限界点 

これまで使ってたGeFroce6600GTの調子が悪く、
妙なチラつきが出るようになって、ついに昨日、画面崩れが発生。
原因はPC内に吹かせてた扇風機が止まっていたから、
だったのだが、扇風機回してないと動いてくれない環境、
というのも非常によろしくないので、思い切ってグラボを交換することに。
FF11と相性の悪いGeForceから、Radeonに乗り換え。

悩んだ挙句、ATI RADEON X1950pro、ビデオメモリ512MB搭載のボードを購入。
SAPPHIRE社製のもので、25800円。
14400円のX1650proもあったのだが、GeFroce6600GTと大差ないのと、
FF11でも歌とケアルが同時にかかった時に画面処理が飛び飛びになる
(これはGeForceの相性の悪さがあるかもしれないけど)
といったことで画質を1024*768に落としていて、
せめて1280*1024で快適にプレイしたいというのがあり、
パワーアップしてみた。
ベンチサイトの計測では、ほぼ処理は倍になったことに。

FFベンチ3の結果
LOW=6029(とてとて)
High=4392(とて)

LOWで「計り知れない」が出ないところを見ると、
この辺がAGPx8での限界なのかもしれないね~。
(CPUはPen4 3GHzだから、CPUボトルネックではなさそう)

ということで、このグラボとともに、
これからプロミヴォン・メアクリアしに参りますヽ(´▽`)ノ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/546-f331f9b7