スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レポ】割とまじめな「マジカルミライ2017」感想:ライブ編 

幕張メッセで行われた「マジカルミライ2017」のライブ。
内容としては申し分のない出来だったが、1点大きな不満が残り、これによって今年のライブは最悪の思い出となり、今後のライブへの不参加、千秋楽に参加したミクファンとの交流断絶を考えざるを得なくなった。
そう、「涙を流すミクさん」の演出、あれを中継のない千秋楽で行ったことだ。
これも踏まえて、最悪の記憶となった今回のライブの感想を述べていきたい。
続きを読む
スポンサーサイト

【レビュー】ミライトアルマチ詩恩(keisei)【不定期】  

超ボーマス37(2017/4/29-30)のkeiseiさんの新譜。
マジカルミライ2017では「Syngurarity」がユーザー投稿曲として採用された。


ミクさんが最も得意とする可愛らしいテクノポップの集まったアルバム。全7曲、1曲インスト。
音色としてはキラキラしているがくどすぎないのは、安定した低音と聴き取りやすい調声によるものか。
「ミクさんの声の特長を生かした、ボカロっぽい曲が聴きたい」
と尋ねられた時に推したいアルバム。

検索用タグ:
初音ミク、テクノポップ

【レビュー】サイカイコンプレッサー2(YM)【不定期】  

超ボーマスで「新譜購入の特典」として入手したデモCD。

デモと言っても中身はしっかりと作られ、疾走感のあるGUMIのロックが3曲。
一方で随所に新たな要素を感じる、デモCDらしさも備える。
こちらも調声がよく歌詞が聞き取りやすいので、
ボカロを知らないロック好きに、高速道路を疾走する車の中で聴かせてみたい。

検索用タグ:
ロック、GUMI

【レビュー】ケイオスアソートメント(YM)【不定期】  

久々の不定期CD紹介。
超ボーマス37(2017/4/29,30)で入手。

疾走感のあるGUMIロックが揃ったアルバム。こういうの大好き。
GUMIの声が滑らかに聞こえるのはバージョンが違うからか。
歌詞も比較的聞き取りやすく声の音程もさほど高くはないので、ボカロ聴きはじめの人にもお勧め。
スピード感のあるロックが好きな方、勢いつけたい方はぜひ。

こちらのBOOTHでDL版が購入できます。
https://ym-yoshiya.booth.pm/items/415269

検索用タグ:
ロック、GUMI

【レビュー】Letter of OZ(コンピレーション)【不定期】 

超ボーマス37(2017/4/29,30)で入手。

ロック、ポップス、ワルツ、バラードとバラエティに富んだ曲を楽しめるコンピレーションアルバム。いずれの曲も調声もよく聴きやすい。
3曲目「春のまほう」は初音ミクSweetを使用した曲としては、甘く幼い声質を生かしたかわいらしい曲となっている。
ボカロ曲を聴きはじめた人が曲のバラエティの豊富さを楽しむ他、ある程度聴いてきた人にも初音ミクSweetのかわいらしさ、ボカロPごとの調声の違いを改めて感じられるアルバムとなっている。

検索用タグ:
ポップス、初音ミク、初音ミクSweet、GUMI

【レビュー】LIFETIME(KEI)【不定期】 

超ボーマス37(2017/4/29,30)で入手。ロック9曲、バラード1曲。

絵師じゃないKEIさんらしいポップなロックのアルバム。歌詞が大変聴き取りやすく曲調もポップなため、心地よく聴ける。ポップスロック好きのボカロファンはもちろん、J-POPS好きでボカロ曲をほとんど聴いてこなかった人に聴かせるにもお勧め。
使用ボカロは初音ミク、IAの他、珍しいfukaseが使用されている。特に5曲目「エキストライフ」はfukaseの声を使うならこれ!と思わせるロック。

検索用タグ:
ロック、ポップス、初音ミク、IA、fukase

【レビュー】redress V(FAULHEIT(ORYO,おはぎ))【不定期】 

超ボーマス37(2017/4/29,30)で入手。ロック7曲、インスト1曲。

ORYOさんらしい重低音の効いたハードロックを、声にパワーのあるインタネ組ボカロ、GUMIとがくぽがしっかりと歌い上げる。ノリのいい曲からしっかりと重みのある曲まであり、重低音ロック好きにはぜひお勧めしたい。歌声も聴き取りやすいので、ロック好きであまりボカロに触れてない人にもお勧め。
ニコニコ超パーティーで使用された「少女と黒猫はハロウィンの夜に」収録。

検索用タグ:
ハードロック、GUMI、神威がくぽ

【レビュー】ナミダノキオク(ハヤブサ)【不定期】 

超ボーマス37(2017/4/29,30)で入手。ロック8曲、バラード1曲、インスト3曲。使用ボーカロイドは初音ミク。

聴きやすくかわいらしいミクさんの声の特長をよく残した、疾走感のある爽やかな旋律のロックを中心としたアルバム。とても聞きやすいため、ボカロ曲を聴き慣れてないない人にもお勧めできる1枚。
これから夏に向けて、ドライブやサイクリング、ジョギングと相性がよさそう。

検索用タグ:
ロック、初音ミク

【レビュー】リーズンエッグ(タカハシヨウ(家の裏でマンボウが死んでるP))【不定期】 

超ボーマス37(2017/4/29,30)にて入手
家の裏でマンボウが死んでるPことタカハシヨウさんによる、同人としては結構久々?かもしれないアルバム。ロック系7曲とバラード系2曲。使用VOCALOIDは初音ミク、GUMI。

元々どこか一癖あるのがタカハシヨウさんの曲だが、このアルバムに関してはその方向性にさらに鋭くなっていて、バック、旋律、もしくはその両方がすんなりと流れてはくれない。ロックでありながら前衛的要素をよく含んだ作品、と感じた。
なのでアルバムとしては、ボカロ曲をある程度聴いてきた人向きかもしれない。同じロックでもひとひねりが欲しい方に。

検索用タグ:
ロック、バラード、初音ミク、GUMI

【レビュー】RRRepeat!!!(Gyari(ココアシガレットP))【不定期】 

超ボーマス37(2017/4/29,30)にて頒布されたアルバム。
Gyariさんのジャズセッション作品「abgm」「tettey-terettey」「WAAAA!」が1つにつながれてリアレンジされた、60分越えの1曲が入っている。

元になった3曲と比べてセクションごとの切れ目がはっきりとしておらず、流れとつながりが重視されたアレンジになっているように思う。そのため原曲に比べて軽い感覚があるが60分聴いてても疲れない。勉強や車の運転、各種作業のBGMとして最適。

検索用タグ:
VOCAJAZZ、ジャズ、鏡音リン、鏡音レン、初音ミク、巡音ルカ、結月ゆかり、猫村いろは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。