スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レポ】「ボカロファンと歌舞伎ファンのオフ」って何をしてたのか? 

22日の「今昔饗宴千本桜 振り返り実況」で獅童さんがコメントにあった「ボカロファンと歌舞伎ファンのオフ会」というコメントをご覧になり、
「一体どんなだったんだろう」
とおっしゃっていたので、死蔵状態になっていたオフ会記録を掘り出してまとめてみた。

ことの発端は、歌舞伎に興味を持ったボカロファンの反応を見て、歌舞伎ファンの方から「歌舞伎面でいろいろ語りたいけど直接話した方が早い!」というツイートがあったことから。ならボカロファンには「オフ会主催の名手」キヨくんがいる、どうですかやりませんか、とけしかけて実施することに。
キヨくん主催のオフ会でよく使用するお茶の水の某バーで、当時まだタイムシフト再生期限ギリギリだったかの「今昔饗宴千本桜」千穐楽の映像を見ながら、まさにこのニコ生の振り返り実況みたいにして、お互いの知識を語り合って「今昔饗宴千本桜」を味わう、そんなオフ会だった。
歌舞伎サイドの皆さんからは、数多くの歌舞伎の基礎知識や「超歌舞伎」で用いられている数多くの歌舞伎表現の解説を通して、「超歌舞伎」が歌舞伎の表現をふんだんに使用した演目であったことが示された。殺陣も近代劇のものではなく舞踊をベースにした歌舞伎の殺陣であるし、中盤の見せ場に示される舞踊があり、古典歌舞伎の演目である「義経千本桜」に通じる衣装、道具、所作があった。デジタル技術と融合したわかりやすい新作でありながら、古くからの歌舞伎の表現をそのまま、かつふんだんに用いてその良さを表現する演目として、歌舞伎ファンの間でも大変評価が高かったという。
ボカロファンからは半透明のボードにミクさんを映してその場にいるように見せる技術や、ニコ生画面の天井やミクさん本体のAR技術、ミクさんの3Dモデルやその完成度(特に踊りの指先の驚異的な完成度)、「サイリウムの折り方」とか「振り方」の話もしたり。
またこのステージの裏方の技術者もコッソリいらっしゃっていて、そちら方面からの興味深い話もいろいろと伺った。
そうして歌舞伎、ボカロ、技術の3方面から映像を観ながら語り味わい尽くす、そんなオフ会。おそらくこのオフ会の参加者が「超歌舞伎 今昔饗宴千本桜」を最も味わい尽くした観衆となったのではないか、と思っている。

「続き」で、当時書いたメモ書きから、具体的にこんな話をしていた、というところを挙げていってみる。これからタイムシフト観る歌舞伎ファンではない皆さんも「へぇー」となる話がたくさんあるだろうと思う。
続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。