【大航海時代Online】大海戦3日目:大勝利 

ビールかけは商人部主催のアビジャン投資祭りに取られちゃったけど、
ポルトガル勝率80%という、遠征隊としては脅威の成績。
何よりも統制の取れた突撃を繰り返したイングに対し、
3日目でも勢いが衰えなかったのがすばらしい。

写真撮影や簡単な打ち上げをしつつ、アビジャン投資祭りへ。
すっかりヒートアップした人たちがガンガン放り込んでいる様子。
記念なので4Mほど投入…全財産10Mだからこれぐらいで…。

2日目の大戦後に作ってもらった輸送用大型ガレーと、
曳航してきた2ndキャラに金をいっぱいに積み込んでヨーロッパへ。
マルセイユで売って利益4.2M。これはいいヽ(´▽`)ノ

装備整えたらインドに海事修行に出かける予定だから、
ついでにお賽銭投げてこようかな。

   *     *

3日目のイングはさらに人数が減ってしまったようだった。
でもまとまりがでてきて、突撃と撤退を柔軟に繰り出しつつ、
島の影に控えた精鋭を艦隊解除状態で待機させ、
ポルトガル側が薄くなってきたところで艦隊を組ませて襲わせる、
という奇襲戦法を繰り出してきた。

なにしろ敵がいないので勝利数が増えない一方、
精鋭部隊の強さはいつもどおりなので少しずつだがやられていく。
東に出てきた部隊がいなくなったと思いきや西に大きく展開、
それがいなくなったと思ったら今度は北から回り込んでくる。
偵察のおかげで突撃タイミングや方向は大体つかめたものの、
こちら側が戦力を大きく右に左に振られる状態。

それでもなんとか80%の勝率を維持できたのは、本当にすばらしい。
現場の軍人たちの適切な判断のおかげだろう。
情報が錯綜しているとき、一番頼りになるのは現場の判断力。
だからこそポルブイの連絡は「指令」じゃなくて、
「案内」というスタンスで情報を出しているわけで。

状況を把握するべく移動中、イングランドのブイに驚かれた。
もしかするとアピールコメントに
「ポルトガル・ブイ総括」って書いてたのを読まれたのかな?
とりまとめ担当を拝命してる以上、アピールしたかったから。
二度目に同じところ通ったとき、こっそり敬礼しておいた。

この3日間で、ポルトガルの支援系はさらに強くなれた。
攻めの場合の前線のできかたやブイの位置も勉強になったし、
補給部隊の置き方や補給内容も、フランスブイ部隊の助言で改善された。
次回フランスがどっちにつくかわからないけど、
もしこの2回でポルトガル側のシステムに魅力を感じてくれて、
ポルトガルと一緒にやろう!と思ってくれれば最高なんだけど…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/34-fe9d10f2