スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亡命者 

今日の機能追加で、規模の大きな国から小さな国への移籍=亡命が行えるようになった。
 実質的な国力は最低クラスであるはずのポルトガルは、過去の遺産となっていた部分が大きいため、イングランドに次ぐ2位と位置づけられ、規模は小さいながらも実質的な力を持っているイスパニアがその下の国力と評価された。結果、ポルトガルからイスパニアへの亡命が可能となり、人材の多くがイスパニアに亡命する、という事態を招いている。
 正直、現在のポルトガルには、そうした亡命希望者を引き止める要素はない。裏取引含めてカリスマ的な勢力が取り仕切って固めているわけでも、誰にも侵食されない磐石な土地があるわけでもない。国内情勢はまだゴタゴタしていて取り仕切れる状態でもない。持っている港もあまりいいものではなく、キャラクターを育てるのも楽とは言えない。
 それでもこの状態を何とかしようと思ってくれる人に、どうか残って頑張ってほしい。とっちらかった会議や組織も、なんとか誘導してまとめようとしてもなかなかうまくいかない。そんな中で少しでも結果を残そうと頑張ってくれる人に、一緒にやっていって欲しいと思う。

 俺は、どれだけこの国がとっちらかってようと、ここから目をそむけたらその時点で俺のプレイは終わると思ってる。
 今この状況を見捨てて他国に行って、それでどうするんだ?将来イスパニアが有力商会のメンバーを失った時、イングランドが安住の地である北海を攻め取られ始めた時、今のポルトガルのような状態にならないとも限らない。そうしたらまた、勢いのある小国に逃げようってのか?そんなじゃ結局何も変わらない。亡命先の国にとって本当の力になれるとは思えない。

 この国の体たらくに愛想をつかして去っていった亡命者の意思は尊重したい。亡命先での武運を祈ろう。
 しかし、俺は最後まで頑張る。結果として負け続けたとしても、次の戦いで少しでもいい成績を残せるように、一歩一歩前進していくつもりだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/704-df3482e7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。