【FFXI】定型文で日本語が表現できない理由 

今回、英語と日本語の記事を上げ、外国人の方にもわかるように、
「文法的に簡単でかつ正しい」日本語を書こうと苦しんでみて、
つくづく日本語って変な言語だなぁ、と思ったわけで。
もしこのめちゃくちゃな言語を英語圏の人に教えるとしたらどうするだろう…
というところから考えて、日本語的に定型文を使うことを考えてみた。
これなら日本人も、もう少し定型文を使いこなせるんじゃないか、と。

結果、なんと定型文辞書ではどうやっても日本語を表現できないこと、
ヨーロッパ人が定型文辞書にこだわる理由が判明…。
まず、日本語をすべて単語に分解してみる。
例文は「日輪を担いて」の攻略説明冒頭部分。
①では 、攻略 の 説明 を 始めます。
 ナイト は ボス の ターゲット を 取って、
 東 の がけ に 陣取って ください。
 後衛 の みなさん は、 南 に 集まって、 ボス を 攻撃して ください。

次に、定型文を埋め込んでみる。
②では 、【作戦方針】 の 説明 を 始めます。
 【ナイト】 は 【ボス】 の 【ターゲット】 を 取って、
 【東】 の がけ に 【集まってください。】
 【後衛】 の 【みなさん】 は、【南】 に 【集まってください。】、
 【ボス】 を 【攻撃】して 【ください】。

定型文だけ抜き出して並べてみる。
③【作戦方針】:
 【ナイト】=【ボス】【ターゲット】、【東】【集まってください。】。
 【後衛】【みなさん】【南】【集まってください。】、【ボス】【攻撃】【ください。】
[[battle strategies]]:
 [[Paladin]]=[[Boss]][[Target]][[East]][[Gather togather]]
[[back line job]][[everyone]][[south]][[Gather togather]]
[[boss]][[attack]][[please]]

意味はわからなくはないけど、日本語として非常に読みづらい。
英語としても「ボスアタックって何?」って言われかねない内容。

ちなみに、英語をベースに文章作って、単語置き換えただけのものがこれ。
③’【作戦方針】:
【ナイト】=【ボス】【ターゲット】,【集まってください。】【東】.
 【後衛】【集まってください。】【南】,【攻撃】【ボス】【ください。】
[[battle strategies]]:
 [[Paladin]]=[[Boss]][[Target]],[[Gather togather]][[East]].
 [[back line job]][[Gather togather]][[South]],[[attack]][[boss]][[please]]

日本語としてのわからなさは似たようなものだけど、英語は原文にかなり近い。
英語の直訳だと言われたら、日本語のほうもわかるんじゃないかな。

つまり、定型文辞書ってのは、日本語向けになっていない、ってこと。

理由は、日本語って単語と単語を接続用の文字でつなげた構造になってて、
接続用の文字によって、単語の役割と意味を決定する構造になっているから。
なので単語だけ分離されると、その単語がどの役割を意味するかわからなくなり、
前後の文脈やシチュエーションから判断しなければいけなくなる。
一方英語は単語の語順で意味と役割を示す言語。
なので単語だけ並べられても、基本的な語順とそれが示す役割を知っていれば、
ほぼ英文として意味の通る文章が出来上がる。
この構造はフランス語・ドイツ語はもちろん、中国語もほぼこの構造。

定型文辞書は単語を単語に変換するものだから、単語しか表現できない。
日本語で大事なのは単語を接続する文字で、この情報が全部抜け落ちる。
従って、日本語としては理解できない、単語の羅列が出来上がるわけ。
これじゃ日本人、定型文辞書使わないわ~。
だってどう頑張っても定型文辞書で日本語書けないでしょ、これw

逆に言うと、NAプレイヤーが作った定型文辞書での文章ってのは、
どう頑張っても日本語にはならないんだけど、NAプレイヤーにはそれがわからない。
③’の英文見てもらえばわかるけど、普通の英文として何とか読めるレベル。
日本語で言えば、リア・ディゾンの日本語ぐらいに相当するかな。
このレベルでの日本文が表示されてるもの、とNAプレイヤーは勘違いしてるわけ。
だから「なんで定型文辞書使わないの!?使えば全プレイヤーが理解できるのに!」
とゴネるわけだ。
残念ながら、あなたの作った文章は、和文になってないんだよ…。

あー、すっきりしたw
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/607-a0bf112a