【FFXI】陥落寸前! 

今朝のビシージはすごかった。

スタート時点で存命だった将軍は、あたりかまわず強力な攻撃魔法をぶっぱなし、
あっという間に敵に囲まれて死ぬと噂のガダラルのみ。
それでもプレイヤーの努力の甲斐あってなんとか生き延びていたものの、
開始40分頃だろうか、戦闘不能のシステムメッセージ。
封魔堂に向かってみると、扉が思い切り開いていて、
内部から手前の広場まではプレイヤーでいっぱいだった。

封魔堂内部に敵が入り、奥に安置されたアイテムに触れられると陥落になる、
ということで、とにかく来た敵を封魔堂から引き剥がすのが主眼となる…
という話を聞いていたので、目に付いた名前の白い敵にストンガを打ち込んでは、
モグハウス方向に逃げる、というのをしばらく繰り返していた。
しかし敵はじわじわと入り込み、1匹の骸骨が封魔堂の内部に到達。
その場を埋め尽くしたプレイヤーの攻撃によりHPは半減までするものの、
次の瞬間、周囲のプレイヤーからHPを吸収する攻撃で全回復…オマエそれ反則だろorz
その骨をなんとか倒したかと思ったら、
今度はプレイヤーを一定時間操る能力を持つ敵が封魔堂の入り口にやってきた。
技を使われるたび、しばらく操作不能になる。
操られた結果、バニシュガを人々に打ち込んでしまい、
ダメージ3とか4とかのログが大量に流れる…あ~すごい迷惑だorz

それからしばらく戦っていると、死者の軍団撤退の報が。
喜びに沸き立つプレイヤー達。ホントよくあれで守れたよな…。

その後、夕方にも1回襲撃があったらしく、時間をかけてなんとか撤退させたとか。
さすがLV5になると敵も強い。

今回ナジュリス様は捕虜状態で、雄姿を拝むことはできず。
弱すぎて奪還活動に参加できない自分がもどかしい…。
ということで、昼と夜に2回レベル上げPTに参加、ナイトを17から21まで上げた。

昼はLSメンバーとPTを組もうとしたものの、後衛を集められず、
忍ナ詩黒の4人で、砂丘でつよ連戦。
途中で黒さんの知り合いが白でサポートしてくれたおかげで、とてまで狩れるようになった。
結局やらないよりマシ、な程度で申し訳なかったものの、3時間で2レベルアップ。
最後にサポなし黒さんのために、サポートジョブ獲得クエスト用のアイテム、
「呪われたサレコウベ」を取るためグールを3匹狩ったが、手に入らず。
こういうのって欲しいときに出ず、要らないときにぽろぽろ出るんだよね…。

夜は日本人PTに誘われ、忍忍戦ナ白召でソロムグの「壷」のカブト虫狩りへ。
一度リンク処理に失敗して白さんを死なせてしまったものの、
レベルが上がって安定してきたこともあり、2時間でこちらも2レベルアップ。
タゲは忍者さん2人に大部分お任せし、スシを食って片手剣で殴っていたのだが、
LV20に上がったところで武器を両手剣に持ち替え。
両手武器は一撃は重いが間隔が長く、当たらないとどうしようもないのだが、
レベルが上の敵相手だと補正がかかって当たりにくい。
なのでいつも、ホントにこの武器強いんだろうか?
と疑問を持ちながら振るってたりする…。

この後はデルクフ前のカニ>巨人・魚と進み、LV24からカザム入りかな…。
スポンサーサイト

コメント

ハデスお疲れサマー

おお 必死の防御おつかれさまですー
試練は301回目がおわりましたー最近ぜんぜん参加してないけどねぇ・・w

ソロムグの壷はよくソロでお世話になったなぁ。ナイトの両手剣はつよいよー!
超がんばれー!;;

結局陥落…;;

その後マムLV5も耐えたんですが、
早朝死者LV5を耐久度2ケタ将軍3人ではなすすべも無く…

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/263-72a7af56