開始3日目 

蜀伝を何戦かやった後、初めて「全国対戦」を選んでやってみた。

<<使用デッキ>>
 UC関羽・R関興・UC許チョ・LE徐庶
 (LE徐庶は群雄伝やってたら出てきたもの。)

<<1戦目>>
 敵方が弓3槍2、しかも塀2枚。
 槍しか持ってないこの軍勢でどうしろと。
 つっこめーってやったら見事に破られ落城…。

<<2戦目>>
 馬2槍1弓2の5枚構成。
 これならいけるんじゃないの?とやってみたんだが、
 まるで歯が立たない。
 弓のいる城門前に行くとやられる上、
 山だの毒沼だのあって両側から上がることもできず。
 ナ/狩の許チョは王異の【ファイガ】で倒されるし。
 (魔法攻撃に弱いところまでナイトっぽくなくてもよかろーに…。)
 やっぱりえーいって突撃したらアッサリ倒された。

<<考察>>
 デッキ以前の話として、キャラを動かしながら士気ゲージを見て、
 タイミングを見て発動する、というのが全くできてない。
 これDOLでも苦手だったんだよなぁ…
 船の舵切りながら砲撃ゲージと耐久力見て、
 砲撃やカスタムスロットのキー押すタイミング見るってやつ。
 特に2戦目で、
 相手は主力の馬をこっちに向けられず困ってたわけだから、
 固まってるところに徐庶の落雷を打ち込めてたら、
 だいぶ違ったんではなかろーかと…。

 それと、とりあえず突撃すれば何とかなるゲームではなく、
 相手をひきつけて各個撃破の体勢を作らないとダメなゲームらしく。
 結果として防戦一方になり、つまらないと思われても、
 十分にひきつけて各個撃破しないとだめだ。
 
 ここら辺を課題に、また群雄伝をやってみようかと。

 一度目標を決めるとそっちに行きっぱなしになったり、
 操作と方向転換までの大きなラグがあったり、
 ほんとDOLの海戦と操作感が似てるんだよね、このゲーム。
 対人好きのDOL軍人は、操作に慣れればかなり強いんじゃないのかな。

帰り、店に置いてあったリサイクルボックスを覗き、
絶対使わなそーな手持ちカード4枚と蜀カード4枚を交換。
数少ない低コスト馬(UC厳顔・Cリョーカ)と、
マラソン用の張松がどーしても欲しかったw
【結果】
<<君主情報>>
一州 指揮官
侵攻:200
所持金:290

<<戦績>>
CPU:22戦12勝8敗3分
対人:2戦0勝2敗

<<メインデッキ>>
UC関羽、R関興、UC許チョ、LE徐庶

<<所持カード>>
槍:
 既存 群雄劉備、UC関羽、C趙累、R関興、UC黄蓋、UC張コウ、UC程イク
 獲得 UCショウエン Cハンショウ
 放棄 Cカキ
弓:
 既存 LE許チョ、UC許チョ、C鮑信、C虞翻
 獲得 UCジュンユウ
馬:
 既存 C劉封
 獲得 LE魏延、LE徐庶、R曹仁、UC厳顔、Cリョーカ、C張松
 放出 C鍾離牧
歩兵;
 獲得 UCデイコウ、C劉禅
 放出 C張横、Cガカショウカ
攻城兵:
 既存 UC黄月英
 獲得 C辛評
象兵:
 既存 UC木鹿大王
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/508-25162c5b