【FFXI】忍者育成中 

ナイトだけだとつぶしが利かない、ということで忍者育成中。
LV33になったところで、誘われ待ちしつつ、空蝉2に向けて金策を、
とコンシュで乱獲していたら、見かねたLSメンが50万ギルほど貸してくれた。
自力金策で、と言っていたんだが、それじゃ時間かかりすぎるから、と…。

んで、この週末は徹底的に忍者を育成することにした。
…いや土曜日起きたらお腹の調子が悪かったから、
銚子行きとりやめてヴァナで遊ぶことにしました、ってだけなんだがw

土曜日朝と午後1回ずつ、日曜日の夜1回でLV33→40に。
これで金策BCと名高い「光る眼」に参加できる!
空蝉2は土曜日に31万ギルで購入、夜のレベル上げにそのまま持ち込み。
残りの19万も運転資金として借りていたのだが、すでに10万切ってる…。
催涙卵と紙兵のたすきにスキッドスシ買ったからかね。
やっぱりナイトと比べて忍具代の分だけ大変だな、忍者。

最初はナイト時代と同じように盾やろうとして、
忍者のホールド力の弱さを実感。
侍にWS打たれただけでタゲ取り戻せなくなるってどういうことだとorz
暗闇の術が決まれば多少はヘイトが乗るようだが、
ナイトの高位ケアルと比べてずっと弱いし、何より確実性がない。
ナイトのケアルはタゲられた前衛の回復と同時に確実にヘイトが取れるが、
忍者の場合、術と攻撃でタゲを取り返せなければ、見殺しコース一直線。
忍術スキルと命中ブーストの装備ないと、正直辛い。

土曜日の夜はLSメン5人と一緒にウガレピの生贄の間へ。
最初は初挑戦のトンベリBC。
3匹目まで難なく倒したものの、
最後の召喚師の光のアストラルフロウで全員が一撃必殺。
受けたダメージは1000前後。フルで持ってても継続は難しそうだ。

トンベリBCはやはり危険だ、ということで、その後4戦はサハギンBCに乗り換え。
こちらは危なげなく倒していき、1戦目が総額15万、2戦目が総額25万と小当たり。
3戦目の俺のところで…きましたよインフィブルトルク70万!
レイズ2も出て総額75万ギルというところ。
これで借金いきなり返済だヽ(´▽`)ノ
…一応いつでも返せるようにしておいて、忍者が75になったら返そうw
そして4戦目…なんとインフィブルとエレメンタル、2個の大当たりが!
時価総額94万ギル相当というのは、
おそらくこのBCでは最高額に近いんじゃなかろうか…。

最後の1戦、リベンジということで再度トンベリBC。
対召喚戦では事前にフル回復、プロ3シェル3、
召喚が呼び出してたエレメンタルが炎だったので、バファイラ使用。
希望者含む2名が広場で召喚のアストラルフロウを受け、
4人はエレメンタルを入り口まで引き離して待機。
配置についてしばらくして、広場に巨大なイフリートが。
入り口の4人にはダメージなし。やっぱりここまで離れておけば、
全滅は免れる、ということですな。
一方、アストラルフロウを食らった2人も、1人は300ぐらいのダメージ、
ストンスキンかけてた一人はなんと無傷w
やっぱり緒戦はシェルとバ系かけてなかったのが敗因だったんですな…。
もっとも、光フロウはバ系がなく、トンベリBCでも一番危険らしいけど。

肝心の収穫は総額15万ぐらいで…。
同じ生贄の間のBCなら、サハギンのほうが簡単でおいしいかな?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/554-6ccc48dd