スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【大航海時代Online】2日目:大勝利 

というもののさすがに勝率は落ちた。
補給港と考えていたアルギンが精鋭に封鎖されていたし。

洋上補給に切り替えたのが、やはり正しかった。
補給物資も余ったり余らなかったりで、量もちょうどよかった。

事前に行った「ビールサーバー大作戦」も好評だった。
「みんなでビールを造って配ろう!」というこの企画、
参加者も楽しんでビールを造り、自分の補給分として充ててくれた。
フランスの人にもこれはすごく評価された。
ちょっとぼーっとしてるけど、やろうと決まるとノリでこなす。
そんな国民性が、とても好きだったりする。

会議では勝率の割に重い話が出たけど、これもまたポルトガル。
勝った後のかぶとの緒は、いくら締めても締めすぎにはならない。
そうやって負けても勝っても、何かを得ようともがいてきた。
明日は堅実かつアグレッシブな案内をできるように、頑張ろう!

残念だったのが、前線ブイ担当者をイスパニアの海賊に沈められたこと。
イスパニアの所業をイングランドに文句を言うわけにはいかないし。
明日は重ガレーフル装備で、護衛しながら現地に向かおう。

そういえばこの2日目にMVPとった人、
12日にゲーム内結婚式しますって言ってた新郎の人。
どうやって夫婦ロールプレイするのかわからけど、
このMVPは奥さんへのいい贈り物になるんじゃないかな。
   *     *

今回のイングランド軍は、
補給線であるアルギンをエース級で占領する作戦に出た。
しかしそこはポルトガルの誇るブイ部隊の偵察がしっかりリサーチ。
アルギンへの補給の解禁をやめ、補給部隊とシエラレオネに頼ることにした。
じれて動き出すイング精鋭に、フランスとネーデルのエースが向かう。

残念ながら、精鋭を外に出したイングランド本体は、
ますます人が足りなくなって、昨日よりひどい封じ込められ方になっていた。
ポルトガル陣営の手薄なところに張り出す作戦に出たようだが、
張り出した瞬間に待ってましたとポル陣営が押し寄せて各個撃破。
そして安全圏境界にはイングの船は一隻も見えなくなる。

今回イングランドのブイも見て回れたのだが、
まるで、アンコナの時のポルトガルのブイを見ているようだった。
あれでちゃんとデータが取れてるかどうかは微妙なのだが…。

イングランドの司令と目されている人の失言が聞こえてきた。
きっと何をやっても裏目に出て、大混乱しちゃってるんだろうな。

別働の精鋭部隊の活躍があったのか、イングランド側が若干持ち直したものの、
依然ポルトガルの勝率は8割を超えたまま。
まさか遠征で、これだけの結果になるとは思わなかった。

「ポルは軍師がしっかりしてていいね~」
会議中にこんな誤爆をした人がいたけど、
ポルにはとりたてて「軍師」がいるわけではなくて。
現場の人間が気になるところの意見を出し合って、
次にどうするかを考える、というこの会議の仕組みが、
ポル人の気質にうまくかみ合ってるんだと思う。

…でもちょっと俺でしゃばりすぎかな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/33-4c5747e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。