スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コラム】「超歌舞伎 花街詞合鏡」感想1)技術や表現について語る 

さて、今年もやってきました超歌舞伎。吉原が舞台とくれば「唄で知られた重音テト」、世話物ということで何か下敷きになるお話があるかと思ったら、こちらの記事によるとどうも完全新作らしい。
【超会議2017】『花街詞合鏡』歌舞伎ファンがひも解く超歌舞伎!
http://otakuindustry.biz/archives/32871
完全新作のお芝居を、それも去年と同じ中村獅童さん、澤村國矢さんで格安で観られるなんて、これほど贅沢な話はない。

この記事では、技術や表現について。
続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。