かぐらに行ってきた 

今回は車での日帰り。
6時に高田馬場駅で一人を拾い、9時に現地でもう一人と合流する手はず。

5時出発を予定してたのに、起きたのが5時15分前。
準備は車の中に用意してあるので、身支度だけ済ませて出発。
早朝の首都高速はさすがにすいていて、6時10分前には高田馬場駅に到着。
6時15分に待ち合わせ相手の、P商会のM氏到着。
板をルーフボックスに積み込んで、出発。

首都高速5号線から外環経由で関越に入ったが、渋滞の連続。
・朝霞料金所~川越で事故渋滞20km
・鶴ヶ島~花園で自然渋滞20km
もうねorz
高坂SAに着いたのが8:20、
越後湯沢駅でN商会のE氏を拾った頃には、11時を過ぎていた。

ハイシーズンのど真ん中のはずなのだが、春スキーのような気温と雪質、
ガスが出て視界も悪く、コンディションはよくなかった。
みつまたから入り、まずはお昼を食べようとしたが、
ロープウェイ山頂、かぐらゴンドラ山頂のレストランはのきなみ満席。
田代まで行けば空いてるんじゃないか、ということで田代まで移動。
…うーむ、遠いorz
田代高速リフトの下にあるカレーハウスでようやく席を見つけ、食事。
5種類のルーが選べるバイキングで、なかなかおいしい。
で、食べ終わった頃には15:00近くなっていて、
田代→かぐらの連絡コース・リフトの終了が15:30。
急いでもどらないと、ということでまた連絡コースとリフトを乗り継ぎ、
みつまたに戻った頃には16時半を過ぎていて、リフトもコースも次々に終了。
追い立てられるようにロープウェイへ。
…カレー食いに行っただけとか言わないで下さいorz

みつまたゴンドラ近くの「街道の湯」はやはり混雑で入れず、
越後湯沢市街まで出て、「駒子の湯」で温まる。
食事は市街の居酒屋を何軒かまわったところで見つけたお店で。
こういうときに下戸のドライバーってのは便利なもんで、
車で来ても、酒好きのメンバーはいくらでも酒が飲めるワケでw
催促しないと品物が出てこなかったりで微妙だったが、
料理はおいしかったし、しゃべることはいくらでもあったから。
なんか大航海時代Online懐かしいな…久々にやりたくなってきた。

翌日の新潟県内での仕事に備えて戻るE氏と越後湯沢の駅でわかれ、
M氏とともに湯沢I.C.から関越へ。
高速道路は非常に順調で、渋滞もなく、
途中赤城高原SAと高坂SAでみやげ物の物色を兼ねて休憩しつつ、
3時間でM氏の自宅前に到着。
そこから1時間ほどかけて家に戻り、午前1時頃に帰宅。

さすがに、疲れたね…。
かぐらは横に長い構造していて、
標高の高い場所には、リフトやコースを乗り継いでコースに向かう。
しかし15:30にはリフトが止まり始めるため、
午後からのスタートだと行って帰ってくるだけで終わってしまう。
こうした移動を「移動」と考えず、ツアー気分で楽しむのが、
このスキー場の楽しみ方かもしれない。

今回でまた一段とカービング板・ブーツに慣れてきた。
バランスさえうまくとれれば、多少重心が後ろにずれようとも平気で曲がるので、
これはいろいろと手抜きができる。
横滑りも足を揃えてナナメに滑る分にはまっすぐ板と遜色なし。
やはりボーゲンはまっすぐ板の頃のほうがやりやすかった。
スポンサーサイト

コメント

昨日はお疲れぇ(・ω・)ノ▽"フリフリ
こっちは21時23分の新幹線に乗れたんで20時6分には新潟到着しましたー(〃∇〃) てれっ☆

よかった^^

22:06ですな?w
ヲシゴトがんばってくらはい~

ハハハ…16日まで出張伸びた…_| ̄|○

あらま…
17日、すべりに行けるじゃないですか(爆

そもそも今年は雪ってあるの?

あるよ~。当日も上のほうは雪だったし。

でもまぁ、雪質のほうは…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/390-1cf4e613