【FFXI】第二陣出しますw 

前回の固定メンバーの分の攻略を進めるため、
20日の夜にヴォンヴァズBCの再戦をすることに決定。
前回ヴォンヴァズBC手前まで一緒に行った人にもお声がけして、現在5/6。
いい感じですw

PMLSを拡張するかどうか、メンバーと相談してみよう。
スポンサーサイト

【FFXI】ヴォンヴァズBC、クリアしてきました 

スケジュールの調整不足で人が集まらず、予定より3時間遅れで開始。
1戦ミスで失敗したものの、何とかクリア。
メンバーの皆さんに根気よく待っていただけたことに感謝。

このところずっと黒ばっかりやってたから、ナイトのとしての勘がいろいろ鈍ってた。
LV50のナイトはMPの使い回しのしかたがずっとシビアだな~…。

次は「みっつの道」なんだが、これがまた敵の多いBCばっかりらしく。
マメットにしてもヴォンヴァズにしても、複数敵がいるBCは辛い。

固定でやっているメンバーのうち、1人が仕事の関係で離脱気味、
1人は昨日ログインしてこなかったのでおいてきてしまった。
LSメンもお手伝いしてもらえるということで、彼らの分はまた別に企画しないとな。

そろそろ、BukkoToursのメンバー拡張しちゃおうかな。
この企画続けてて思ったのは、ミッションを放置してる人がまだかなりいて、
シャウトさえあれば乗っかろう!と言う人がとても多いこと。
その証拠にシャウトで人を集めるたびに、大抵1名は、
「野良でシャウトを待っているがなかなか進まない」という人が見つかる。
そういう人を次々拾っていけば、12人集まりそうなわけで。
12までいかなくても、日にちや時間ずらして1便・2便にすればいいし。
きちんと事前に相談しておけば、自分がいない週の土日でやってもらう、
ということもできるだろうし。
続きを読む

【FFXI】近況 

今月に入ってからスキー行ったり仕事だったりで大してやってないんだけどね。

・暗黒スキル上げ
 レベル上げでのあまりのスタンの時間の短さに驚愕。
 普段白さん赤さんのディアに遠慮してバイオは打たなかったのと、
 アスピル使っても吸収量1ケタとかでまるでつかってなかったのがたたった。
 ズヴァール城の入り口の楽デーモン・アーリマンにスタン>バイオ2>逃亡。
 2時間ほどで49→69になった。
 敵のレベルが一番下でLV48らしいので、黒LV48のキャップになる147まで上がったら、
 黒レベル上げを再開しようかなと。

・黒AFクエスト「思ひ出」
 ウィンダスの博士に振り回されつつイベントをこなす。

 ラススさ~~~ん;;
 フィックの話以来ですよ、えぇ;;

 ん…まてよ。
 20年前の水晶大戦の頃だよな。
 ウィンダスの戦況がだんだん「悪化してた」頃だよな。
 その頃に「クロウラーの巣」に行ったんだよな。

 …もしやアルタナエリアにいるんじゃないか?
 クエストで実装されたりしないかな~。

・PM5-3 ヴォンヴァズBC 3/16 20:00開始
 これは前行ったときにわかってるので。
 6人全員で驚・迷・脅3つ揃えといて片っ端から突っ込めば、
 ほぼ間違いなく倒せるかなと。
 デムボスをアニマなしでいってみたいところだけどなぁ…。

・ENM
 毎週金曜の、LS主催のENM。大抵忍者で出動。
 地味に上がって現在LV49。装備も忍術もスキルもスッカスカですがねw

【日記】あまりにも衝撃的だったのでin野沢温泉 

mixiだけでなくこっちにも書いてみる。

日曜日の野沢温泉スキー場、もうすぐ12時という頃合。
やまびこゲレンデから戻り、一旦下まで降りるか、
とスカイライン連絡リフトに乗ろうとした時のこと。
リフト乗り場の前のほうの人が「かぶりものだ!」って騒いでる。
ここのスキー場、馬とかかぶってすべる人よく見るからな~、
と気にしてなかったんだが、リフトに乗るタイミングで振り返ってみた。

金髪に大きな真っ白なリボンが耳みたいに生えてる。
白地で襟にオレンジの線の入ったセーラー服で、腕に黒いの巻いてる…
ってもしや鏡音リン!?
いや間違いない、どー見ても鏡音リンだ。
リフトを降りた後、あわてて引き返すと…。

10人ぐらいのコスプレイヤーさんの集団が、長峰ゴンドラの駅の前に。
例の人はやっぱり鏡音リンだった、というか初音ミクもいるじゃないかww
まぁ中身は男性だったけどねw
写真撮っていいですか~?とコミケのノリで話しかけようとしたら、
囲みを解いてリフトに向かってしまったので、それは断念。
でも行き先がスカイライン連絡リフトだったんで、
後をつけるように乗る結果に。
ちなみにリンちゃんはボーダーですたw

他にも巫女さん・ファンタジー少女・制服少女の三人組
(この人たちも全員男性w)がいたり。
あのヒラヒラした袴で、
中級指定のスカイライン上部を滑ってこれるのは、すごい技術だと思う。