そして貴乃花 

え~と…。
 まず兄弟親族ひっくるめて、なんでここまで世間知らずなの?www

 親族の問題を「助けてママン」的にマスコミにぶちまける貴乃花。
 にこにこしつつ裏で暴言吐きまくってた勝兄貴。
 さらに貴乃花の態度に親族が激怒して、貴乃花をガキ扱い?オマエモナー。
 まぁ声の質からしてただのクソジジィだとわかるがなwwww

 とりあえずさ。みんなで「どうしようか」って話し合いしないの?
 それぞれの継承権は対等だろう。そこで同じ場所・立場で語ろうよ。
 そういう客観性がないから問題になってるんだろうが。

 とりあえず貴乃花黙れ。
 それから兄貴含め親族も、32歳の横綱経験者を子ども扱いやめろ。
 そこでじっくり語ればいいだろ。

 最近のジジィ、ガキくさいのが本当に多いな。
 よっぽど20代~30代のがしっかりしてるってーの。

続きを読む
スポンサーサイト

韓国問題 

シーン1:竹島問題

竹島所有の日本の主張っての、ワイドショーで見てたんだが、
やっぱりあれムリがあるだろ…。
1905年の日露戦争の時に宣言しましたよ、じゃ歴史的根拠がちと薄すぎる。
李承晩ラインてのも一方的で根拠がないし、
漁業水域での韓国の対応も問題だが、とりあえずムリがある。
あの島もう韓国でいいだろ、もう。

そのかわり、あの位置からは一歩も譲らないし、
武装漁船が来たら海上自衛隊でも使って追い返すぐらいきっぱりとやろうよ。

シーン2:靖国神社問題

靖国神社、やっぱり微妙だろ…。
確か人間死んだら神様です、てのが神道なんだけどさ。
巻き込まれたにせよ、戦争に関わった人をそういう扱いだと、
戦争相手から反発あるんじゃなかろーか。

なんか別のところにつくろうよ。
てか原爆ドームにしようよ、参拝。

ただし、戦争に関わった人も含めて死を悼むことについて、
外からやいのやいの言われる筋合いはない。
嫌ならまず元の部隊を派遣し日本人を殺したフビライ系の廟を全部破壊し、
百済と任那を滅ぼした高句麗・新羅関連の廟を破壊してから物を言え。

シーン3:韓国人の日本認識

 日本語の読める韓国の方に、日本語の読めない韓国の方と一緒に考えて欲しいことがあります。

 なぜ日本が自衛隊を海外に派遣できるようにしたか、わかりますか?
 アメリカに、お金だけでなく人も派遣しろと強制されたからです。
 日本人は侵略戦争どころか、自分の国を守る戦争すら嫌がってる人ばかりです。
 だからイラクに行った自衛隊も、給水活動ぐらいしかしなかったでしょう?
 原子爆弾2コ落とされて、何十万人もの人が死んで、あんな悲惨な状態を引き起こした戦争なんか二度とやるか、と思ってます。侵略戦争ってのがいかによろしくないかを、日本史でも世界史でも徹底的に教えられてるんです。
 最近、さすがに自分の身ぐらい守ろう、という動きはあります。でも、それを外に出して戦おうなんて一つも考えてないですよ。そんな金あったら自国の経済を立て直したい。
 日本国は、そんなちっぽけな国です。
 ぜひ日本に来て、日本人と話してみてください。渋谷にでも行けば、日本人がいかに自分のことしか考えてないか、戦争なんてまるで頭にないことが、わかってもらえると思います。

 日本人の嫌韓感情は、韓国人の嫌日感情に根ざしたものが多いです。私が韓国に今ひとつ興味が持てないのも、中国に古代史以外で興味が持てないのも、そうした嫌日感情を強く感じるからです。日本の旗を焼いたり看板に物を投げつけている映像を見せられて、こういう人たちがいる国に行こうとか、こういう人たちと仲良くしよう、なんて思いませんよね。
 逆に日本人が中国や韓国の旗を焼いている映像、見たことありますか?大日本帝国時代の古臭い映像か、中国や韓国で起きた反日行動に対抗したものぐらいですよね?自分達から「うるさい韓国・中国をつぶしてしまえ!」とか言ってデモ起きたの、見たことありますか?それに多くの日本人が呼応してるのを見ましたか?その周辺に「なんだあの過激派は…」と眉をひそめている、もっと多くの日本人がいるのを、見ませんでしたか?

 日本の歴史教育を問う前に、自身の日本教育もぜひ、考え直していただきたい。

なんとか…。 

ここにきて、ブイ部隊の位置やメッセージが、大きな問題を生んでしまった。
 集中に徹しすぎたために起きたラグ、戦線拡大による死兵の発生。
 そうした状況を嫌った人が、別の港から出航する始末。

 自分達は自分達なりに考えて、いろいろやってると思うんだよ。
 でもね、そうやってすぐに不信感を突きつけられてしまうと、なんかこうやる気がうせてくるというか。みんなで考えて実況検分もして、それでも結局要らないって言われるんじゃ…。
 でも、これでもやれることはやったと思うし、ブイを使って有効に戦ってくれた人もいる。自分達は頑張ったんだから、それでいいじゃない。というかそう考えないとやってられない。
 誰から何を言われようと、自分のやることをやる、今日の仕事より明日の仕事をよくする。そういう気持ちでやっていこう、ってずっと思ってたじゃないか。

 まだまだ、応援してくれる人がいる。20人近い仲間もついてきてくれた――自分の言葉にこんなにみんながついてきてくれるなんて、今まで初めての経験だし。もっともっと、いい結果を見せよう、そうして次に向かって頑張ることで、いっそうの信頼を得られるようにしていこう。