので、
こういう砂利道だと途端に速度が落ち、20km/hを越えられない状態が続く。
あまりにもたるいので早々に見切りをつけ、R140経由に変更。

ただR140はR140で、ただ舗装されてるというだけで、走りやすいわけじゃない。
秩父行きの主要道なので車通りも多いが車線が狭く、
できる限り車道の端に寄ってもなかなか抜けてくれない。
バンやバイクあたりだと、ご丁寧にも幅寄せまでしてくるし、
バスやトラックなんかは車線幅いっぱいになって走ってくるから、
歩道に逃げ込む羽目になる。
それでも歩道に逃げられるならまだしも、逃げられない箇所もいくつか。
長瀞の手前あたりでの眺望はすばらしいんだが、あまり自転車向きではない…かな。

R140は荒川を遡上してると言っても、そんなにぴったりと沿ってるわけでもない。
ただ地図を見る限り、荒川沿いの道、ってのはなさそうで、
とりあえずR140をひたすら上がってみた。
まぁ基本「上り坂」に終始してたけどね…。
タラタラ走りたいがために、前ギア1速なんて使ってしまった…。
時折垣間見える荒川はすっかり渓流然となってて、従来のイメージとはだいぶ違う。

黙々と走り続けること3時間。
16:30に西武秩父に着いたところで、日も傾いて暗くなってきたので撤収。
2ドアの西武線は、JRのように最前部に広いスペースがなく、
自転車の処置には大変困った…。
しかも帰りがまた、池袋経由山手線なんて使っちゃったものだから、
これまた輪行にはシビアな環境でして…。

なんかこう、気兼ねなく輪行したいですな…。
巨大なので置き場に困る困る。
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/833-a0609c4a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。