スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしい画像 

昔撮ったSSを整理していて、懐かしいモノを見つけた。

20051031.jpg


リスボンのクリスティナさん曰く、変態仮面はかっこいいそうだ。

さらに懐かしい画像は続きに…。
続きを読む
スポンサーサイト

Blog移設 

DoblogからFC2blogに移設を始めました。
10/30以降の日記はこちらからどうぞ。

続きを読む

ということで、自作しました 

昨日のロコモコがあまりにまずかったので、
スーパーで材料買ってきて自作。
スーパーで作ったハンバーグ買ってきたんだけど、
つなぎのパン粉が多いのか妙に硬く分厚くて焼きづらい。
それなりにうまかったけど、
やっぱりハンバーグはたまねぎとひき肉だけのがいいね。

そして今夜はすき焼きもどき~

ぶっこのスペック 

■基本スペック
HN:ぶっこ
性別:男
職業:システムエンジニア
年齢:20代後半
活動拠点:【リアル】東京都下 
     【ゲーム】『大航海時代Online』Zephyrosサーバ
外見:デブキャラ。上野の西郷隆盛像に近い
趣味:ネットゲーム、国内旅行(温泉・グルメ系)、ドライブ、スキー
好物:冷やし麺、甘いもの、カレー、ねばねば系、お茶
苦手:酒、宴会、絶叫マシーン、注射
性格:おっちょこちょいですぐ焦る。要領は大変悪い。
   責任感はあるらしいが、その場で思いついたいい加減なことを言う癖がある。
   おだてられやすく調子に乗りやすい。アルコールがなくても酔える。
   親友や恋人に見せる顔とその他の友人に見せる顔が全然違う。
   基本的に一人が好きだが、たまに人恋しくなることがある。


詳細スペックは続きに…。
続きを読む

移行開始! 

純粋な日記サイトから、Doblogに移って数ヶ月。
あまりの不安定さと画像表示の使い勝手の悪さに我慢がならなくなり、
もっと軽くて使いやすいものはないか、と調べていったところ、
このFC2blogにたどり着きました。
試しに作っていろいろいじってみて、
カスタマイズの幅と使いやすさに驚愕。

まだカウンターやアクセス解析など、
カスタマイズできてないトコロはたくさんありますが、
ゆっくりと手をつけられれば、と思っております。

今後とも、よろしくお願いいたします。

ロコモコ~ヽ(`Д´)ノ 

雨が降ってるような降ってないような微妙な天気の中、
どうしてもドライブ行きたい!ということで、筑波山まで。
といっても出る時間が遅すぎたので現地に着いた頃には真っ暗、
天気も悪く夜間ロープウェイ運転も中止。

まぁ運転楽しめたからいいや、と帰りにお台場に寄ったのだが、
アクアシティで食ったロコモコがまずかった…orz
舞浜のハンプティー・Dがつぶれて謎の女性専用エステとなってしまい、
おいしいロコモコ食いたいと思って、せっかく見つけたお店なのに…。
ソースもイマイチだったし、何よりあの薄っぺらで味のないハンバーグ…

うまいロコモコ出すお店、教えてくれ~;;

引越し準備中… 

これまでDoblogを使っていたんだが、
あまりに重いのと、貼り付けた画像があまりにも小さく、
ゲームのblogとしての利用がイマイチ、
ということで移転を検討中でございます…。

文章追加時の稼動検証テスト。(2006/4/7)
続きを読む

【大航海時代Online】半壊 

前日、引退する方がいらっしゃる、ということで、
IRCの雑談ルームではじけてみた。
…名実共に「変態」の称号をいただきました(爆

いや俺は別に「変態」じゃない、至っておとなしい人間ですよ。
ただスイッチ入れられると、
収集つかなくなるレベルまで飛んで行くってだけですから!
そのスイッチがアルコールじゃない、てだけの話でさ…。

えぇ、あの壊れきった会話してる時、
ノンアルコール状態でしたよん。
直前まで、商会長からもらったすごいにおいのする中国茶を、
「これは強烈なマズさだな…」
とか言いつつすすってましたよ。

…って頼むから引かないで;;
俺の場合アルコール入ってない=シラフじゃないから!
何も無くてもヒューズ飛ばせるんだってばさ!
だからウーロン茶のみで明け方まで酔っ払いに付き合ったりできるのです;;

楽しんでいただけてたようなので、何よりですが…
引いてた皆さん、スミマセン…;;

続きを読む

【大航海時代Online】半壊 

引退する方がいらっしゃる、ということで、
IRCの雑談ルームではじけてみた。
…名実共に「変態」の称号をいただきました(爆

いや俺は別に「変態」じゃない、至っておとなしい人間ですよ。
ただスイッチ入れられると、
収集つかなくなるレベルまで飛んで行くってだけですから!
そのスイッチがアルコールじゃない、てだけの話でさ…。

えぇ、あの壊れきった会話してる時、
ノンアルコール状態でしたよん。
直前まで、商会長からもらったすごいにおいのする中国茶を、
「これは強烈なマズさだな…」
とか言いつつすすってましたよ。

…って頼むから引かないで;;
俺の場合アルコール入ってない=シラフじゃないから!
何も無くてもヒューズ飛ばせるんだってばさ!
だからウーロン茶のみで明け方まで酔っ払いに付き合ったりできるのです;;

楽しんでいただけてたようなので、何よりですが…
引いてた皆さん、スミマセン…;;

【大航海時代Online】いろいろ書いてみたり 

なんだかいろいろ騒いでる人いるみたいだけどね。
明らかにどこぞの工作員みたいなのはスルーで。


■青ゾーン引きこもり戦術のコト
 いや、あれ戦術じゃないから。
 単に「押し込まれただけ」だから。

 ブイだってちゃんと「3400ライン」ていう、
 青ゾーンちょい外側まで出てたんですよ。
 海戦すぐはそこに確かに前線あったんですよ。
 あれを押し込んだのはあんたがたでしょうが。

 「おしこめー」ってイスパ陣営のシャウトも聞いたんだけどね。
 自分達で押し込んどいて「引きこもり」ねぇ…w


■突撃警告シャウトのこと
 2日目にブイ部隊が出したイスパニア突撃警告シャウトを
 「偽装シャウト」だと国内に触れ回ってるみたいだけど。

 あの警告の開始って、
 イスパニア陣営が「突撃開始命令」出した後なんだよね。
 全く同じタイミングで「おしこめー」ってシャウト聞いたし。
 フォーマットが紛らわしいかどうかなんて考えてもいなかった。

 だいたい前日は「ブイライン解放」って表現だったと聞いてるよ。
 だからこっちは「突撃開始!注意!」ってフォーマットにしたのに。
 たまたまフォーマットがぶつかったからって「偽装」ですかw

 こういうこともあるから、連盟チャット実装して欲しいんだよね…。
 紛らわしいシャウトしたくてしたわけじゃない。
 仕様と時間の兼ね合いからのしかたのない措置。


■とあるブイメンバーのこと
 某ブイメンバーが変な工作したとか流してるみたいだけど。

 うちのブイは人手不足でもなんとか有効にデータを取れるように、
 一人一人に限界まで頑張ってやってもらってる。
 今でさえオーバーワーク気味だってのに、
 工作なんかしてる余裕ないんだよね…。
 あったら別の仕事お願いしてるし♪

 そういえば僕がブイの最中に某掲示板で工作した、
 とかも前書かれてたね。
 誰でもできると言っても、
 ブイの仕事を甘く見ないで欲しいね…。
 片手間じゃできないからこその充実感・達成感があるから、
 ブイ部隊って毎回すさまじい盛り上がり方するんだよ。


■ポルトガル陣営が工作したと言われてること
 これも上と同じ。
 相手方の兵力差があきらかにデカイって時に、
 のんべんだらりと謎の艦隊なんて浮かべてるヒマあると思う?

 しかも、ポルトガル人の自由な気風を守った上での統制を取るために、
 自慢の情報網で戦場の情報が高速回転してるんだよね。
 ポルトガル人の誰一人、メインキャラの画面から目が離せないよ。


■エース艦隊の位置のこと
 んなもんしらねーよ(爆
 その艦隊がそれがよかろうと思ってそっち行ったんだろ。
 そこまで誰も強制はできん。

 イスパ精鋭の暴言吐き散らしを何とかしてから物を言え。


■帆の色の偽装のこと
 これは俺は、ポルトガルの戦果の一つだと思ってる。
 あのイスパニアにこんな手段を取らせた、ってことは、
 ポルトガル陣営の強さを認めたことになるからさ。


■イスパ精鋭の暴言のこと
 これも俺にとってはニヤニヤポイントだったな。
 これだけ相手をいらつかせる動きができるポルトガル。
 強くなったな~、って心から思ったよ。

 大体図体のでかい船ぞろぞろと引き連れといて、
 「逃げんな」ってふつー逃げるだろw


■イスパニアの行動に対する対処について
 俺がもずく氏の謎スレにちょろっと書いたのを揚げ足とって、
 「次回は荒れるね」とか言ってた人。
 えげつない対策しか思いつかないあんたが荒らしてるんだろ?

 別にえげつない手も使おうと思えば使えるよ。
 でも、次回当たるであろうイングランドは立派だと信じてるから、
 ブイに関しては、正々堂々とした対応を取らせてもらいますよ。
 …といっても戦争は戦争なのでそれなりにえぐいのはご容赦を。

 国別シャウトがなかった頃、ディヴに来たイング海賊さん。
 俺が警告シャウト流したら、
 海賊らしい名乗りで対抗してくれたよね。
 あぁ、この人たちすごく海賊らしいなぁ、って関心したよ。

 一方でアンコナ後のアビジャンにいたみなさん。
 …多くは言わないけど、あのヤクザまがいの恐喝行動、発言
 俺はあれでイスパニアの国旗を色眼鏡で見るようになったよ。
 今回の大海戦でも、やっぱりそういう国なんだな、と再確認。

 そういう国にはそういう扱い…をするかどうかはわからないよ、
 俺の提案が必ずしも通るってもんじゃないから。
 俺はイスパニアを「そういう国」として見て対策を練るし、
 「そういう国」にふさわしい扱いを提案する。


長くなったけど、まぁ、こんなとこかな。

続きを読む

【大航海時代Online】3日目:総合引き分け 

イスパニアはやはり強かった。
開始直後から安全圏境界に詰め寄られていると厳しい。
詰め寄れるだけの部隊を配置し待機できている、
というイスパニアの十八番にしてやられた。

それでもなんとか後半を耐え切り、勝敗全く同じのドロー。
統制が取れ、質も高い1.4倍のイスパニア連合軍を前に、
ポルトガルにとっては勝利に等しい戦果と言える。

ブイ部隊の働きは、今回大きく評価された。
よく知った間柄である全体指揮メンバーからはもちろんのこと、
ネーデル部隊の方からも評価をいただけて、
毎回ルームに入れてくれと要請をいただけたことがうれしい。
「ブイ情報なんか要らない、勝手にやらせてもらう」
そう言われるんじゃないかとヒヤヒヤしてたから。

功労者として一番に名前を挙げてもらったけど。
僕は人を集めて話をまとめてただけで、
実際に仕事をがんばってくれたメンバーが一番の功労者。
あのメンバーがいなかったら、何もできなかった。
だから…最後に全員の名前を挙げさせてもらった。
本当にがんばったのが誰だったのか、知って欲しかった。
教会中とログをうめつくす割れんばかりの拍手をいただいて、
本当にうれしかった。
あの場でブイプレイヤー全員を祝福してくれたみんな、
そして、実際にがんばってくれたブイのみんな。
ありがとう。

ポルトガル・ブイは、これからもまだまだ進化する。
さらに正確で緻密な情報を提供できるように。
防衛型だけでなく攻撃型でも対応できるように。
そして何よりも、ブイ参加したメンバー全員が、
楽しく充実した時間を過ごせるように。

【大航海時代Online】2日目:かろうじて勝利 

カサブランカは安堵のため息に包まれた。

中盤の追い上げで、勝利数2差まで詰め寄られ、
最後の10分でイスパニア連合による突撃作戦。
今までずっとこれにやられてきてたから、敗戦も覚悟してた。
そして、最後の5分というところで嵐。また、神風?
イスパニア連合軍の悲痛な叫びが…。
試合としてはなんだかなぁ、というところもあるのだが、
劣勢のポルトガル軍にはうれしいことではあったし、
何よりとってもドラマティックな展開だから、
それはそれでよかったのかなあと…。

何よりも、ブイ部隊への評価がとても高かったこと。
6月からずっとブイを見てきてくれていた軍人さんから
「ブイがいなければ勝てなかった」と評価されたことはもちろん、
今回の連盟相手であるネーデルランドの方からも
「適切な情報が得られた」との評価を頂いた。
これほどうれしいことはない。

「ポルトガルにブイ部隊あり」
アンコナの3日目に、目標としてきたこと。
”カリスマ的な人と縁の下の力持ちがいないと実現できない”
といわれた夢の戦術を支えるバックボーンを創ること。
ブイ担当のすばらしいメンバーに支えられて、
それはもう目の前まで来てるように思う。

今日はその集大成を見せるとき。頑張ろう!

続きを読む

【大航海時代Online】1日目:やや優勢 

そしてカサブランカは沸いた…のかと思ったら意外と冷静だった。
途中圧倒的勝利だったのが、終盤追いつかれたからか。
この冷静さ、サンジョルジュからまたさらに強くなった感がある。

ブイもすっかり手馴れたもので、情報も至ってスムーズに流れている。
でも今回は自慢だった拡張性や連絡方法に大きな問題があって、
改善点がいつものように続々と出てきた。
会議で上げられたブイへの要望もいっそうレベルが高くなってきて、
情報ベースとして一段と洗練されたものが求められてきている。

アンコナでは、とりあえず人を集めることをするのが精一杯だった。
サンジョルジュでは、ブイの組織を固めることに専念していた。

カサブランカでの目標は、参加者の意図を取り込み反映するブイ。
参加者が本当に欲しい情報を確実に取り込み、伝達する。
その情報をもとに、参加者が自然と適切な戦略を判断できる、そんなブイ部隊。

2日目の今日、ポルトガルブイ部隊の真価が問われる。

続きを読む

【大航海時代Online】今回も、ブイやります 

重ガレー乗れるようになったんだけどね。
それでも戦闘よりもブイの方が得意だから。

またまたメンバーに助けられ、新メンバーも迎え、
同盟国のメンバーも迎えることができた。
ノウハウは流出してしまうけど、
共同作戦である以上やむをえないというか。
この不利な状況でしかたなくとはいえ、
こうして仲間として名乗りをあげてくれた国、
丁重にお迎えしないといけないと思うし。

今回もメンバーがすばらしい地図を作ってきてくれた。
初期配置で誰がどう配置されるかもはっきりわかる。
この図とラグ情報ブイからの情報があれば、
戦場がどんな感じになってるかは一目瞭然!

いよいよ楽しみになってきた。がんばりますよ~~ヽ(´▽`)ノ

続きを読む

【大航海時代Online】変態コーディネートランクがあがりました! 

顔全体をすっぽりと覆う鉄仮面。
黒光りする鉄の篭手。
そして半裸にフンドシ、背には槍!
そしてもちろんはだしです。

もう、どこからどう見ても不審者!
これ以上インパクトのあるコーディネートはないだろう!!


なーんてやってたら、たまえもんさんに会いました。

しゃきーん
ってホラかっこいいw


二人でガッツポーズしてみました。

たまえもんさん、ありがとうございましたヽ(´▽`)ノ


続きを読む

ボーリング行こうとしたら… 

駐車場の入り口のところに看板が。
「只今1時間待ち」
連休とはいえ午前10時だぞヽ(`Д´)ノやってらんね
てコトで、さくっと行き先変更。高尾山でとろろそば!!

行く前にインターネットで調べてみたら、
「1回1000円の駐車場しかなく、
 食うだけに1000円は痛いから帰ってきた。」
ってブログを見つけてたんだけど、
まぁついでに遊んでいけばいいだろー、
どうせ何軒も回るしな(ぉ
ということでクルマで直行。

ブログにもあった高尾山口駅前の駐車場に停めたのだが…
5ナンバーで前後ギリギリってスペース狭すぎ。
後ろぶつけてちょっとヘコんだ(´・ω・)

で、実際はお店の駐車場てのがあって。
これ晴れてたら満車なんだろうけど、
このしとしと雨のおかげでガラガラ。
こっちにクルマ回してもよかったけど、それはそれで。

まずは「元祖トロロそば」って出してる店で、暖かい版を。
なんかすごいな…トロロ泡だってる。
目の細かいおろし金で擦るとこうなるんだけど、
自分で作るときここまで気合入れて擦らないよな…。
ふわふわとろっとろでとてもうまいヽ(´▽`)ノ
汁まで全部飲んでしまった。

雨ってこともあり、山頂まではケーブルカーで。
ふもとでちょっと前のめりからのスタートだが、
ゴール寸前のキツイところにあわせてあるので問題なし。
むしろその地点では逆に前が上がるぐらいになる。

で…まぁ見事に霧で煙ってたわけですが。
見晴らし台のところに「かすみ台」って書いてあって…
確かに思いっきり霞んでますな。何も見えん(爆

山に向かってすぐのところに、タコ杉というのがあって。
「道を切り開くためにはコイツ伐採するしかないねぇ」
と言ってたら、根が急激にカーブして避けてくれた、
といういわくのある杉。
確かに道を避けるように一方向に根が偏ってる。
コイツはよほど何か嫌なものを感じたんだろうか??

俺のちょっと前にカップルがくっつきながら歩いてて。
アイツラのようなヤワな気持ちで高尾山来たんじゃねぇっ!
とメインルートではなく横道を突き進む4号ルートを選択。
…人ひとり分ちょっとぐらいの道幅、片方ガケ。
木々はうっそうと生い茂り、あちこちにくもの巣が。
雨の日にこのルートはダメだった…と後悔しつつも、
道端の看板見ながら「なるほど~」とうなずいたり。

ズボンのスソをドロドロにして、息切れと共に山頂到着。
今日は運動したぜ(゚∀゚;)
てことで、茶屋で田楽となぜかコーラを注文
田楽うまかったけど、コーラは失敗だったな。お腹苦しい。

で、今度もメインルートはしゃくだったので、
3号ルート経由で下山。
4号ルートが動物編だったのに対し、3号ルートは植物編。
大して変わりないように見える木を、
よくここまで判別できるもんだ、
ある意味生物学者もヲタだよな、なんて思いつつ、
ケーブルカー乗り場へ帰還。

ふもとで別の店入って、今度は冷やしトロロそばをw
いや冷やしそばは別腹だしw
1軒目大盛りじゃないしw
冷やしでもふわふわのトロロは変わりないんだな~。

店からメインの通りを、みやげ物を物色しつつ降りると、
「おしるこ」の看板が…キラーン(゚∀゚ )
ハイ、甘味も別腹ですよ~www

店でおわんをかかえてほっこりしてたら、
長年連れ添った感じの老夫婦が。
ご主人がにぎやかでひたすらしゃべりまくり、
奥さんは黙ってついてきてる。
お互いにお互いのことわかってて、
心が通じ合ってる、ってのが傍目にもわかる。
こういう関係が持てる女性だったら結婚もいいよな~
と思ってたら、ご主人のほうが座敷に座りながら
「どっこいしょどっこいしょどっこいしょどっこいしょどっこいしょ~~!」
…ゴメンナサイ、笑いこらえ切れませんでしたww
どこからどこまでの動作が「1どっこいしょ」なんだろう?w

家には5時に戻り、連休最後のゲームに没頭。
カリビブ沖の効率がよくて、さくさく経験値が稼げる。
あっというまに海事レベル32。ラ・レアル乗れるレベルに。
はい晒しの人おめでとう(爆)

ま、レアル乗れるレベルになった以上、
今後はただのブイではいないつもりだけどね。
海軍戦力として活躍させてもらいますぜ(゚∀゚ )

そういえば一度、同じアラビアンガレーの海賊に襲われたけど、
こっちのほうが帆が強くて逃げてきちゃったんだよね。
戦闘中も海賊らしい台詞回しのできる人で、楽しかった。
今度重ガレーでお礼参りでも…ってもっといい勝負になりそうだな。
いぢわるアイテムたくさん持っていこう(ぉぃ

【大航海時代Online】たまにはゲームネタ 

このところゲームネタやってなかったので。
先月は某所で変な晒され方したたが

このとおり、いまだにラ・レアル乗れねーよヽ(`Д´)ノ
効率のいい海事上げは金かかるから…。
で、重ガレー乗れる今でもアラビアン・ガレー。


今週水曜にあった大型アップデートで、
新アイテムやら新システムやらが実装されて。
賛否両論のようだけど、
まぁそんなもんでしょネットゲームなんて。

今回のアップデートで上げづらくなった交易レベル。
片手間の金策をやってるだけで、
必死に頑張ってる海事レベルと競り合うなんて、
あまり健全なバランスではないなぁと思ってたし。
まぁこういうバランス取りもそれはそれで、と思うし。
来月の交易品積み込み関連のシステム変更で、
かなりめんどくさそうな事態になるとはいえ、
それに付随した新アイテムのおかげで、
誰も見向きもしなかったような小型クエストが日の目を見る、
ということならそれもまた一つのバランスだろう。

てなわけで、早速小さなクエストの調査を開始してみたり。
またいろいろ調べることが出てきて、
当分はそれだけで楽しめそうだ。

続きを読む

一人ボウリング 

会社帰りにやってきた。

まずは投げるときにドカンとならないように、
と力の入れ方や投げ方を変えつつ次々投げる。
初めは思い切りすっぽ抜けたりしたものの、
だんだんと安定して静かに投げられるようになり。

するとボールのほうも素直に進むようになったので、
今度はベストコースを狙って投げる。
全く曲げずに転がすのだが、
先頭のピンからちょい右辺りに入ればほぼストライク。
左にズレると右側が、右にずれると左側が盛大に残る。

立ち位置だの歩数だのを気にしつつ調整しつつ、
あっというまに3ゲーム。
投球にパワーのなさを感じてきて、
とりあえずこれで打ち止め。

今度、どこか投げ放題のところで練習したいな…。
本格的にやれば体力を使うゲームで、やせるともいうし。
ちょっと頑張ってやってみようかな。

続きを読む

他人との楽しみ 

最近ネットゲーム以外の趣味も積極的にやってて。
別に一人じゃなくてもできるとか、
むしろ複数人いたほうがいいことばかりやってるんだよね。
でも、人は誘えない。

「予定を立てて何かをする」ってのが嫌なんですヨ。
仕事で予定だ何だと言われてるから、
休日ぐらい行き当たりばったりで遊びたいわけですヨ。

10時に起きて、洗濯しながら、
「あ、ボウリング行こう」とか思いつつ車に乗り込んで。
ボウリングで1時間待ちだと聞いて
「じゃ、宇都宮に餃子食べに行こうかな」
ってこんなの、他人誘えないじゃないw

予定立てたら、朝起きる時間決めなきゃいけない。
実はそこが一番のネックだったり…特にドライブだとね。

といいつつも、そろそろ誰か誘ってどこか行くのも…
と思ってたり。

リハビリテーションの山歩きに付き合ってくれる方募集(爆

続きを読む

本日のドライブ 

今日はボウリングがしたい!一人でもいいから!
ということでボウリング場へ向かったものの、
空いてる時間を逃したのか、1時間待ちということであきらめ…。

それなら今日は餃子を食いに行こう!!
ということで宇都宮に行ってきた。

行きはとにかく順調、どこも混んでない。
東北道なんて3車線もあるのにガラガラ。
ついつい出しすぎそうになるスピードをセーブしつつ、快調に飛ばす。

と、なんか妙に遅いスピード(と言っても結構速い)で走ってる、
銀色に輝くGT-Rをはさんだ一団を発見。
こちらは追い越し車線にいるので、とりあえずこの一団は抜いておくか、
とスピードを上げ始めたら、
後ろから凄い勢いで追ってくる黒いのが。
一団を抜いた後左車線に避けると、スピードを上げ始める黒いの。
途中までついていこうとしたが、明らかに速すぎるので、
あえてスピードを落としぎみに。
すると後ろからくだんの銀色GT-R。バトル発生か?
と思ってついていこうとしたら、なんか赤いキラキラ載せてるし…
黒いのに指示してスピード落とさせてついてこさせようとしてるし…
覆面パトカー、初めて見た。

俺も結構スピード出してたし、つかまるかな、
と思って80キロまでスピード落としていたのだが、
一番左車線に寄ったパトカーから手がにゅっと出て、
まっすぐ前後に振られる。
えと…このまま行ってOKなのかな?
と少しずつスピードを上げて進む。
止まれ&ついてこいなら手はヨコににゅっと出るよな、
と思いつつ進んでたんだが、パトカーから腕が出てくることはなかった。

後からお達しきたりして…((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

その後はもうきっちり制限速度でしたよえぇ。怖くてスピード出せない。

宇都宮に着き、まずは本屋でガイド本を物色。
どこか有名店を、と探していると、
「宇都宮餃子王国」というテーマパークっぽいものが
7月30日にできたらしい。
どうせ初回、有名どころも出店しているというし、
いちいち店を探して歩き回るのもめんどうだし、とそこに向かうことに。

正直、最初来るのなら正解だと思う。
道端をイメージしたスペースに、屋台のような販売スペースが並ぶ。
1人前+ジュースつきを頼むのもスムーズで頼みやすい。
あとはその辺に座って餃子が出来上がるのを待ち、
できたものを受け取って食うだけ。気軽にはしごできる。
宇都宮餃子の歴史を紹介したスペースもあり、大変興味深い。

町おこしの目玉にするだけあって、餃子の味は確か。
今度は各店舗の本店を巡ってみたい。
正統派焼餃子では老舗の「みんみん」が一番餃子らしい味。
水餃子は「青源」の味噌仕立てのを食べたが、
しょうがと酢のきいたスープがこれまたおいしかった。

すっかり夕方になってしまったこともあり、
大谷石で有名な大谷地域をぐるっと車で回った後、
宇都宮の北にある立ち寄り温泉施設「ほたるの里 梵天の湯」へ。
わかりにくいところにあり、かなり迷いつつも到着。

温泉の温度が高く、「みたまの湯」に比べて少し狭いが、
出たり入ったりでけっこうのんびりできる。
やはり温泉はいいねぇ…ほっこりするヽ(´▽`)ノ

で…そろそろ帰ろう、という時になって、
携帯がなくなっているのに気がつく。
施設の人にも協力してもらって探すが、見つからない。
餃子の画像はともかく、中にあるデータが…。

何度かかけてみたものの、反応がない。
そのうち電池が切れたらしく、つながらなくなった。

とりあえず利用停止措置を講じてもらい、
前に使ってた携帯を復活させる措置を取ったものの…うーむ。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。