滑りに行ってきましたよ 

学会長がレッスンを受けに行くというので、
コッソリ様子を見に行こう、とガーラ湯沢に行ってきた。
関越三芳SAに着いた時点で、月夜野~湯沢が雪で通行止め。
通行止めじゃどうしようもないし、尾瀬岩鞍にでも行くか、
とカーナビで検索したところ、高速道路から先が遠いのか、
到着がさらに1時間遅れて1時前になるらしい。
とりあえず沼田まで行ってみるか、と先に進むと、
高坂SAで通行止め解除の報が。
たとえ大渋滞でも、到着時間は似たようなものだろう、
ということでガーラに決定し、通行止め区間へ突撃。

しかし関越トンネル手前で、車列が完全に動かなくなる。
たまには高速道路情報ラジオでも聞くか、と1620に合わせてみると、
「関越トンネルは渋滞のため進入禁止となっています」……orz
30分ぐらいして、ようやく進入禁止が解除。
それまでCD聴いたり、車の中整理したりといろいろ。
まさかゲームボーイが役に立つとは思わなかった。

大渋滞の列の中に、「高速 新潟駅」という行き先板のバスが見える。
そういえばこれに飛び乗って新潟在住の彼女のところに行って、
彼女を連れて東京行きのバスで帰ってくる、なんていうコトもしてた。
あの頃はあの頃で幸せだったな…とか思うんだけど、
ゲームや一人ドライブ・一人スキーと引き換えね、と言われるとちょっと…。

ガラガラの関越トンネルを抜けた先にあったのは、雪に埋もれた高速道路と、
消雪パイプが手荒な歓迎をしてくれる土樽PA。
だからボディに水かけるのやめてくれ(爆
道路は冠水して川みたいになってるし…。
くだんの彼女の言ってたとおり、消パイもいまいちよろしくない。

もっとも、そこを過ぎると今度は道路自体が雪に覆われるんだけどね。
スタッドレスタイヤはいてるとはいえ、
去年ノーマルタイヤで滑った俺としては、恐怖以外の何者でもない。
エンジンブレーキをかけて挙動が安定していることを確かめつつ、
車間距離とりまくって50キロで…それでも怖いんだよヽ(;´Д`)ノ

しかもガーラで誘導された駐車場は雪に埋もれたとこだし。
こんなとこ通れるかよ!!
とクラッシュ覚悟で突っ込んだものの、
なんかぐりぐり音を言わせて普通に走る。
スタッドレスって単にギザギザが強烈なだけで、
こんなものどれだけ効果があるんだろうと不安だったんだが、
やはりいろいろと研究されてるだけのことはある。

滑り出したのは14時。
先に行っていた学会長によると、18時まで営業するという。
4時間ギリギリまで滑ることにして、昼も食わずにゲレンデへ。
雪質もよく滑りやすいものの、リフトとコースの混雑がひどくて。
携帯電話も通じないため、会長も発見できず。
リフト自体は、4人乗りリフトがなかった子供の頃は、
どのスキー場でも混雑ぶりは似たようなもんだったが、
コース上の人出がひどく、人と人の間を縫うように滑ってきた。
それでも中央エリア反復はけっこういい練習になって、
最後の方ではパラレルっぽい動きが出来るようになり、速度も上がった。
最後の1時間は人もまばらになって、コースいっぱい使えたし。

パラレルはボーゲンに比べて、ものすごくピーキーというか。
加速も急で制動距離も長く、ある程度の速度がないとスムーズには滑れない。
のろのろじわじわと滑り降りるには、ボーゲン以上の体力が要る。
スノーボードほどではないけど、それでも混んでる場所ではやりにくかった。

帰りは道路はすいていたものの、疲れていたのでサービスエリアを各駅停車。
食事をしたりみやげ物を買ったり、端っこの駐車スペースに車を止めて仮眠したり。
そんなわけで4時間以上かけて、ゆっくり帰ってきた。

次の土日は大海戦だから…その次の土日でまたどこか滑りに行きますかね。
スポンサーサイト

コメント

お礼ですなり

履歴から、お礼に伺いました。

毎日更新のコンビニネタを掲載しています。

また、お暇な時でも遊びにきてくださいね。。。

では、お礼!
 「ありがとうございましたぁぁぁぁぁあ!」

ではでは。

2年前までは新潟にいたよ~♪

KENさん>
いらっしゃいませ~m(_ _)m
コメントのほうはゆっくりつけさせていただきます~。

エンディアさん>
おおおっ!2001年頃、新潟通いつめてました(爆

私もお礼参りに来ましたよ(勘違いしないデネw)

コメントまでありがとぉうでしたww

私は関西なんで新潟方面行ったこと無いですねー
苗場とか1度行ってみたいデス

カーレスさん>
どもども~ヽ(´▽`)ノ
新潟は…あんまり雪がよくないかも(爆

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/61-c3c0b39e