スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【FFXI】コミケの戦果:FF11関連 

18禁本は若い頃に散々読んでしまったので興味がなくなり、
最近はギャグ本しか買わないわけだけど。

今回は外国人プレイヤーとの交流をもとにしたフィクションと、
ヒゲヒュムサブリメンの本、それとビシージ攻略本。

外国人プレイヤーとの交流本は、ちょっと受け付けづらかったかなぁ。
いかにも外国人プレイヤー、という振る舞いをする人が登場するんだけど、
保守的な日本人プレイヤーからするとかなり苦手なタイプだな、という印象。
相手への配慮にかける、態度がずうずうしい、と「害人」扱いされかねない。
まぁ俺もそういう人苦手なので…。

ヒゲヒュームサブリメンの本は、本当に面白かった。
一般のプレイによくあるアクシデントに加え、サブリメンならではのエピソード。
キャラへの愛に満ち溢れた内容。
絵が描ける人が、心からうらやましく思えた。
俺は文章とSS撮影しかできないからなぁ…。
思わずその人のブログにコメントまでしてきてしまったw

ビシージ攻略は、勉強になったなぁ。
とりあえず入って敵殴ってるだけとか、空気読まずにバイオ2打ち込み、
とかばっかりやってるから、具体的な戦略や仕組みは全然知らなくて。
別に最も効率のいい攻略をしなきゃいけない、ってわけじゃないけど、
仕組みをわかった上で参加するほうが、より面白いんじゃないかな。
わがHadesは、LV8になってしばらく経つと、お約束のように魔笛が落ち、
1~2週間すると誰かが取り戻してきてくれる。
今度魔笛奪還PTに参加してみたいけど、なかなかシャウトを見ないんだよね。
固定で人集めてやってるのかな…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/655-3a33ee1f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。