スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【FFXI】ナイトの装備・実際何を装備できてりゃいいんだって話 

2chの「ネトゲ実況(ネ実)」板で主張される「最低限の装備」というのは、
活動内容によってはオーバースペックであることが多い。
彼らの主張する装備は、
「そのジョブが攻略に適している全てのコンテンツにおいて、
 最少人数・最速で攻略する場合であっても、いかんなく実力を発揮できる装備」
であって、別の攻略法で人数・時間の縛りを入れないのなら問題なかったり、
コンテンツの難易度から、それだけのものが必要なかったりする。

かといって別のもっと一般的な情報を参考にしようにも、
大手研究系サイトでは「好きにしてくれ」とでも言うかのように、
リストしか載せてないか、ネ実ばりの最高装備の考察しかないことが多い。
結局、何かしらのコンテンツを攻略するための準備をするにあたっては、
ブログの体験談を集めるか、今の装備でとりあえず行ってみることになり、
その姿を見たネ実ユーザーが「○○装備の××がいた!」とネ実に書き込み、
叩きのネタにしている。
(わざと問題を解決しない形にしておき、
 罵詈雑言を向けるためのネタにする、というのが2ch流。)

では、実際にどんな装備でどんなことができるのか?
これまでの経験から考察してみよう。
1)AF一式・フルアダマン・カンパニーソードで可能なもの
 ネ実では「手抜き」と称され嫌われているこの装備でも、
 どのコンテンツもできないというわけではない。
 時給7000クラスの経験値稼ぎやミッション攻略、日輪・世界・神威BF、
 トゥー・リアNM、デュナミス、攻略目的の一部アサルトやナイズルあたりは、
 フルアダマン装備があれば、作戦いかんで何とかなるレベルで、
 実際そういう装備の人が参加していたりする。
 ただし装備が弱い分、操作でカバーしなければならない部分が大きくなり、
 「タゲをとりつつかつ死なない」といったナイトの役割を果たせなくなることがある。
 特にトゥー・リアやデュナミスといった活動の場合には、
 活動の中でより強い装備の必要性を感じることになるから、
 ずっとフルアダマンでいいか、というとそうともいえない。
 逆に言えば、多少装備を増強したところで、
 ナイトとしての腕が悪いと役立たずになる。

2)攻撃・命中系装備(ホーバージョン、ホマム等)が必要になってくるもの
 攻撃力を必要とされる局面では、フルアダマン装備では攻撃が当たらず、
 ただ突っ立っているだけという状況に陥ることが多い。
 特にリンバスやナイズルでは、フルアダマン装備では、
 サポ白でヒーラーをするぐらいしかできることがない。
 競売で購入できる程度の攻撃装備が必要で、サポは忍になる。

3)HP増強装備や対魔法装備(ラム等)が必要になってくるもの
 リンバスの一部NM等、魔法攻撃力がきつい敵に対しては、対魔法装備が、
 またトゥー・リアNMなど攻撃力そのものが大きい敵に対しては、HP増強装備が有効。
 ネ実で言われる「HP1500以上」というのはあくまでも安全圏で、
 HP1300台で何もできないか、というとそんなことはない。
 日輪のギガフレアを耐える場合等にはその程度のHPが必要になることもあるが、
 トゥー・リアNMとの戦いでは、1500も削られるような動きをしている時点で、
 ナイトとしての腕を磨く必要がある。
 (大抵の原因が蝉張り替えに失敗、マラソンコース失敗、盾や土杖装備忘れ等)

4)ジュワジャス等「ネ実テンプレ装備」が必要となってくるもの
 エインヘリヤル、サルベージ、HNM、メリポや一部ナイズルへの参加など、
 ナイトにとって不利だったり、高い水準の攻撃・防御が求められる場所では、
 ネ実で言われている「最低限の装備」が必要になってくる。
 つまりこの装備を持っている段階で、大抵のシャウトに応募できる。
 ネ実民はこの理由をもって「最低限の装備」と標榜しているわけだが、
 この装備がないとPMもクリアできない、なんてことは全くない。

5)エクスイージスなど「最高装備」が必要となってくるもの
 一部ネ実民が、他人をからかうためだけに「必須」と言っている装備だが、
 実際はこれらが「必須」となるコンテンツはないと断言できる。
 トゥー・リアのキリンをマラソンではなく固定して戦うなど、
 かなり強引な戦略を取れるようになる装備と言える。

基本的にナイトというのは、サポと装備で多くの役割を担えるのが特長。
ミッション攻略用など、限定した目的で使うだけであれば、
必ずしも全ての装備をそろえる必要はないが、目的にあった装備が必要になる。
もちろんメインナイトとしてやっていくというのであれば、
全ての装備を揃えることを目標にしていくのがいいだろう。
この手のアイテム収集が大好きな人にとっては、やりがいのあるジョブと言える。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/658-67e410e5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。