スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【大航海時代Online】2日目:イスパニア優勢 

2日目となり、ポルトガル陣営は得意の密集陣形で北東に集結、
戦闘禁止エリア(青ゾーン)境界での揉み合いとなった。

小型・中型ではポルトガル陣営の戦術が効果を上げていたが、
大型になってラグとNPCへの対応に苦慮したポルトガル陣営は、
小型・中型に比べて戦果を伸ばすことができなかった。

結果は1028-513と、前日の倍近い戦果を挙げたポルトガル陣営が勝率を回復。
イスパニア陣営の通算での勝率は69%となり、70%を割り込んだものの、
イスパニア陣営も戦果を拡大、依然として倍以上のポイントを維持している。

広範囲に広がるNPCにどう対応していくかが、
密集型のポルトガル陣営にとって、3日目の大きなポイントとなるだろう。

     *      *

2日目は、戦果としてはすばらしかったと思っている。
ブイ部隊メンバーの活躍も、実際に戦った艦隊の動きもよかった。

いつもの密集陣形を攻撃的にいけるように案内してみたのだが、
やはり人が貯まり始めないと外に出られないため、
ペア艦隊に見られた出撃時のタイムロスを解消できていない。
また戦闘があらかた終わって大部分の艦隊が補給に戻ると、
残された2~3艦隊が青ゾーンの内側で回遊するという状況。
その時間と艦隊兵力が大変もったいない。
少数勢力であればあるほど、安全性を確保した上で、
さらに艦隊・時間効率を上げていきたいところ。

大勢力に遊兵問題はつきものだから、
そこら辺は大勢力に検討してもらうとしようか。
他陣営のスタイルに文句をつけて挑発して解決するのも結構だが、
自陣営の進化には何一つ寄与していないことをお忘れなく。お互いにね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bukko3.blog33.fc2.com/tb.php/127-11f773ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。