【FFXI】ライトユーザーにとっての「メリポ」活動 

時折「メリポ用のために(ジョブ名)」を育てた、というプレイヤーがいる。
2ch等の匿名掲示板では、LV75以降のリミットポイントを稼ぐ手法として、
「メリポ」という活動が提唱されている。
装備とジョブを限定し、時間当たりの最高の稼ぎを目指すもので、
「(ジョブ名)はメリポに来るな」「(装備名)を持ってない奴はメリポに来るな」
と喧伝し、条件に満たないプレイヤーをけなし合うネタにしている。

もちろん時間当たりの稼ぎとしては最高レベルを誇る「メリポ」だが、
いちいち専用のジョブや装備を用意してまでやる必要があるか?
というと、必ずしもそうとは言えない。
1ジョブのメリポだけを揃えるためなら、直接稼いでしまった方がよさそうだ。


FF11用語辞典によれば、ステータス分野をすべて上げきり、
1ジョブのカテゴリー1,2を上げきるためには、211万の経験値が必要だという。
(ステータス137万、カテゴリー74万)
この211万を今のジョブで稼ぐか、別のジョブを上げてから稼ぐかである。

2ch等で「メリポ」に参加してもよい、と言われるジョブは、
忍者、戦士、赤魔道士、詩人、コルセア。
そのうち忍者と戦士は各地NM・HNMから得られる装備が必要とされる。
2chでは他のジョブでの参加ができるできないでけなし合いが続いているのだが、
最も効率がいいといわれるこの5ジョブのうち、
レベル上げの延長線上の動きで活動でき、LV75と相応の魔法が使えればいい、
とされているのが赤魔道士。
「メリポ」に参加できないとされるジョブを持つプレイヤーが育てるには、
赤魔道士が最も早い、ということになる。

赤魔道士をさしあたりLV75にするためには、80.5万程の経験値が必要になる。
さらにサポートジョブとして白魔道士、黒魔道士、学者が必要となる。
3ジョブを37までに上げるために必要な経験値は、約45万。
経験値だけでも、合計して125.5万を余計に稼ぐ必要がある。
低レベル帯が多いことから、平均時給を3000として、418.3時間となる。
これに赤魔道士やサポートジョブ用の装備や魔法を買うための金策時間が加わるが、
一旦それは置いておくこととする。
ここから211万を「メリポ」活動でのみ稼ぐ。
平均的な「メリポ」は時給2万ほどと言われており、その場合は105.5時間。
合計して523.8時間+赤魔道士用金策時間となる。
これが「メリポジョブ」を育てた場合にかかる総時間となる。

一方、この523.8時間、平均時給は5000の「レベル上げ」を行ったとする。
(LV70台のレベル上げはだいたい5000程度が一般的)
稼げる経験値は261.9万と、メリポジョブを育てたよりも多い。
平均時給が4000を切ると211万を下回るが、それでも金策の分だけ時間がかかる。

つまり「メリポ」に参加してもいいと言われる5ジョブを育てていない人は、
メリポ専用ジョブを育てるよりも、さっさと適当にレベル上げPTを組み、
出かけてしまったほうがずっと早い、ということになる。

ただし、複数ジョブのメリポを完成させよう、というのであれば、
「メリポ専用ジョブ」というのは効果が出てくる。
平均5000exp/hで稼いだ場合、1ジョブにつき148時間かかる計算になる。
魔法入手のための金策やスキル上げも含めて考えると、
効果が出だすのは3ジョブ目以降、ということになるだろうか。
従って2番目に上げるジョブとして「赤魔道士」を選択し、
「メリポ用ジョブ」を確保してから臨むと言うのは悪い選択ではない。

また赤魔道士を「メリポ専用ジョブ」としてではなく、
汎用で利用するジョブの1つとして育てる場合にも有効である。
この場合は赤魔道士は2ジョブ目までに育成するのが望ましい。

しかしメリポに関しては1~2ジョブ完成できればそれでいい、というライト層にとって、
「メリポ」活動は必要と言えるものではない、と言えるだろう。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/646-607cd1a3