スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【大航海時代Online】一日目:大勝利 

本拠地のシエラレオネは、補給拠点のアルギンは、勝利に酔いしれ…
いや、どちらかというと反省点の方が多かった。
補給物資が足りていない。完全な乱戦で情報が役に立たない。
補給物資の配置にも問題がある。
初の遠征らしく、問題点がどっさりといった感じの会議だった。
でも、やはり勝ってるだけあって、はつらつとしているところがある。
「みんなで、がんばろう!」
そんな気持ちでまとまっている気がする。

今のポルトガル陣営、組織としてはとても強いのではないだろうか。

明日はもっと厳しい苦難が待ち構えているだろうけど、
それでもこの集団なら、乗り越えていける気がする。
    *      *

当初予想していた攻撃ラインは、何の意味もなかった。
安全圏付近から動かないイングランドに、
ポルトガル陣営が勢いをつけて襲い掛かる。
勝利数が増えないのは、イングランドが出てこないからじゃない。
イングランドは、出たくても出してもらえないんだ。
カサブランカやサンジョルジュの3日目のような、そんな雰囲気。
イングランドの勝利数はまるで増えず、
ポルトガル陣営の勝ち星ばかりが一つ、また一つと増えていく。

たまに突破口が開いたかと思うと、
まるでエサがやってきたと言わんばかりにとりつくポル陣営。
ようやく外に出てこられたと思しき、海賊の入ったイングランド艦隊。
手だれの艦隊だろうが、すぐにポルトガルの上位艦隊につかまる。
「ポルトガル援軍よろ。提督*****」
前線からは少し離れた人気のない場所だというのに、
シャウトと共にポルトガル艦隊がいくつも寄ってきて、
20秒もしないうちにいい位置取りの援軍が駆けつけていた。
ペア艦隊ではない。援軍に入りそびれた艦隊が1つ、ぐるっと旋回していく。
あんな援軍の入り方をされたら、とてもじゃないがやってられない。

結果、80%を越える勝率。恐ろしいまでのワンサイド・ゲーム…。
勝率よりもむしろ、イングランドの勝ち星がたったの15だったということが恐ろしい。
もし自分がイングランド側だったら…と思うと、背筋が凍る。
このイングランド軍、どうやって立ち直っていくんだろうか…?

某掲示板では、俺をポルトガルの総括だと言ってるヤツがいたが、
見ての通り俺は何もしていない。ブイで作った前線は見事にスルーされたしな(泣
ポルトガルの頭脳は、現場で実際に戦っている軍人達。
俺はそれに合わせた情報を出せるような、そういう仕組みを作って提供するだけ。
それも情報出してるのはブイのメンバーだしな。
ホント、俺は自分のルームで、一人で騒いでるだけだった…。
もうちょっと落ち着いて、構えていけないとな…。

ともあれ。明日もまた一段と、進化した戦いをしてみたい。
スポンサーサイト

コメント

えさに群がるポル陣営

> たまに突破口が開いたかと思うと、
> まるでエサがやってきたと言わんばかりにとりつくポル陣営。
提督やってた人も、どこクリックしても
戦闘に入れなくてストレスたまった、
って言ってました。
「このゲームってもぐら叩きじゃないよね?」
援軍Say出た瞬間でももうNGとかって・・・
もうワニの中に肉放り込んだような状況でしたね。

3日間それぞれ5戦できたかできないか。

それに対して、イング側で援軍に駆けつけてきた
数って大分少なかった気がするのよね。
おかげでほとんどの戦いで戦果あげられました。

まさにワニでしたね~

イングの艦隊も怖くて出られなかったみたいで、青ゾーンでぐるぐるしてました。
完全にもぐら叩き状態でした。
今回は戦いにあぶれた艦隊がどこもかしこもうじゃうじゃで…ブイとしても案内が難しい戦いでした。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/32-0f0124fc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。