滑ってきた 

群馬と福島と栃木の県境あたりのスキー場に。

スキーだけでなく車も滑らせてミゾに突っ込みましたが何か(爆
スタッドレスに変えてから来るべきだった…
マニュアルちゃんと読んでからチェーン履けばよかった…

でもま、それで済んだんだからいい勉強になったと思えば。
同じように突っ込んだ人たちといろいろ話せたし。
現地で3時間待ち、行き1時間の道に帰り3時間かかったけど、
時間の割に長いとは思わなかったかな。

   *    *

出発が遅れたこともあり、14:30リフト終了のハンターマウンテンでは間に合わない、
と16:30終了の丸沼高原へ。
初心者向けのバーンばかりだったけど、いい練習になった。
15時過ぎから吹雪がひどくなり、寒くなったので16時に終了。

で、駐車場で軽く車を動かしてみたが、ブレーキがまるできかない。
ノーマルタイヤじゃ話にならんな、とチェーンをつけることに。
「駆動輪につけてください」とあるが4WDの場合どうするんだろ…
いいや後輪につけちゃえとつけてみたのが大失敗。
思いっきりミゾに突っ込んでる車を見て、やばいなー気をつけようと思ってたんだが、

突然の横波を受け、進路が変わりました!
座礁しました!(カーンカーン)

自分が見事にそうなりました、と。
駐車場じゃ調子よかったのに。全然ハンドルきかないし。

で、どうにも身動きが取れないのでJAFに電話するも、
電波2つ立ってるのにこちらからの声が届かない状態。
寒いところいろいろ歩いて電波のいいところからなんとか連絡。
3時間待ちって…orz

そうして電波のいいところを探しているうちに、
スキー場の建物の中に入っている人たちを発見。
雪に埋もれた側溝に気付かず突っ込んじゃった人、
気がついたらカギがなかった人など、いろいろ…。

そういえばサイフを車に置き忘れた、と取りに戻ったら、
ハマってた車が3台に増えていた。
歩いてるだけでも転ぶし、これじゃ車なんか動けるわけがない。
ちょうど警察が来ていていろいろ相談。

スキー場の建物に戻り、1時間ぐらいしゃべりつつJAFに連絡したら、
救援車がもうすぐ到着との話。
急ぎ車に戻ると、10分ほどしてJAFの車が現れた。
一番後ろの車から救援開始。

作業を見に行こうかな、と外に出ていたら、
後ろにはまった車のドライバーを迎えに来たらしきお友達の車が。
「あったまりませんか?」
と誘われて、その軽自動車に乗り込む。
あったかいコーヒーをおごってもらいながら、いろいろおしゃべり。

前夜の雪が凍った挙句、
その上に今日の雪が積もってえらいことになってるらしい。
やはり4WDだからって後輪にチェーンつけちゃいけないのだと。
前輪なら問題なく行ったという。
ハマったあとでマニュアル読み直したら
「後輪にはつけないでください」って書いてあったんだよな…。

おじさんたちの言葉。
「フロントの足回りやられてるかもしれないけど、いい勉強したと思えば」
確かにそう。この先のガードレールの向こう、ガケだし。
ガケに落ちるのと比べたら、3時間でも4時間でも待ちますよ。

でも後ろの車の若いお兄さんはそうとうテンパってたらしい。
「4時から待ってるのに何で後回しなんだ!!」
ってJAF作業員にマジギレしてた。
ノーマル・チェーンなしでハマった時点で覚悟するしかないだろうと。
なんでもチェーン買えば帰れますよ、と言われてそれを拒否、
運搬用の車がなかなか来ないってキレてたらしい。
う~んそれはもう諦めるしかないでしょー…。

3台目はミゾに両側の車輪を落とした状態。
これどうやって引き上げるんだろうかと思ったら、

1.後ろをまっすぐ引き上げて地面に載せる
2.ナナメ後ろから思い切り引き上げる

手際よく美しい作業に、先ほどのおじさんと拍手。

俺の車はナナメから引っ張って、アッサリ。
エアロパーツとフェンダーが盛大にへこんでいたが、自走には問題なし。
偉いぞエアロパーツヽ(´▽`)ノ

で、へこんでた方の前輪にはチェーンを巻けない、
ということで後輪に巻いてたチェーン1本を前輪に巻きなおし。
「4WDで前輪にチェーン巻いてれば全く問題ないですよ」
と言われて半信半疑だったが、
ソロソロと降りてちょいとブレーキを踏んでみると、
今度はちゃんと止まる。カーブも力強く曲がれる。
こんなにも違うものなのか…。

でも最初のアレがあって、とてもスピードが出せない。
アクセル一切なし、1速に落としてじわじわと。
おかげでインターまで1時間のところが3時間かったけど、
死ぬよりマシ。

てことで。これから車屋さんで見てもらってきま~す。
スポンサーサイト

コメント

ぶじでなにより

とりあえず無事でよかったですね。 修理代がちょいといたそうですけれど、話題性レベルばっちり高いです。来年までこのネタでいけそう(違うって)。 多摩からちょっと離れた府中の方では、同じ部の若手の方たちも出動して、大変な毎日が続いているようですね。

修理費けっこう行きそうです…はぁ

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/30-dd9d08b8