文才 

wikipediaを読んでて見つけたんだけどね。

ピコピコハンマー

---以下引用---

機能
この玩具では、先端のハンマー部分で叩くと、ハンマー円筒内部の空気が、
柄に取り付けられた笛を通じて外に排出される。
この際、排出される空気の移動により「ピコッ」と音がする。
打撃面は片方だけあるものもあるが、その多くは両側が打撃面となっており、
どちらで叩いても同じように機能する。
なお打撃の衝撃は蛇腹部分に吸収されるため、
ほとんど痛みが無いとされるものの、
大きく振りかぶって打撃が吸収される範囲を超えた運動エネルギーによって行使されると、
やはりそれ相応に打撃力が発生する
。しかし柄の部分も中空のビニールで出来ているため、
柄の強度を超えて打撃力を発揮できない。
このため、この玩具で人間が殴られても、これによって負傷する事は稀である。
ただし、大型のものは使用されているビニール素材の厚みにより、
蛇腹部分があまり縮まないものがある。
表面の硬さと相まって打撃力が予想以上に高くなる場合があるため注意が必要である。


使用上の注意
しかしこの玩具は、いくら安全性が高く負傷しにくいといっても、
使用された側が驚いて転ぶなどの、副次的事件が発生した場合は、その限りではない。
また顔面への打撃は、鼻がある事も在って、やや痛い
稀に鼻血が出ることもあるとされる。
その他、打撃によって不安定な花瓶や家具などが転倒する事により、事故が発生し得る。
また見ず知らずの相手に殴りかかった場合は、冗談では済まされない事がある。
幼児はしばしば公共の場所で暴虐を尽くそうとも許される傾向が日本ではあるが、
ファミリーレストラン内で、食事中の暴走族を殴ったりした場合は、
かなり気まずい事態が発生し得る
と考えられる。
この他にも動物を執拗にこれで殴打した場合には、怪我は無くともストレスを与え、
動物虐待とみなされる可能性もある。程ほどにしておく方が良いと思われ、
打撃する対象物が「叩いても大丈夫か?」という点には、大いに留意すべきであろう。
なおこの玩具と間違えて、工事用のハンマーや木槌・フレイルやメイスを同じように使用すると、
相手に重大な損傷を与えかねない。
このため、使用前によく注意すべきであると思われる。

---引用おわり---

書いた人文才あるわ~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/491-3c5358a8