スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

醤油のハナシ 

醤油がアメリカに進出した話のドキュメンタリー。
アメリカで醤油がそんなに普及してたとは思わなかった。

アメリカによる占領で、すきやきを通して知られた醤油を、
キッコーマンが大々的に持ち込んで宣伝して、普及させたらしい。
で、ステーキの最後に醤油たらして…ってのをやってたんだが。

似たようなことヨーロッパの文化でやるとすると、
グレービーソースとかだからねぇ…
グレービーソースってそんなにうまいってモンでも(爆
醤油が「All-Purpose Seasoning」と言われてしまうのも、わかる気がする。
スポンサーサイト

コメント

授業の微生物の力

発酵させて作る醤油の香りの中には、バニラの成分(バニリン)も入っているのだとか、大学の授業で習いました。外人さんたちにとっては、味というより香りの方がポイント高いようですよ。

醤油の香りもいいもんです

瓶に入ってるのをいきなりかけて使える、
ってところもポイントでしょうね~

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/244-c0a1317e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。