【FFXI】JP Buttonで2回目の「和英討議」計画が進んでいるようです。 

またいろんな変わった話が聞けそうで、楽しみだ。
ROMだけどずっと前から壷の外人スレは読んできてるからね。
日本人プレイヤーとしての意見ならそれなりに話せる、とは思ってる。

しかし、「霧が濃くて…」のネタがまさか翻訳されてるとはw
この話って、最後にPT抜けしてリーダーをMPKするってところで、
メンバーはちゃんとリーダーと話をしようとしてたのか、
堂々と「お前とはやってられん」と抜ければいいだけじゃなかったのか、
何もMPKするまでのことはないだろう、と論争になってたはず。
リーダーが変な人だってのは異論は無かったんだけどねw
結論としてどうなったかは忘れてしまったけど…。

日本人でも、特に匿名掲示板に出入りしてるような連中は、
リーダーにはリーダーとしての知識(ジョブ、構成、戦略、狩場、
メンバーの誘導など)を求め、メンバーにはジョブごとの立ち回りや、
各コンテンツごとの戦略の事前理解を求めるところがある。
結果、殴り書きのような説明で済ませて初心者を混乱させるリーダーや、
リーダーにおんぶにだっこで何もしようとしないメンバーが現れたりで、
そうしていろんな事故が発生するんだけどね。

こうしてこちらのいろんな話や考え方が向こうに伝わるのは、大変いいことだね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/616-a32addc3