スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お客様体質 

俺のいるZサーバーのポルトガルは、何か団結心がないというか、一言でいえばだらしがない。もちろん頑張ってる軍人さんや商人さんはいるんだが、そうでない人がかなりの割合を占め、それでいて頑張っている人を「勝手にやってろ」という目で見ている、という部分がある。
 確かにとにかくIRCを通じてまとまろうとするあまり、閉鎖的になってきた感は否めない。しかし議会を開きます、リハーサルやりますと言ってもなかなか集まりが悪い。その上とあるポル人からあまりに「お客様」な態度の意見を聞かされて、いまや敵国同然となりつつあるイスパニアとの意識の違いをまざまざと見せ付けられた感じだった。
 頑張っている人もいるとは言え、投資戦争の騒ぎや大海戦のゴタゴタがあったとしても、イスパニア側が港を取得した翌日にガイドを作ってきたことを考えると、質の差は否めない。あのガイドを見て悔しがってる人間も、どれくらいいるだろう?情報を出ししぶっているんじゃなくて、情報をまとめようとする人間がいないから、こんな状態なんだ。
 これ以上頑張っている「コア」な集団で回すにも限界がある。なんでこんなにみんな「お客様」然としてるんだ?成果は確かにでていないが、その過程のがんばりすら認めてもらえないのか?なんでそんなに冷たいんだ?

 と思いつつ、ふと気がついた。俺もまだ他人に頼ってるじゃないか。問題があると気付いたなら、解決するように頑張ればいいじゃないか。昔はそういうの、「めんどくさい」と思っていた。自分の手を動かすのが嫌で、あえて問題を「見つけてしまわないように」と動いてた。でも、それじゃ何も進まない。
 仕事もそうだった。自分で動かないと何にもならない状況に追い立てられ、頑張った。社内発表会の時なんかその最たるものだったじゃないか。その時の経験をゲームに反映したのが、安全ブイの仕事であり、大海戦でのブイの仕事だった。
 大海戦のまとめがないと思っているなら、自分で作ればいいじゃないか。きれいにまとまった街のガイドがないというなら、それも作ろうよ。軍人の効率的な、あるいは楽しい養成法も、楽しい交易の方法も、きれいにまとめた「運用ガイド」を作ればいいじゃないか。イスパニアやイングランドの連中をうならせるような、そういうものを誰かに作ってもらうんじゃなくて、自分で情報をあつめて、まとめて、作ればいいじゃないか。
 そうした自主的な行動で、多くの仲間ができたんじゃないか。わからないところや手が回らないところは、そうした仲間やIRCのメンバーに力を貸してもらえばいい。
 そうした姿を少しでも見てもらって、やる気が出る人が増えてくれば、それでいいじゃないか。自主的にやってくれる人が次々現れて、多くの人間で回せるようになれば、それでいいんだ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。