左足ひねり事件の顛末 

会社のレクリエーションのソフトボール大会があって。
さてでかけようかと車で出たところ、
最初の信号にひっかかったところで、障害対応依頼の呼び出しが…orz
お客様や技術部門と連絡しつつ、障害解析の資料を依頼…

連絡から4時間、お客様から「オペミスでした~すみません」とのメールが…。

( ゚Д゚)ポカーン

( ゚Д゚ )

了解いたしました、対応完了とさせていただきますお(#^ω^)

この時点で14:30、大会は16:30までとなっている。
こ、これは…間に合うかも(゚∀゚ )
ということで車を会場に走らせる。
野球場にむかうと、まだ試合中の雰囲気。
あれ、うちのチームの試合中?しかも盛り上がってる。
3点差を逆転できれば優勝、しかもノーアウト1塁ですと!?
そして部長曰く
「いいところに来た!次代打で出ろ!」
了解いたしました(゚∀゚)ゞ

自分の前の人が単打で1,2塁。
打ってやるおりゃー(゚∀゚#)→サードゴロorz→1アウト1,2塁…
って俺出塁かYP!

次の人単打→おっかなびっくりで2塁へ出塁。
そして次のバッターが…左中間に長打コース!
3塁の人は確実に生還するとしてだね。
適当な野球なら、3塁ストップでもいいと思うの。
でも、自分が入れば1点差で1アウト1、2塁になるの!
この回での逆転に優勝がかかってるの!
でもタイミングギリギリっぽいの!
どうする!俺!どうするよ!

  止まる
  走る
にァすべりこむ

気持ちに体がついていかず、
2メートルぐらい手前で転びましたが何かorz
その場にいた全員を動揺させましたが何かorz
キャッチャーが落球したスキにホームインしましたが何か(爆

さて、その時は「うはwww足痛すぎwwww」ぐらいだったんですが。
その後見事に逆転したわがチームに、一緒になって喜んでて、
痛みなんか大して感じてなかったんですよ。
だから、しばらく休んでれば直ると思ってた。

でもね…一旦休むと足がその体勢で固まって、動かせなくなる。
動かそうとすると、膝周りの腱全部、足の外側の筋肉に激痛が走る。
これはまずい、ということで病院へ。

時間が遅くなったため、救急扱いの病院へ。
当直が脳外科の先生しかいないということで、
レントゲンだけ撮ってもらい、骨の異常がないことを確認してもらいつつ、
医療用の湿布と膝の強力なサポーター、松葉杖をもらう。
月曜朝に整形外科の先生が来られるということで、そちらで見てもらうことに。

んで、懇親会会場にサポーターに松葉杖という姿で乗り込んだわけですが…
あぁすみませんorzみんなそんなに動揺しないでorz
俺が運動不足だっただけだから!単なる自爆だから!
それに、結果としてチーム優勝したし、よかったじゃないですかヽ(;´▽`)ノ

でね…AT車でかつ負傷が左足だけだったので、のんびり家に帰って来たわけですが。
ついに左足に体重を少し乗せただけで激痛が走るようになり。
台所に飲み物を取りに行くだけでも大変で、
ペットボトルに水を汲んで、枕元に移動。
トイレは一大決心の上、決死の覚悟で向かう。
ベッドに戻る頃にはクタクタ。
風呂で湯の花で温泉作って温めてみよう、と風呂に行ったものの、
風呂場の段差に悩み、風呂桶に足を突っ込むのに悩み、
風呂場から脱衣場に抜ける段差を、
ぬれた足で片足ジャンプで越えなければいけない事実に愕然とし…。

これは、電車通勤はアリエネ…。
とりあえず明日は車で病院行って、医者と相談しよう…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/477-8299bd5a