スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトンの取り扱い 

「Musical Baton」というのを初めて見た時は、
典型的なチェーンだよな~とあまりよく思ってなかったんだが。
いざそうしたバトン類を受け取ってみると、
「100の質問テンプレート」と大差ないんだよなこれ。
有害性についていろいろ書いてあるところも読んでみたんだが、
俺としては「真琴」氏の
Musical Batonが危険でいかに迷惑かという話
が一番うなずける内容だったので、気にしないことにした。

バトン反対派の「”チェーンもの”を回す」という慣習が一般的になるのは困る、
という意見にはうなずけるものはあるものの、
そこはこのバトンというものの取り扱い方次第だと思うので。
・ムリに答えない、回さない
・お約束にとらわれない
でやっていけば、blog書きにはいいネタになるだろう。

しかしこれ「回し方」の規定が書かれた記事がないんだよな。
なんでもトラックバックを利用して回すみたいなんだが、
相手先の日記にバトン受け用の記事がないほうが一般的だと思うし、
掲示板か何かに「よろしくです~」とでも書くのかな。

今のところわかってるバトンの回し方

・知り合いの日記に「回すね~」と書いてあるのを発見する
・掲示板等に「バトンお願いします~」と依頼が来てるのを発見する
 ↓
・元の人のバトン記事をトラックバック先として、お題に即して記事を書く。
 記事には元の人の日記のリンクを張っておく。

一応これで前の人とつながり、前後に移動できるようにもなるが…
回し方にも何かお作法がありそうなことが書いてあるんだよね。

誰かご存知の方、ご教授をm(_ _)m

今後はこの記事を、バトンの受け皿にしたいと思います。
バトンを回したいと思われる方は、こちらにトラックバックを。
スポンサーサイト

コメント

v-22わたし、バトン習っていましたので、

まわしかたしってまーす

そ、それはリアルなバトンでは…w

でもあれ回すのも難しそうですね~。
僕はペン回しですらできません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/26-64d660bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。