スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中国茶】洞庭湖碧螺春 

洞庭湖の近くの果樹園でとれる新芽を摘んだ緑茶で、
果樹の香りがついている。
春にしかとれない。

・淹れ方
 お湯は沸騰したてではなく、少し冷ましたものを使用。
 (ガラス容器に入れ、底を触った時に、
  少しタイムラグがあってから「熱ッ!」て思うぐらい。)
 ポットに4gほどを入れ、500ccほどのお湯を入れて1分。
 ガラス製ポットできれいな緑色が楽しめた。

・香り、味
 龍井茶に発酵っぽい香りがほんのりする。
 渋みは薄く、とにかくさっぱりしている。
 日本の煎茶にかなり近い味わい。

・感想
 ドライフルーツと食べると香りが感じづらくなることから、
 やはりフルーツ系の香りらしい。
 さっぱりした味・香りなので、濃い味の甘味や食事の他、
 カボチャの種等ナッツ類との相性がよいと感じた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/485-a1cb2483

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。