スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神優勝ヽ(´▽`)ノ 

家に戻ったら、ちょうど阪神戦が九回表2アウト。
見事に優勝の瞬間だけ立ち会ったわけで。

今年はなんだか「本当に強いチーム」という感じで。
途中追い上げられたものの、生え抜きも移籍組も、
若手もベテランもみんな戦力になってる状態。
これまでの阪神らしくないなぁ(爆)なんて思ってた。
優勝胴上げでも、なんだかみんな元気だし。
まだまだやってやるぞ、と勢いに乗ってる。

しかし、一昨年と比べてどことなく落ち着いてて、
いつもより盛り上がりに欠ける優勝だな、と思ってたんだが。
あの甲子園で、しかも巨人戦に勝っての優勝となると、
これはもう盛り上がらないわけにはいかない。
大阪は大騒ぎになるわけですよ…。

優勝に沸くメンバーの中、藤川が泣いてたけど、
今年身を粉にして活躍した彼にとっては、感無量だろうな。

久々にさわやかなものを観た。

スポンサーサイト

関帝様ありがとうヽ(´▽`)ノ 

先週から続いてる、プロジェクトの大問題。
どうやらお客様のほうで動きがあったらしく。
まだまだ先はわからないとはいえ、
こちらが案を提出するまで、ちょっと猶予が延びた。
場合によっては、こちらの案は出す必要がないかもしれない。

助かったよ~ヽ(T▽T)ノ
もういろんな人に話をして、ムチャな要求を押し付けて、
それでも昨日の報告期限に間に合わずで。
またいろいろ言われるかな、と思ってたんだけど。
何とかなりそうな見通しがついてきた。

たぶん関帝様にお祈りしたからだな(-∧- )アリガタヤ

茶器で飲む中国茶がとてもおいしい。そんな夜だった。

続きを読む

肉まん食べたい… 

てことで中華街までドライブ。
道も空いてたこともあって、1時間ちょっとで到着。
これは近くていいなぁ。

一人でふらっと入れる店ないかなぁと探していたのだが、
弓削麺を食べさせる店、というのを見つけて入る。

食感はうどんですなコレ。
でも香り高い薬味の浮いたスープに、
やわらかく煮込まれた肉が合って、おいしい。
スープまで全部飲んでしまった。

で、肉まんは前からよく使ってる店で購入。
関帝廟に向かう間に食い終えて、
プロジェクトがこれ以上かき回されないように、と祈る。

中国茶飲みたい、と中国茶の喫茶店へ。
前行ったとこと別の店にしたんだけど…
前の店のほうが品揃えもよかったし値段も安かったなぁorz

で、いくつか店を見て歩き、
欲しかった中国茶器セットをついに購入。
途中の店でタピオカミルクティとマーラーカオ(中国カステラ)を買い、
ふかしなおしてもらったあつあつのマーラーカオをほおばりつつ、
いつもの中華街の駐車場にとめた車に向かい、帰宅。

夜は万博で買ったインドカレーを…辛いよコレ;;
うまいんだけどさ。
…ちと胃にきた(爆

続きを読む

たまには親孝行 

てことで親の個展に行ってきた。
まぁ、あまり客は来なかったわけだが…(爆

その後いつものPC相談を受けつつ、
その分をメシで返してもらいつつ。フカヒレうまかったw

加須うどん 

ドライブということで、加須うどんを食いに行ってきた。
といっても午前中はゲームやってたから、午後からだけど。
ご多分に漏れず渋滞にはまりつつも、
一般道をすり抜けて外環経由で東北道へ。

加須のうどんはコシのつよいしっかりとした麺。
ごまだれが特徴らしかったのだが、
普通に天ざるなんか食ってしまった…でもそれはそれでうまい。

うどんの後、某所でウワサの「十万石まんじゅう」を買いに行田へ。
普通のお菓子屋さんだった…。

家に戻って早速お茶で「十万石まんじゅう」を食ってみたが、
なかなかおいしい。あっというまに5コ食べてしまった。


東京への長い道のり 

豊田市役所の駐車場は10時閉鎖だったのだが、
事情を知って気を利かせてくれた係員の人が開けてくれていた。
お礼を言いつつ、車を出した。

東名高速に乗ると、夜中のことでガラガラ…
と思いきやなぜか道路をびっちり埋め尽くす車。
夜の11時になんでこんなに車が…
と思いきや、どうやら遅めのトラックがつまってただけらしい。
浜松を越えたところで、栓が抜けるように通りがよくなった。

といってもこの時点でかなり疲れてきたので、
ちょうどあった浜名湖サービスエリアで休憩。
浜名湖のほとりにあり、真っ暗ながら浜名湖を一望。
とりあえずキターと言ってきた。

夜中の東名高速は空いていて、自分の周りに車がないことも何度も。
しかしやはり朝から動いた疲れがひびいてるのか、
長時間連続で運転する気にならない。
疲れたな、と思ったら目に付いたパーキングエリアに入り、
席を倒して目を閉じる。
富士川サービスエリアでは熱いそばを食ってみたりしたが、
足柄サービスエリアでさすがに疲れが限界に来て、1時間ほど仮眠。
家に着いたのは午前4時半。大変だった…。

ちょっと名古屋はドライブには遠すぎた感もあるが…
これだけたっぷり車に乗れて、それはそれで面白かった。

ちなみに、昨日の万博入場者は過去最高を記録したらしい。
しかも俺が入った直後、初めての入場規制がかかったという。
ほんと、タッチの差で入れたことになる。
そりゃ、殺人的な混雑になるわけだ。

それでも結構楽しめたし。
万博以外にも、国際規模の博覧会はたまにやるから、
今度は積極的に遊びに行ってもいいかもしれないな…。

30万人万博 

名古屋のホテルを出て万博会場に向かうが、
ありとあらゆるパーク&ライド駐車場が満車。
とりあえず目標にしていた東名三好の駐車場に向かうと、
「豊田市から来てください」
とのこと…名古屋に車放置の方がよかったか?

豊田市役所の駐車場に車を置き、
愛知環状鉄道の新豊田の駅から万博八草駅へ。
…意外と遠いな。しかも謎な駅名多いし。

万博八草からはウワサの実用リニアモーターカー、リニモに…
と思ったら乗るだけで50分待ち。
歩いて会場に向かうことにした。炎天下を1.9km。
これだけでもかなりぐったりだというのに、
入り口から長蛇の列、遅々として進まない。
ゲートを抜けた時には、12時半を過ぎていた。

とりあえず、マニアなエリアでゴハンを食べよう、
とアフリカエリアを目指してIMTSへ。
これも40分待ちですか…とにかく乗ろう。
完全自動制御のバス、というものなのだが、遅い…
トヨタマークのついたハンドルが、
座席に置かれたモリゾーの前で、
ホラー映画のように勝手に動くのが面白かった。

肝心なアフリカ館だが、
展示というよりお土産屋コーナーみたいな…(爆
ちょっと残念。
でも、また行列を待って食べたクスクスはおいしかった。
うちで作ってたのはちょっと水っぽかったかも。
やはりインド風カレーと合わせるのがいいらしい。

外の地べたに座って食ってたら、
目の前のステージでベリーダンスが始まった。
腰の動きがすごい(爆)よくあんなクネクネ動くな…。
ちなみにこの白い人、笑顔が同期にとてもよく似てたw

次に向かったのがトルコ館。
こっちは芸術系の展示で、
薄暗い中に展示された作品が美しかった。
お隣にあったチュニジア館では、
「生絞りレモンジュース」なんつーのが売ってた。
柑橘類の苦味のきいた、さわやかなジュース。

とりあえず目的は果たした、
ということで後回しにしてた企業館へ。
メインの通路は人でいっぱい、
そこを通るはずだったトラムも自転車タクシーも運休。
しかたがないので、西日のきつい中をまたてくてく。

あまりに暑いので、途中でトルコアイスを買ってくる。
ここの店の人、なぜか「必勝」ハチマキをしめてる。
そんなに今日は大変なのか…おつかれさまです。

このメインルート途上は屋根の上から霧吹きをしてるんだが、
なんだか涼しいような涼しくないような…
霧もあまりいいにおいしないし(爆

へとへとになりながら企業エリアに着いたのだが、
目標だった三井・東芝館は210分待ち。
予約取っておけばよかった…。
で、比較的早く入れるJR東海のパビリオンへ。
めがねをかけて観る3Dシアターは、迫力のある映像だった。

外はすっかり暗くなり、めぼしいイベントもほぼ終わり。
最後にちょろっと寄って行こうと、インド館・ネパール館へ。
実はインド館が一番充実してたかも(爆
文化を紹介した美しい展示、ビデオはインド映画らしい雰囲気。
土産物屋にはおいしそうなカレーソースがいくつも売ってて、
思わずいろいろ手を出してしまった。
土産物屋のおしゃべりな店主、
大航海時代Onlineのデブキャラっぽい雰囲気で、
それがまたいいなぁとか思ったり。

で、最後にキッコロゴンドラで上からの様子を見よう、
と南のEXPOドーム方面へ。
案内板を見ると…「ポルトガル館」…。

これは行かなきゃ!!!

ポルトガルの紹介ビデオのあと、
環境問題を特産品のコルクで解決しようという話で。
テーマにのっとってきっちり作りこんでくるところが、
ポルトガル人の気風なのかな、と…。
「何もしなくていい、自由な時間を過ごす。」
それがポルトガル旅行の目玉らしい。
うぅ…ポルトガル行きたい…。
最後のカフェで飲んだ洋ナシジュースもうまかった。

しかしポルトガル館、すごくいい展示してるのに、
南端のEXPOドームエリアの端っこに、
ものすごく地味~に建ってるというのも…。
イスパが西ゲートからも程近い、目立つ場所もらえてるのに…;;

頑張れ!ポルトガル!!!

8時過ぎたし、そろそろ帰ろう、と歩いて北ゲートに向かい、
リニモ乗り場へ…出口からしてものすごい人の数。
リニモに乗るまでの長蛇の列がまた…でも一度は乗らなきゃ。

通路の途中で行き先別に万博八草と藤が丘に分かれるところがあり、
そこに万博の係員が2人立って案内をしていた。
で、藤が丘行きの係員が声を出してる。
「こちらは藤が丘行きですよ~
 向かって左側の通路が」
『万博八草方面で~~す』(←ハモってる)
…何故にそこだけハモるんだ、万博八草担当ww
そしてホームに上がる階段では、
「本日の来場者数、30万人を突破しました(実際は28万?)」
というアナウンスが。そりゃ今日の混雑、ひどいわけだ。
めちゃくちゃに込み合った車両からは、
瀬戸会場のバスに乗り込むべく、広場に集まる人の群れが見えた。
ライトにところどころ照らされた、ひしめき合う群集は圧巻だった。

伊勢まいり 

そういえば万博も9月で終わりだな…せっかくの3連休だし…
ということで、行ってきました。名古屋。
朝に名古屋のビジネスホテルに片っ端から電話して、
シングルルームをなんとか確保。
移動はクルマ。ドライブも兼ねてってことで。

カーナビの誘導によると…中央道経由!?
確かに東名に出るより高速長いから少し早いのかもしれないが…
まぁ面白そうだから、と言ってみることに。

しかし…出た瞬間からいきなりの大渋滞。
普段なら30分で通過できるようなところに2時間かかり、
あちこち休憩もしたので、到着予想時刻も午後3時すぎに。
名古屋に一泊の予定にしたから、翌日朝からゆっくり見て回ることにして、
このまま「赤福」の聖地、伊勢を巡礼することに。
とはいえ名古屋~伊勢が意外と遠い。片道で100km以上ある。
到着時間も午後5時前。まぁ何とかなるだろう。

で、適当な駐車場から適当に歩いていったら、
いきなり見つけました。赤福本店。
なんかテーマパークみたいな商店街の真ん中にあるから、
最初そうだとは全然わからなかったんだけどさ。

で、とりあえず神社を見て回ろう!と歩くが…ドコだ…orz
古い造りの銀行と郵便局が並んでるところを見つけたりはしたんだけど、
結局見当違いの方向に歩いていってしまったらしく、
日も落ちてきた頃になってようやく内宮を見つけた。

境内を進むと、夕日が雲と山の稜線の間から差し込み、
後光が差したような状態に。周囲の人も驚いて、写真に撮っている。
俺も1枚パチリ。こういう場所で神々しいものを見られると、うれしい。

内宮は撮影できなかったし、お参りできる部分しか入れなかったが、
奥の建物の屋根についた金色の美しい飾りが、門の間からかいま見えた。

建物の横には、新しいお宮を建てるための敷地が用意してあった。
なんでも20年に1度立て替えるらしい。
でもって8年後に62回目の立て替えをするという…
って、一体いつからやってるんだ!?
説明書きを見ると、天武天皇が提唱して、
持統天皇の時代(690年)に第1回が行われて、
それがずっと続いているとか。
改めて歴史の重み、というのを感じる。

で…赤福本店に戻ってきてみると、
中の喫茶は営業終了、土産のみだという。
土産ならいつでも買えるのに…まぁしかたない。
赤福はまたここにくればいつでも食えるが、
あの景色は迷ったことも含めて、
あの移動の仕方をしなければ見られなかったんだろうし。
もう一度来よう。

で、代わりに「伊勢うどん」なるものを食べてみる。
うどんというよりほうとうに近い感じで、
食べ方はさぬきうどん風で、しょうゆベースのたれをかけて食べる。
卵入りを頼んだが、あたたかいうどんの下に入れられた卵が、
うまく絡み合ってとてもうまい。

名古屋の宿に着いたのは午後9時半。
名古屋名物でも食べるかと外に出るが、10時になってしまい、
どこの店もやってない。
「名古屋はええよ!やっとかめ」でおなじみのサカエチカも入り口は見つけたが、
入ってみるとことごとく店のシャッターが閉まり、
「ご利用ありがとうございました」とアナウンスが流れている。
ここもリベンジだな。

宿のある栄・錦地区は、百貨店に加え、飲み屋にキャバクラがひしめく、
新宿で言えば歌舞伎町に近い繁華街。
しかし、同じ通りの地下鉄1駅の間にスタバが3軒もあったり、
同じ圏内にファミリーマートが3軒もあったりと、
もう少し分散させればいいのに…という謎の店舗配置。

で、ひつまぶしの食える居酒屋と味噌カツを食えるチェーン店を見つけたが、
チェーン店の方に決定…酒飲めないしさ。
正直あまり期待してなかったんだが、
東京で食う味噌カツとは明らかに味噌の味が違う。
やはり本物は現地で食わなきゃ。

明日の予習をしながらテレビを見てたんだが、
どうやら「世界コスプレサミット」なんつーものを、
こともあろうか愛知万博でやったらしい…。
世界中から予選をした上で集めたコスプレイヤーらしく、質はすごく高い。
というか海外コスプレイヤーかっこよすぎ・かわいすぎ・似合いすぎ。

いやそういうことじゃなくてですよ。
世界万国博覧会はコミケじゃないと俺は思うorz
ヲタは日本の文化…いや確かにそうなんだけど…
世界に誇るようなモノなんだろうか…
うれしいんだけどね。
海外の人にヲタ文化が評価してもらえるというのは。

ヲタ文化に多少なりとも手を染めてた者としては、
正直微妙…なわけデスヨ…。

続きを読む

ぬいぐるみ 

最近、某掲示板のとある板が面白い。
スレッドによってはくだらない煽りで喜んでるやつもいるが、
結構穏やかに進んでる話が多く、面白い。

その中の、ぬいぐるみに関する話題のスレッドを見てて、
家のベッドにおいてあるぬいぐるみが急に恋しくなってきたり。

ぬいぐるみって、なかなかかわいいもんですよ!?
傍らにおいて、頭や鼻先をちょんちょんとなでてみたり。
大き目の奴は抱いて寝るとなんか落ち着く。
一旦情が移るともう捨てられない。

男でもかわいがってる人は結構いるようで。
飾ったり、遊んだり、一緒に寝てたり。
やっぱりどんなにボロボロになっても、
「捨てる」という行為は、誰もが辛い様子。

今の家にはおきにいりの6匹ぐらいがベッドの上に転がってて、
一方で実家に大量のぬいぐるみが置きっぱなし。
実家のはだいぶ汚くなってしまったし、側に置けないなら、
お寺に持っていって人形供養を…と思ってるんだけど。
なかなか時間が取れない…。

20年以上前に買って、
ずっと一緒に過ごしてきた小ぶりのパンダさん。
もともとあまりデザインがよくないせいかずっと売れなかったのか、
店先においてあった頃からかなりぼろけていたようだが、
当時の俺がどうしても、とねだって買ってもらったもので。
今では首の辺りに大穴が開き、
自分でやった修理も不完全でほつれもひどい。
でも何か、こいつには愛着があって、ずっと側に置いてある。
タオル地と綿を買ってきて、しっかり修繕してやらないとなぁ…。
縫製スキルぜんぜん無いけどね。

続きを読む

【映画】ヒトラー~最後の12日間~/投票してきました 

第二次世界大戦末、降伏直前のドイツとヒトラーを、
ヒトラーの秘書となった女性トラウドゥル・ユンゲの告白を中心に描く。
独裁者ヒトラーの意外な一面やドイツの将軍達の思惑など、
緊迫した状況下の人間、というものがしっかり描かれた映画。

独裁やユダヤ人虐殺で悪名高いナチスの最後を内側から描いているわけで、
どれだけ悲惨であってもある意味「ざまぁみろ」であるはずなのだが、
その映像からは、どれだけ戦争というものがむなしくやるせないか、
がひしひしと伝わってくる。

確かにひどいことをした集団ではあるし、
追い詰められるのも自業自得ではある。
しかし、こうして建物を、人を破壊して、結局何になるんだろうか。
ユダヤ人の気持ちの問題?
それなら殺されたドイツ人の心の問題はどうなるんだ。
お互いに殺しあっていがみ合って、がれきと怨恨の山を築いて、
一体何になるというんだ。

ナチスを狂信的に信奉し、部隊を作っていた人々も、
ただそれだけのために大砲の側にいたわけじゃない。
自分の街を、国を守る、という気持ちが強かったからだろう。
しかしそうした、国民として当たり前の気持ちも、
「虐殺をした悪の組織を信じるものたち」と受け止められてしまう。
なんとむなしく、悲しいことだろうか。

戦争というのがどれだけ悲惨なものかを強く訴えかける作品として、
ぜひお勧めしたい。

【今回の最悪キャラ】
 ゲッベルス。詳細はネタバレ日記参照のこと。
 コイツだけは死に同情できなかった。

 * *

今回もまた、舞浜イクスピアリに見に行ったわけだが、
ついでに成城石井でクスクス用香辛料だの、
ウィルキンソンのジンジャエール(辛)なんかを買ってきたのだが、
帰り道、選挙に行ってなかったのを思い出し、
車を飛ばして投票所へ。滑り込みセーフで投票してきた。

 小選挙区:唯一ネ申(横書きで。ちゃんと「ネ」と「申」も分離。)
 比例区 :静観
 裁判官 :全部×

…だってウチの選挙区、
民主・自民で席分け合うの目に見えてるんだもん。
とりあえず「つまらん!」という意思を投票に反映しよう、と。
裁判官は…何も情報ないからって何もつけなかったら、
大部分の人は白紙で出すんだろうから、
情報知ってて、ちゃんと×つけた人の意思が反映されないでしょ?
とりあえず全部×つけときゃ、
少しでも反映されるじゃないですか(爆

家に戻ってから、買ってきた材料でクスクス。
やっぱり豆入りのトマト・サルサベースのがうまいわw
2人分ぐらいできたハズだったのを、ぺろっと食ってしまった。

続きを読む

日帰り温泉 

学会員4人で、甲府の日帰り温泉へ。

午前中に高速に乗り、渋滞もなく甲府に到着。
ちょうどいい時間だったので、
駅前のほうとう屋でかぼちゃほうとうを。
その後、景色のよさそうな昇仙峡へ。
川沿いの道をしゃべりながらてくてく歩く。

やはり台風で降った雨が影響したか、
かなりの水量が勢いよく流れている。
その割に水は澄んでいて、魚の群れでも見えそうな感じだった。

日も傾いてきたので、甲府の南・三珠町にある「みたまの湯」へ。
景色のいい露天風呂はちょっとぬるめで、のんびり入るにはちょうどいい温度。
小学・中学時代の昔話で盛り上がり、日が落ちるまで入ってた。
こうやって日常のわずらわしいことを何もかも忘れ、
心地よい温泉にずっと浸かってられたのはひさしぶり。

帰りも空いている高速道路を快調に飛ばす。
うちの側のインターから渋滞だというので逃げるように高速を降り、
そのまま駅まで出て食事。
ここで閉店ギリギリまで、旅行や仲間の話で楽しく過ごせた。

近くに住んでる一人を送って帰宅して、
さてネットゲームでも…と思ったが、さすがに疲れが出たようだ。

またこうして、あちこちドライブ行きたいな…。

たらこ 

某掲示板のスレッドで、
やたら頭の中に残る「たらこの歌」というのがある、
という話を読み、調べてみた。

キューピーマヨネーズ CM紹介の、
「キューピーパスタソース たらこ」を参照。
行進曲風のBGMが、確かに耳について離れなくなる…。

ということで着信メロディーもダウンロードしてみた。
(Googleで「たらこの歌」で検索するとトップで出てきます。)

これ朝にいいなぁ…ということで目覚まし&メール着信用の音として使用。

た~らこ~た~らこ~…

続きを読む

戦隊モノのネーミング 

今やってる特撮の戦隊レンジャー、
「魔法戦隊マジレンジャー」
というらしい。

ただでさえ、特撮戦隊モノで魔法出てきちゃイメージ違うだろ、
と思うのに、青色の人の名前は「マジブルー」。

なんだかな~と思ってたんだが。

今日ヤングマガジン読んでて発見してしまったですよ。
「マジピンク」と「マジブルー」が女性キャラだってことに。

いやもうマジブルーはこの際いいですよ。
究極の鬱キャラ?とかいうイメージだけだから。
でも、いくらなんでもピンクはやばいっしょ…しかも女性キャラ。
マジピンクってどれだけピンクなんだろ…って…。

ネーミングは、ちゃんと考えて欲しいモンだな、と…。

ドライブ/OCN止められた? 

洗濯物を全部干し終わって。
車の調子を見てもらうついでに、房総・白浜の日帰り湯に行ってくるか~
と思い、アタック25に後ろ髪を引かれるように車に。
いつものスーパーオートバックス東雲。大きくて品揃え豊富、ってことで…。

無料の点検をしてもらうと、後ろのワイパーブレードの消耗に加えて、
ナンバープレート用の電球が切れ、バッテリーもヘタってきているという。
この際なので全部変えてもらうことに。

これに3時間かかって、結局白浜には行けず。
せめて今まで混雑で行ったことのなかった海ほたるに行くことにして、
湾岸線を羽田方面に。

不安定だったカーナビが安定してるし、反応も早い。
トンネルでライトをつけてみたが、こころもち明るくなった気がする。
規定値ギリギリのパワーしか出てなかったらしいから、
それでライトもナビも安定してなかったのかもしれない。

で、快調に飛ばして海ほたるへ。
なかなかいい景色じゃないですか…
というか、打ち寄せる波も結構きつい、
海のど真ん中に島を作って橋を架け、
そこまでトンネルを掘り…というところがすごい。

帰りは木更津まわりで湾岸線・レインボーブリッジを通って帰宅。
幡ヶ谷を越えてしばらくしたところで大雨が降り出して。
なんかすごい雨だなと思っていたら、シャレにならない雨量に。
ワイパーを最大限に振っているのだが、それでも視界が確保できない。
スピードも50キロまで落として、それでも前の車がぼんやりとしかみえない。
道路は水浸しで、常に水を跳ね上げてるような状態。
しばらく経って、雨は少し落ち着いてきたものの、
それでも怖くて100キロ出せなかったし、
路面は冠水寸前の場所もあり、またハンドルを取られそうになった。

必死に運転し、なんとか家にたどり着いたものの、
出がけに干していった洗濯物は全滅…。

でもま、今日もいいドライブが楽しめたし。
来週もどこか出かけようヽ(´▽`)ノ

…とか言ってたらADSLが認証エラーでつながらないんですがorz
クレジットカード払いに切り替える直前の月のやつ、
払ったつもりでいたんだけど、どうやらちゃんと払ってなかったっぽい;;
払ってない請求書のモトがでてきた…。

どうせ今じゃないと払わないだろうから、と嵐の中を突撃。

で…今はタダでつながるダイヤルアップ接続で復活w

クスクス調理! 

フライパンにバターをあたためて、その上に塩いりのクスクス入れて、
さらに水を入れてあたため、沸騰してきたら火を止めて放置。
なんかガンガン水吸ってパサパサっぽくなっていくから、
さらに水追加…とりあえずマシになったので放置。

ソースは冷凍してあった豚肉炒めて、
トマトソースのカンヅメ投入。とりあえずこれでいいや。

で。
うまいですクスクス。
パスタ地でできたごはんみたいな感じかな。
これでピラフとか作ったらすごくおいしいかも。
加えるのは塩じゃなくて、クレイジーソルトのほうがよさそう。
ゲームでもハーブソルトいれることになってるし。
トマトベースでも、サルサ系の辛いソースがよく合いそう。

ちょっと値段が高い(500g550円、スパゲティの2~3倍)けど、
手軽にできるしなかなかうまいので、オススメ。

クスクス購入 

ドライブをかねて浦安の美容院に出かける直前、
なんとなくつけてたテレビでやってた
「キューピーの3分クッキング」。

今日の料理は「クスクスのサラダ」…ん?クスクス?(゚∀゚ )
大航海時代Onlineプレイヤーの血が騒ぐ(爆
(※)『大航海時代Online』には「クスクス」という料理が、
 性能のいいアイテムとして実装されていて、
 多くのプレイヤーに利用されている。

ということでイクスピアリで買ってきました。クスクス。
北アフリカっぽい女性が、
小麦でいっぱいの木製ボウルを持ったパッケージ。
背景は砂漠に1本のヤシと建物。
パスタによくある「デュラム小麦のセモリナ」
というやつで作られているらしい。

作り方は…
「水を沸騰させて塩と油を入れ、
 水と同量のクスクスを入れてかき回し、7分放置。
 鶏肉・ヒツジ肉・豆などの煮込みをかけて食え。」
…漢(おとこ)の料理、という感じですな。
レトルトの味のあるカレーでもよさそうだけど、
できればレンズ豆とか変なの使って、謎のシチュー作ってやりたいな。
あぁ~ヘンなの買ってくればよかった…。
検索したら千歳烏山にあるみたいだから、
明日の昼にドライブがてら買いに行こうかな。

ついでにお菓子材料の麦こがしに、ニョッキを買ってきた。
茹でて適当なソースかけて食え…ってこれもまた漢の料理ですな。
明日の朝はこれでいきますか。

で、美容院に行く前に学会員から電話。
新宿で遊ぼうというので、せっかくなので行くことにした。
本当は車の整備もしてもらおうかと思ってたんだけど…
明日近くのオートバックスでもいいよね。

てことで新宿の店でメシを食った後、カラオケへ。
HyperJoyだったのでボイスチェンジャーネタを…。
だめだ最近やってないからうまくいかない。
女の子っていうより小学5年生と言ったほうがよさそう。
柴崎コウの「Glitter」が落ち着きすぎでダメなのかと思ったけど、
YUKIの「長い夢」も小学生の声になったし。
前は「サイアク~☆」ってのが似合う、
かなりいまどきな女の子の声だったのになぁ。ちと残念。

実家からも帰ってこいと言われてるんだけど、
いまのところのんびり家に戻る感じでもないんだよな…。
しかも昼いないよとか言われるし…。
再来週ぐらいで実家に戻ること、考えておきますかね~。

畑違い 

知り合いのプログラマ系SEのページを見てたら、
使用言語の全く違う人が新しくチームに入ってきて、苦労しているらしい。
その人の人柄も問題アリらしいのだが…。

いや、バッチ処理と言ってもCOBOLは汎用機系(と俺は思ってる)。
一方Javaはオープン系サーバでやるような言語であって、
基本設計の部分から全然違いそうだが…。
COBOL使いがJavaアプリのコーディングに入っても、と思うんだけど。
.net使いやC使いならまだしも…。

言ってみればUNIX使いの俺が、ある日上司に呼ばれて、
「WINDOWSのブレードサーバの構築案件でさ、導入とテスト、
 ちょっと明日からすぐ手伝ってくれないかなぁ?」
とか言われてるようなモノ。
「現場で既に入ってる人もいるから、わからないところは聞けばいいし。」
「工数積めるの君しかいないからさぁ。」
とかなんとか言われてさ。

とりあえず最初の半月は何の仕事もできないだろーし。
今後はよくありそうな展開かもしれないけどさ。
「他の部署でも協力会社さんでもいいから、
 誰か代わりに入れられませんか?私はやれる自信ないです!」
って頑強に反対するよ。だってムリだし。

さて来週から、いよいよプロジェクト開始…大丈夫かな。

歴史書/CM 

最近、横山光輝の『史記』にはまっている。
ところどころ漢文か何かで聞いたような話も出てくるのだが、
なかなかこれが面白い。
ちょっと前まで王欣太の『蒼天航路』(曹操中心視点の三国志マンガ)も読んでたから、
そこでの曹操像とからめて考えるとなおのこと。

中国・三国時代の魏を立てた曹操は、
人により書物によりいろいろ描かれているが、
当時としてはかなり斬新なことをしている、とされている。

でも、横山光輝の解釈を通じてとはいえ、
『史記』に出てくる各地の王や宰相のほうがやってることは型破り。
泥棒を学者や軍師と同列に扱ってみたり、
その場に応じていろんな国についてみたり、
同盟のために一族皆殺しにしたり王族の首を差し出したり。
前漢・後漢の時代で中国人全体がすっかり腰抜けになってたんじゃないか、
というぐらいの暴れっぷり。
そりゃ、孫子の兵法書の注釈書くぐらい研究してた曹操が、
漢末期のグダグダを見て、おかしいと思わないわけないだろうな…。

こういうのを読んでると、なんか自分でもいろいろ書きたくなってくる。
大航海時代Onlineで繰り広げられてる人々の動きとかも、
中国の歴史書っぽく書くと面白そうなんですよ。
ポルトガル誌~~伝、みたいな感じで、人ごとに編集して、さ。

 * *

夜になんとなくテレビつけてて、CMもよく見るようになったんだが、
缶コーヒーの宣伝でちょっとだけ出てくる、水前寺清子版「ラジオ体操の歌」。
…全部聞きたい…朝用の目覚まし音とかにしてみたい…。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。