スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Capter 1-2. ボーカロイドってほんとに人気あるの? 

 ボーカロイドになじみのない皆さんには、一体何がすごいのか、本当に人気があるものなのか、ただのマニアのおもちゃじゃないのか、と考える方は多いと思います。
 この節では、ボーカロイドの人気と、その人気を生み出す原動力について、ご紹介したいと思います。

<ポイント>
・ボーカロイドは一部のマニアだけでなく、女子中高生にも定着してきている
・膨大な数の幅広いジャンルの曲が発表され、オジサンから若い女の子までひきつけられる曲が揃っている
・これを支えているのが膨大な数のアマチュア作家(プロデューサー・絵師)



1)10代女子に人気のボーカロイド

 2007年の登場当初は、まだまだマニアの趣味という域を出ていなかったように思います。TBSが「アッコにおまかせ」で放送したような、「薄気味悪いヲタクのおもちゃ」という位置づけはあまりに偏見に満ちていましたが、ニコニコ動画ユーザーや、デスクトップミュージック(DTM)という、パソコンで作る音楽の愛好者の中で盛り上がっていて、その技術のすごさも音楽性のよさも、一般の人にはほとんど知られていませんでした。
 しかし今では、音楽に敏感な女子中高生の間で、一般的な知識として浸透しているようです。
 ボーカロイドつながりで知り合った女子高校生の話では、クラスでも好き嫌いこそあれ、ボーカロイドを知らない人はあまりいないそうです。とある有名ボーカロイド曲作家――こうした作曲家はボーカロイドキャラをプロデュースする「プロデューサー(P)」と呼ばれています――がファンの女子中学生から、学校でもボーカロイドは当たり前のように話題に登る、と聞いて大変驚いた、とtwitterで語っています。給食の時間にボカロ曲が流される学校もあるようです。
 一方で男子中高生にはそれほど広まってもおらず、また30代以降の皆さんにはほとんど知られていないか、アニメの同類のように見られてしまっている部分があり、あまり普及していません。
 ですが、20代前半に多くの有名「プロデューサー」がおり、その世代には音楽のジャンルの一つとして普及しているため、そのうち一般的な存在になっていくと考えられます。


2)万単位の曲とカバーするジャンルの幅広さ

 ニコニコ動画には、ボーカロイドを使用した膨大な数の曲が、幅広いジャンルで投稿されています。
 投稿されたジャンルを示す「タグ」という機能で検索すると、「VOCALOID」と登録されたものだけでも11万6138件(11/22 14:00現在)。ランキング動画やアレンジPVなども含まれるため、全てが全てボーカロイド曲ではありませんが、特にここ1~2年は毎年1万に届く勢いで増えているのではないかと思います。
 また、ボーカロイドは声さえうまく調整すればどんなジャンルの曲でも歌いこなすことができるので、ほぼ全ての声を使うジャンルの音楽をカバーしています。そのため、若干機械的な部分の残る声に違和感さえ覚えなければ、誰もが何かしら、琴線に触れる曲を探し出すことができます。
 これが、オッサンと女子中高生という、全く違った音楽的趣向を持った人々を同時に引き寄せる、というボーカロイドの特殊性を生んでいます。


3)無数の「プロデューサー」とイラストレーター・動画作家(絵師)の存在


 この膨大な数の曲とジャンルの多様性を支えているのが、こちらも1万人レベルで存在するといわれる作家、「プロデューサー(P)」たちの存在です。コンスタントに曲を発表しているPはごく一部ですが、即売会に自主制作CDを出品するようなPだけでも数百人はいますし、新たにDTMを始める人々も現れています。こうしたPたちの着想とセンスにより、ボーカロイド曲の量と鮮度、多様性が保たれています。
 彼らの中には、玄人はだしの名曲を生み出す、生まれながらの稀有なセンスを持ったPも存在します。ニコニコ動画で絶大な人気を博し、メジャーの音楽業界に引き抜かれ、活躍する人もいます。
 「メルト」や「ワールドイズマイン」等、定番と呼ばれる曲を数多く作ったSupercellのryoさんは、自主制作したアルバムをソニーよりメジャー版として再販、10万枚を売り上げるヒットを記録しました。レーベル「EXIT TUNES」は有名Pの曲でコンピレーションアルバムを発表、「VOCALO GENESIS」でオリコンウィークリーランキング1位を獲得しました。
 ニコニコ動画は動画サイトであるため、音楽の背景となる絵や動画が必要です。Pの作品に絵やプロモーションビデオ(PV)を作成し彩りを添えているのも、やはりアマチュアのイラストレーターや動画作家、「絵師」と呼ばれる人々です。こちらも人気の差はあれども無数に存在します。人気のある楽曲にはいくつものPVが作成され、ニコニコ動画の視聴者の目を楽しませています。
 ボーカロイドの人気は、こうした「一般の人々」によって支えられているのです。
スポンサーサイト

Appendix 1 結局のところ「初音ミク」「ボーカロイド」って何なのよ 

 最近、特に海外では、「ミクの日感謝祭」の映像を通して、バーチャルアイドルとしての初音ミク・ボーカロイドが報道され、いわゆるヲタ趣味の一つ、というとらえかたをしている方も少なくないと思います。
 もちろん、マニアックな趣味、という一面もあることは確かですが、決してそれだけではない、ということを、改めてお伝えしたいと思います。

※実のところ「ボーカロイドってどんな存在なのか?」というのは、ボーカロイド界隈でも個々人によって考え方がまちまちです。この記事の内容は、あくまでぶっこが、ボーカロイドを知らない方に向けての説明として述べるものです。

 ボーカロイドには、2つの側面があります。歌を歌っているボーカリストという側面と、歌声合成ソフトという側面です。

1.ボーカリストとしての側面

 ボーカロイドは、作家の作る曲を歌う「歌い手」です。最近流行の「○○ feat.△△」の△△の人と立場上は同じです。初音ミクを使った曲は、初音ミクが歌っている、と言うことができます。
 「初音ミク」はあくまで仮想的な存在で、現実にいるわけではありません。従って「feat.△△」の実在する歌い手と全く同じように考えることはできません。MCもできませんし、プログラムされたとおりにしか歌えません。そういう点で、初音ミクそのものがアーティストとして同列で考えられるべきものではありません。
 ですが、その声は「初音ミク」のものであり、歌い手と言う立場であることは確かです。ですので、初音ミクがステージに立てば、ファンは歌い手として初音ミクを扱います。ゲームとしての盛り上がりや「ミクの日感謝祭」の熱狂振りは、こうした認識の上に成り立っています。
 特に、画面の外に出てくるとは思わなかった存在が舞台に立っている(そう見えるだけで、相変わらず画面から出てきてないんですが)、という体験は近未来的でもあり、技術に対する驚きとともに、ファンの熱狂を支えました。
 バーチャルアイドルとしての「初音ミク」は、ボーカロイドの歌い手としての側面によって成り立っています。

2.歌声合成ソフトとしての側面

 上記でも記しましたが、ボーカロイドは歌い手ではありますが、あくまでソフトウェア、楽器の一つであって、人間の歌い手さんと一緒ではありません。
 ボーカロイド曲でアーティストの役割を果たしているのが、プロデューサー、Pさんと呼ばれる作家の皆さんです。ファンはボーカロイドの声そのものに魅力を感じていることはもちろん、「○○さんの曲」を求めて集まっています。曲の音楽性は、こうした作家の皆さんによって既定されています。
 ボーカロイドはプログラムなので、プログラムどおりにしか歌いません。逆に言うと、どんな音楽性であっても、その能力の範囲内で「○○さんの音楽」を表現できます。
 今年、ニコニコ動画では「般若心経祭り」と言われる現象が起きました。般若心経を歌詞として、作家たちが競い合うように曲を作ったのです。ポップ、ロック、ハードコア、バラード、テクノ、ラウド、デジロックなどなど…。作家が作曲してしまいさえすれば、どんな曲でも表現できてしまうのです。多様な音楽を表現する楽器・技術でもある、というのが、ボーカロイドの重要な側面の一つです。

 ボーカロイド・キャラクターが歌い手のイメージとして、バーチャルアイドルとしての見た目で、多くのファンを獲得するのに貢献してきた部分はとても大きな物があります。ですが、ファンはそれだけを求めているのではなく、その独特の歌声と、それを利用した作家のみなさんの音楽性にひかれ、集まってもいるのです。
 歌い手が実在しないキャラクターだからといって、特別なことはありません。一般的なアーティストにひかれる人々と、基本的には変わりないのです。

Chapter 1-1.「初音ミク」「ボーカロイド」ってそもそも何なのか(2) 

<ポイント>
・ボーカロイドとは、VOCALOIDを利用した歌声合成ソフトの総称である
・別の歌声合成プログラムを利用したものもそう呼ばれることがあるが、分けるべきだとの議論もある
・マスコットキャラクターについても「ボーカロイドキャラクター」と呼ばれる。
・これらのジャンルの名称として「ボーカロイド」が使われることがある。


2)「ボーカロイド」って何なのか

 「ボーカロイド」とは、もともとはヤマハが開発した歌声合成技術・プログラム「VOCALOID」シリーズのことです。2003年に発表された「VOCALOID」、2007年に発表された「VOCALOID2」があり、近年各社から発売されている合成音声ソフトは「VOCALOID2」を使用しています。2010年11月現在、次世代プログラム「VOCALOID3」が開発中となっています。
 企業はヤマハからこの「VOCALOID」プログラムを製品に使用するライセンスを取得し、専用の歌声データベースを作成することで、歌声合成ソフトウェアとして販売することができます。こうして作られた製品のひとつが「初音ミク」です。
 VOCALOIDをベースとした歌声合成ソフトは、「初音ミク」以外にも、国内外7社から23種類が発売されています。これらの製品については、数が多いので、この節の「続き」に記載しました。
 これらVOCALOIDを用いた歌声合成ソフトが総称して「ボーカロイド(ボカロ)」と呼ばれ、ボーカロイドで作られた曲を「ボーカロイド曲(ボカロ曲)」と呼ばれています。

 歌声合成ソフトは、VOCALOIDを使ったもの以外にも、アマチュアのプログラマが作成しシェアウェアとして公開している「UTAU」というソフトウェアが存在します。VOCALOID製品と比べると機械的ですが、調整と曲次第では十分な歌声を合成できる他、既成の音声データだけでなく、自分で作成した音声データから歌声を合成することができます。
 この「UTAU」で作られた曲も、広い意味で「ボーカロイド曲」と呼ばれることがあります。ですがUTAUとVOCALOIDでは音声合成の方式も全く異なるため、「ボーカロイド」と「UTAU」はきちんと使い分けるべきである、という意見もあります。

 さらに、昔からある、声をサンプリングして周波数を変えることで歌声を作る方法でうまく歌わせる技術を持った人たちも、ニコニコ動画に自作曲を挙げ、人気を博しています。これらは「人力VOCALOID」と呼ばれています。これらの曲はさすがに「ボーカロイド曲」とは言いづらい…と思います。

 これら製品のパッケージにつけられたマスコットキャラクターについても、同様に「ボーカロイドキャラクター(ボカロキャラ)」もしくは単に「ボーカロイド」と呼ばれます。
 緑のツインテールの「初音ミク」、金髪の少年少女である「鏡音リン・レン」やインパクトのある顔立ちをした「Sweet Ann」などのパッケージに載っているキャラ以外にも、声のイメージだけで勝手に作られたLEON(パンツェッタ・ジローラモ氏の似顔絵が使われることが多い)なども総称して呼ばれています。
 さらに、これらのキャラクターの見た目・設定を改変して作られた「派生キャラ」というものも存在し、これも広い意味で「ボカロキャラ」と呼ばれます。これらは本当に数が多く、別項にて付録として取り上げますが、有名なキャラを3つ。
・亞北ネル:金髪の初音ミクベースのキャラ。ボーカロイドの盛り上がりを斜めに見て貶す発言を続けた人物がモチーフ。
・弱音ハク:銀髪の初音ミクベースのキャラ。ソフトウェア「初音ミク」を買ったものの曲が作れず挫折し「弱音を吐く」ユーザーがモチーフ。
・咲音メイコ:MEIKOを幼くした外見のキャラ。現在(ピー)歳のMEIKOの16歳当時の姿とされ、ニコニコ動画では一昔前のアイドル曲をカバーしていることが多い。

 また、イベントや同人ショップなどの店頭では、こうした合成音声ソフトを利用した楽曲やキャラクターを描いた書籍の類のジャンルの名称として「ボーカロイド」が使われることがあります。
続きを読む

Chapter 1-1.「初音ミク」「ボーカロイド」ってそもそも何なのか(1) 

 この記事では、ブログを通しての用語の定義も含めて、「初音ミク」と「ボーカロイド」についてご紹介していきたいと思います。

<ポイント>
・「初音ミク」は歌声合成ソフトウェアのひとつ
・そのソフトウェアのマスコットキャラの女の子の名前が「初音ミク」
・キャラはアニメっぽくても、どんな曲でも歌う
・合成音声技術=「初音ミク」、というわけではない


1)「初音ミク」って何なのか

 「初音ミク」とは、そもそもは音楽制作ソフトの名前です。昔からパソコンを扱ってる方は事務系ソフトの「一太郎」とか「花子」とかご存知かと思いますが、それと同じです。
 このソフトウェアには、藤田咲さんという女性の声優さんの歌声を要素ごとに収録・編集したデータと、そのデータから歌声を合成するプログラム「VOCALOID2(ボーカロイド2)」が入っています。これにより、藤田咲さんの歌声に近い歌声を合成し、好きな歌詞を歌わせることができる、そんなソフトウェアです。
 従来、個人で曲を作るにあたり、シンセサイザーでバンドの音を作ることはできていましたが、歌の入った曲を作るためには、自分で歌うか誰かに歌ってもらうかしかありませんでした。でもこのソフトウェアで歌声を合成すれば、自分が歌が下手でも、歌手のつてがなくても、歌声入りの曲を作ることが出来ます。
 こういうソフトウェアはもっと前からありましたが、比較的簡単に人の声に近いものが作れることから爆発的な人気を得たのが「初音ミク」です。
 歌声合成プログラム「VOCALOID2」はヤマハがスペインの大学と共同で開発したもので、このプログラムのライセンスを取得し、藤田咲さんの音声データを作ってソフトウェア製品として発売したのが、札幌市にあるクリプトン・フューチャー・メディアという音楽制作ソフトウェア開発や音源の作成・提供を行っている会社です。

 ソフトウェア「初音ミク」には、曲を作ったり聞いたりするにあたって「歌っている人」をイメージをしやすいように、とパッケージにつけられたマスコットキャラクターがいます。
クリプトン|VOCALOID2特集・初音ミク
 この緑の長いツインテールの女の子キャラクターの名前が「初音ミク」です。マスコミ報道では、マスコットキャラクター名としての「初音ミク」という意味でよく使われていることが多いです。初のVOCALOID2を使用した歌声ソフトウェアとして、「初」めての「音」が「未来(=ミク)」からやってくる、という由来で名づけられました。
 「初音ミク」で作られる曲のよさと、またキャラクターの外見も受けたこと、またクリプトン社が「ルールを守ってくれればこのキャラを使ってお絵かきしたりグッズ作ったりしてもいいですよ」と発表したおかげで、キャラクターとしても大きな人気を得ることとなりました。

 歌っている人をイメージ、と言っても、アニソンばかり歌う、というわけではありません。歌声合成ソフトウェアなので、歌わせれば何でも歌います。もっとも得意とするテクノ系はもちろん、ジャズやR&B、オペラ調や民族音楽調の曲もこなしますし、ハードロックやラウドでデスボイスを披露することすらあります。
 なので見た目が若干アニメっぽいからといって「そっち系」と判断するのは早計です。実際どんな曲を歌っているかは、後の章でもご紹介しますが、ニコニコ動画を検索してみたり、知ってる人に聴かせてもらうといいかと思います。

 そして、この「初音ミク」で作られた曲があまりにも多くなったせいで、同様の歌声合成ソフトや歌声合成技術が「初音ミク」と呼ばれてしまうことがあります。コピー機を「ゼロックス」と言ったり、家庭用ゲーム機を「ファミコン」と言うのに似ています。
 ですが、それぞれの歌声合成ソフトは、声質からして全然違います。「初音ミク」は女声ですが、男声のソフトもあります。これらを全部「初音ミク」と言ってしまうのは、PS3からゲームウォッチまでを全部「ファミコン」と言ってしまう様なものです。
 なので、歌声合成ソフトや合成技術の総称として「ボーカロイド(ボカロ)」という言葉が使われています。…実はVOCALID以外の合成音声プログラムもあるんですが、総称としてはこう呼ばれています。コピー機=「ゼロックス」レベルですね。この呼び方に対しては、VOCALOID製品とそうでないものは厳密に分けるべきだ、という意見があります。

Chapter 1 初音ミクとかボーカロイドとかって何? 

 会社の同僚にハマってる人がいる、最近娘さんが興味を持ち始めた、テレビで見かけたなどで、「初音ミク」や「ボーカロイド」といった言葉を耳にされた方が多いと思います。
 しかし、発売から3年が経過した今も、マスコミを通した情報は限定的であったり、一部のマニアのお遊び、という見方であったりと、必ずしも的確に表現してくれているものだけではないのが現状です。身近のファンのマニアックな言動から、マニアックなモノと見られてしまっているかもしれません。
 ボーカロイドに、そうしたマニアックな側面があるのは確かです。しかしながら、音楽制作に技術革新をもたらしたツールであり、また製作されている作品も、いわゆる「ヲタク」と言われる人々が好むマニアックな作品だけではなく、広く人々に好まれる曲も作られています。

 この章では、「初音ミク」や「ボーカロイド」とはどのようなものか、という点に焦点を当て、ご紹介していきたいと思います。

1-1.「初音ミク」「ボーカロイド」ってそもそも何なのか
1-2. ボーカロイドって本当に人気あるの?
1-3. 革命的な技術・ボーカロイド
1-4. ボーカロイドで作られた曲

Chapter 0 はじめに 

 最近、少しずつ表舞台に顔を出している「初音ミク」。5月には人気のある曲を集めたコンピレーションアルバムが、オリコンでウィークリー1位を獲得、携帯ゲームサイトGREEのCMにも、SEGAがゲーム用に作った「初音ミク」の3Dキャラが登場しました。10代女子の間でもボーカロイド曲は人気があり、一般的なものとして定着しつつある、という話もあります。
 ですが、インターネット・サーフィンをあまりされない方には、「初音ミク」「ボーカロイド」については、ご存じない方が多いと思います。会社の同僚や、中高生の娘さんが興味を持ち、それで知った、という方も多いと思います。
 2007年の「初音ミク」登場以来ボーカロイド曲を聴いてきた「聴き専」の一人として、特に大人のみなさん向けに、「初音ミク」と「ボーカロイド」を紹介していこう、というのがこのブログの趣旨になります。

 このブログの記事は、あくまでもいち個人の見解に基づくものです。事実の確認や詳細については、各自でgoogleなどで検索し、ご確認いただくことをお勧めいたします。
 ご意見・ご感想につきましては、コメントやメールにて受け付けております。ぶっこ本人の忙しさ具合と気分によって返答の内容や速度に差が出ますが、ご了承ください。

続きでは、私自身についてのご紹介を記載しています。どんな奴が書いてるかについてご興味がありましたら、ご参照ください。
続きを読む

【お知らせ】FF11引退&ブログ内容変更 

このところ全然更新無くて全然申し訳なかったのですが…FF11、9月末で引退しました。

正直この1年くらい、LSの仕事があるから、でログインしてるだけでした。
で、もうそろそろいいかなぁ、と思い始めた頃に、リアルの仕事が忙しくなって、これ以上続けていられないし、レベル上限開放で空NMもLSでなくても狩れるようになったし、ということで、9月末で空LSも解散させてしまいました。
仕事が落ち着いたら復帰を、と考えていたんですが、もうないと思います。始めるとしてもFF14かMHFか…少なくとも、ヴァナにはたぶん戻らないです。

で、今はボーカロイド曲中心の生活を送っているのですが、ずっとやりたいと思っていた、ボーカロイド紹介ブログを始めることにしました。
と言っても最新情報などについてはよりよくまとめられたwikiなどがあるのでそちらにゆずるとして、
このブログでは、
「最近よく耳にする『初音ミク』って一体何なの?」
「娘が最近はまっている『ボーカロイド』っていうのがいまいちよくわからなくて…」
という方に対するボーカロイドの紹介と、ボーカロイド界隈のtwitterなどで語られている話に対する、ぶっこなりの考察を気ままに書いていく、そんなブログにしようと思います。

そんなわけで、「ぶっこ旬報第4期」、よろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。