2006年を振り返ってみる 

マイミクさんが2名ほどされているので、便乗してみる。

■仕事のこと
 10月に今の職場に移れたことが最大のポイントだったかな。
 正直、最前線の現場のあの雰囲気は、今の職場と比べると、自分には合ってなかった。
 今年は水の合うこの職場で、次々と仕事をこなして行きたい。

■恋愛のこと
 すてきだなーと思う人が現れても、
 「俺には恋愛は向いてないから」と身を引く、というのを繰り返していた。
 実際、大好きなはずの人と一緒に暮らしたあの何週間かを考えると、
 とてもそういうのを続けていける相手っているとは思えないワケですよ。
 まだ自分勝手なプライベートタイムを楽しんでいたい、というのが本音。
 なので2007年も「一人身貴族」かなぁ。
 それとももっとすばらしい女性が現れるか…。

■健康のこと
 太りつつ体力落とすという最悪パターンだったな。
 10月までは仕事=ストレス状態で、あちこち体が痛かった。
 2007年は少しはマシになってるかなぁ。

■ゲームのこと
 2005年から始めていたDOLを離れ、FF11に復帰。
 戻ってみて思ったのは、拠点間の移動時間はむしろDOLの方が長く、
 ソロプレイでできることも思ったより多かった、ということ。
 いない間に導入されたフェローや獲得経験値是正もあるけどね。
 少なくとも「2時間プレイが移動だけでつぶれる」ということはなくなった。
 もっとも、本格的にレベル上げを始めると1セット4時間は確実にかかるから、
 実際どっちの方が短い時間で楽しめるかは微妙なところではある。
 2007年も引き続きメインはFF11、ナイトLV75達成とジラートミッションクリア、
 3国プロミヴォンクリアまではやっておきたいところ。
 LSだの組織だのってのにはあまり手を出さず、
 いちプレイヤーとしてのんびりやっていきたいな…。

■Zephyrosポルトガルを中心とした人たちのこと
 DOLを経由してアレックさん、Manoさん、エンさん、
 またウテさん、Mattunをはじめとする勉強会メンバーに会えたことは、
 組織的なハナシに首を突っ込んでいたことでの、一番大きな収穫だったと思う。
 ゲーム自体からは、実際に会ってすぐに離れることになったものの、
 その後の勉強会、キャンプ、結婚式、各種飲み会と、
 普通に生活していたのではまず会えない人(某局アナとか)とお会いできたり、
 よりリアルの世界に自分を持っていくきっかけを作ってもらえた。
 2007年も、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

■銚子電鉄のこと
 11月の終わりにあったこの一件は、
 2ちゃんねると各板の住人というものを見直すきっかけになったかな。
 たぶんもうMMOやってても関連板は読まないかな。
 残念ながらスレの大部分が煽り・叩き・釣りだし、
 知識関連はいずれまとめサイトやまとめblogになるから、読む意味ないのよね。
 今のところ銚子電鉄メインの3スレしか読んでない。
 これが終わったら、また次回前向きな祭りがない限り、
 2ちゃんねる自体から離れるかもしれないなぁ…。

だいたいこんなところですかねぇ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/350-7b471101